(54)【考案の名称】附箋ホルダ及び附箋ホルダセット

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、未使用状態にある複数葉の積層させた附箋を内側面に貼着させ得る、縦長手帳サイズの附箋ホルダと、この附箋ホルダの内側面に積層させた附箋を並べて貼着・支持させた附束ホルダセットに関する。
【従来技術】
【0002】
附箋は、裏面に粘着力の程度が比較的弱い粘着剤が固定された紙片で、ポストイット(登録商標)とも呼ばれている。附箋は、複数葉が裏面の粘着剤層による粘着力を利用して積層された状態で、これが複数個、並列した向きでフィルム袋や小さなケース内に入れられて店頭販売されている。
これらのフィルム袋やケースは、所定枚葉の附箋が入っているときには、附箋が整列した向きとなっているが、使用により附箋の枚葉が減るに従って、また、積層した状態の附箋の個数が減るに従って、フィルム袋やケース内に空間が生じことが原因で附箋の姿勢が煩雑になり、次回以降の使用時に附箋の取り出しが面倒になるという問題があった。
また、メモ書きした使用済み附箋片を方々の箇所に貼り付けて置くと、何処に附箋片を貼り付けたのか見失うことがあった。
従来、これら具合に対処させる、附箋を台紙に貼着させる附箋ファイルが提案されている(特許文献1)。
【0003】

【効果】

【0014】
請求項1に係る附箋ホルダによれば、複数葉の附箋を積層させた附箋束を並べて貼り付ける貼着面を内側面に有する硬質の厚紙台紙よりなる表紙と裏表紙とを背板とともに設け、該表紙及び裏表紙を、縦長さが160〜180mm、横幅が80〜85mmとした結果、片手で持って筆記がし易く、持ち運びや収納性、附箋束の保存性に適した、メモ帖代わりになる、使い易い附箋ホルダとすることが出来るようになった。
【0015】
請求項2に係る附箋ホルダによれば、更に、前記表紙の内側面と前記裏表紙の内側面のいずれかの面の外側縁に沿う箇所に、メモ書きした附箋紙片を貼り付けるための中紙の側縁を支持させ、該中紙を、前記表紙及び裏表紙よりも若干小さな形状とし、前記いずれかの内側面の側方に広がる向きから、前記附箋の表面に重なる方向に畳み入れることが可能とした結果、この中紙にメモ書きした附箋を見やすい状態で貼り付けておくことが出来るようになった。
また、この中紙があることによって、前記表紙と前記裏表紙を閉じさせた状態において、向き合う附箋の表面どうしが直接触れないようにして、各附箋の表面を損傷させないようにした。
【0016】
請求項3に係る附箋ホルダによれば、更に、前記背板の内側又は外側の上部箇所、或いは前記表紙又は裏表紙のいずれかの外側縁の上部箇所に、筆記具ホルダを設けた構成とした結果、更に使い易いものとすることが出来るようになった。
【0017】
請求項4に係る附箋ホルダセットによれば、請求項1又は2に記載の附箋ホルダの対向する内側面の少なくとも一方の内側面に、積層させた各種サイズの附箋を複数、並べて貼着させて構成した結果、消費者がこれを購入後、すぐに使用できるものとすることが出来るようになった。

(57)【要約】

【課題】積層させた各種サイズの附箋束を一目できる状態で安定した状態で支持させ、しかも、この支持させた状態でメモ書きし易くすること、更に好ましくは、使用済の附箋片を見易い状態で仮支持させておくことが出来る附箋ホルダを提供する。【解決手段】複数葉の附箋を積層させた附箋20を並べて貼り付ける貼着面を内側面5aに有する硬質の厚紙台紙よりなる表紙5と裏表紙3とが背板4とともに設けられ、表紙5及び裏表紙3は、縦長さが160〜180mm、横幅が80〜85mmとされている。更に好ましくは、表紙5の内側面5aと裏表紙3の内側面のいずれかの面の外側縁に沿う箇所に、メモ書きした附箋紙片を貼り付けるための中紙の側縁が支持されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):