(54)【考案の名称】ハガキ挿入袋付封筒、バッグ、ダンボール。

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
「本考案は、封筒の中に2重にハガキを入れろ等の無駄を省き、ハガキの切手代金を無駄にすることなく、また封筒の内容物と用件をハガキに記載することにより、手紙を挿入する2重の手間を省くことができるようにするための定形封筒に関する考案である。」

【従来の技術】

【0002】
従来の封筒は中身を確認され紛失・盗難を避けるためだと考えられるが、内容物が見えないように作成されている。しかし、例えば個人が年賀状と何かものを送付する際は封筒の中にお年玉付年賀状を入れなければならず、封筒の切手代金と2重払いになっている。また、企業が販促用に配布するものには手紙を挿入しなければならないが、簡単なものなら、ハガキに内容を書けるため手間が省ける。また、受け手側は必要な情報は、ハガキで残せるため、コンパクトに残せる。また、必要のないものは送付する必要はなく省資源にも繋がる。(エコに繋がる。)
【0003】
通常の定形ハガキ、年賀状

【0004】
郵便局ホームページ(海外に送るクリスマスカードのつくり方&送り方)
【考案が解決しようとする課題】
【0005】
例えば個人が年賀状と何かものを送付する際は封筒の中にお年玉付年賀状を入れなければならず、封筒の切手代金と2重払いになっている。また、企業が販促用に配布するものには手紙を挿入しなければならないが、簡単なものなら、ハガキに内容を書けるため手間が省ける。また、受け手側は必要な情報は、ハガキで残せるため。コンパクトに残せる。不要な物は廃棄しているため、ゴミの削減にも繋がる。

【効果】

【0007】
個人にとっては経費削減とハガキに直接用件を書くことができるので、手紙を書く手間の排除、企業にとっては経費削減効果とエコの実践を強調でき、送付物が同時に2種以上まとめてある場合は、PCの設定を変更することにより、1個にまとめることができると考える。
【産業上の利用可能性】
【0008】
(企業)配送物の軽量化による経費削減、アイデアの奇抜性、エコを強調
(公序良俗違反につき、不掲載)郵便物の増加による増収(年賀状、プレゼント等)
(個人)切手の2重支払い等の経費削減、アイデアの奇抜性

(57)【要約】

【課題】封筒の中に2重にハガキを入れる等の無駄を省き、ハガキの切手代金を無駄にすることなく、また封筒の内容物と用件をハガキに記載することにより、手紙を挿入する2重の手間を省くことができ、かつ、保管も容易な封筒等を提供する。【解決手段】年賀状、定形ハガキを差し込める透明なビニール袋を通常の定形封筒、封筒、バッグ、ダンボールに貼り付けてそこに差し入れ、ばずれて配送中に落ちないように接着剤で口を止める。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):