(54)【考案の名称】ソーラーパネル用フレーム

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】和▲金▼光電股▲分▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、特にソーラーパネルを組み立てるためのフレームに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
図4に示すように、従来のソーラーパネル用フレームは、4つのフレームビーム(90)と4つの連結部材(80)とを有するものである。
【0003】
前記4つのフレームビーム(90)はそれぞれ本体(91)を有し、該本体(91)の上半部には、側面に開口を有する、ソーラーパネルを保持するための取付部(92)が形成され、該取付部(92)の下方に組立口(93)が設けられると共に、該組立口(93)の下部に、組立口(93)から横方向へ向かってプレート(94)が延設され、該プレート(94)は、前記開口と同一方向へ延出されるものである。更に、前記フレームビーム(90)の両端には、夫々1つの面取部(95)が形成され、該面取部(95)は、フレームビーム(90)の長手方向に対して45度の角度を有し、前記取付部(92)と組立口(93)から、プレート(94)まで連続的に形成されるものである。
【0004】
前記各連結部材(80)は、2つの組立アーム(81)を組み合わせたL字形を呈するものであり、該各組立アーム(81)に緩み防止部(82)が設けられる。
【0005】
図5に示すように、従来のソーラーパネル用フレームにおける連結部材(80)は、2つの組立アーム(81)をフレームビーム(90)の組立口(93)に挿入させることにより、2つのフレームビーム(90)を連結するものであり、つまり、該連結部材(80)は、2つのフレームビーム(90)の内部に収納されると共に、隣接するフレームビーム(90)の面取部(95)同士が完全に接合されることから、隣接する2つのフレームビーム(90)同士は、90度の角度で組み合わされる。この構成によれば、ソーラーパネル用フレームを確実に組み立てることができる。

【効果】

【0011】
本考案は上記の課題を解決するものであり、アーク部により、フレームの角が滑らかになっているので、人に対して怪我を負わせることがないと共に、連結部材がフレームビームの外部に位置し、ズレ難くなっているので、簡単に組立てることができる。故に、この構成によれば、組み立てられたソーラーパネル用フレームの安全性と強度を向上させることができる。

(57)【要約】

【課題】人に対して怪我を負わせることがない、強固な構成を有するソーラーパネル用フレームを提供する。【解決手段】本体11と、側面に開口を備えると共に、該本体の上部に設けられる取付部12と、該取付部の下方に位置するように該本体に貫穿される組立口13と、両側にそれぞれ面取部15が形成されると共に、該組立口の下部から横方向へ向かって延出するプレート14を有する4つのフレームビーム10と、外側にアーク部22を設ける。さらに、前記フレームビームの外部に位置するベース21と、前記取付部の開口と連通するように連結される開口26を備えると共に、該ベースの上部に設けられるへこみ部と、該へこみ部の下方両側からそれぞれ外側へ向かって延設され、該フレームビームの組立口に挿入される組立アーム24を有する、該フレームビームを連結するための4つの連結部材20とにより構成する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):