(54)【考案の名称】電力を用いずに太陽の方向に制御可能な太陽光発電装置

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】コネクトジャパン株式会社

(73)【実用新案権者】菘銓科技股▲分▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、特に電力を消費せずに、自動的に太陽の方向に制御することができる太陽光発電装置に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
太陽エネルギー、風力発電などのクリーンエネルギーは、二酸化炭素などの温室効果ガス排出量を低減する効果があるが、例えば天気、設置位置、使用時間などが制限されるという使用上の欠点を有する。
【0003】
太陽エネルギーをより有効的に利用するために、従来の太陽光発電装置に、太陽と正対するように太陽光発電パネルを移動させて、太陽光発電パネルに大量の太陽光を吸収させるための太陽正対制御システムが搭載されるものも知られている。
【0004】

【効果】

【0014】
本考案は上記の課題を解決するものであり、東西エネルギー装置及び東西伸縮装置により、太陽の日周運動である東西方向に沿った制御を行うことができるのみならず、南北エネルギー装置及び南北伸縮装置により、季節の変化による、太陽との傾斜角の変動にも精確に対応できるので、太陽光の吸収率を向上させ、太陽光発電パネルの出力効率を向上させることができる。

(57)【要約】

【課題】電力を用いずに、太陽の方向に制御可能な太陽光発電装置を提供する。【解決手段】下柱と、下柱の上端に枢設される上柱とを有する支柱と、上柱の上端に枢着される太陽光発電パネルと、エネルギー媒介を有し、太陽光発電パネルの南側及び北側に夫々設けられる南北エネルギー装置と、2つの南北エネルギー装置の南北エネルギー装置と連通すると共に、上柱と太陽光発電パネルに枢着され、エネルギー媒介の相転移による圧力の変化により、太陽光発電パネルの回転角度を変更することができる中空状の南北伸縮装置と、エネルギー媒介を有し、太陽光発電パネルの東側及び西側に夫々設けられる東西エネルギー装置と、2つの東西エネルギー装置と連通し、下柱と上柱とに枢着される中空なものであると共に、エネルギー媒介の相転移による圧力の変化により太陽光発電パネルの回転角度を変更する中空状の東西伸縮装置とを有することを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):