(54)【考案の名称】数字キーボードを有するバーコードスキャナ

(73)【実用新案権者】安理實業有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、バーコードスキャナ、特にバーコードスキャナの上に数字キーボードを設置し、且つ適当な配列或いはプログラマブル設計を行い、ユーザーが手軽く操作し、少量多種の物品を快速にスキャンすることによって、レジ或いはPOS机上での数量入力の動作及び時間を節約すると共に、誤った操作を避け、精算スピードを向上させることのできるバーコードスキャナに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来のバーコードスキャナ5は、図6に示すように、ハンドル51及びバーコード読み取り器52を含む。前記バーコード読み取り器52は、ハンドル51の前端に設置され、ユーザーはハンドル部51を握り、且つバーコード読み取り器52をバーコードに近づける。前記バーコード読み取り器52は、内部の光学センサー装置によってバーコードを写し取り、写し取ったバーコードを識別してデジタルデータとなし、更に予め用意されたデータバンクの内容と比較対照し、有用なデータを取得する。
【0003】
前述の機能及び操作方法によって、或る物品の表面にその物品データに関するバーコードラベルが貼ってあれば、ユーザーは前記従来のバーコードスキャナ5を使用して快速に前記物品のデータを読み取ることが出来、人手によって判別する必要がなく、大幅に時間を節約できる。特に、多様な物品に対する統計、例えば、スーパー小売業、倉庫管理、売り場の精算などの分野では、前記従来のバーコードスキャナ5は欠かせない製品である。
【0004】
しかしながら、従来のバーコードスキャナ5は相当長い間使用されている歴史があるにもかかわらず、改良されたことはあまり聞かない。絶大多数の研究開発工程は、光学読み取り技術或いはデータバンクシステムの改善に重点が置かれ、従来のバーコードスキャナ5自体に対するものではない。
【0005】
使用上の問題について言えば、現在、従来型バーコードスキャナは二種類に分けられる、一種類は、一般のバーコードスキャナ、一種類は、従来のデータ収集機(棚卸し器)である。
【0006】
従来のバーコードスキャナ5は、主として多様性物品の統計に使われる為、理論的には、一つ一つの物品項目ごとにバーコードを読み取ってこそ、正確な行為と言える。しかし、同じ物品に対して、若し既にその数量が分かっている場合、時間を節約するため、物品のバーコードを読み取る前或いは後で、直接レジ或いはPOS机上で物品の数量を入力するだけで、その物品の数量及び関連データを簡単に計算することが出来る。このような行為模式は、スーパー小売業、売り場での買い物などで最も発覚しやすい。消費者が多量多様な商品を購入するとき、若しレジ係が一々バーコードを読み取る方式を取るならば、精算時間が一層長く掛かるだけでなく、レシート上に現れるデータも、ビッシリと並び、中々読み辛くなる。
【0007】
ところが、従来のバーコードスキャナ5には、数字キーボードの設計がなく、物品の数量などの機能を設定するときは、バーコードスキャナ5の後端に連接された計算機(レジ機)で行われる。つまり、ユーザーは物品の数量を確認した後、先ず従来のバーコードスキャナ5をおろして、計算機の上で数字キーを叩き、それから再び従来のバーコードスキャナ5を取り上げ、バーコードの読み取りを行わなければならない。このような行為模式は、一応問題はないが、やはり不便であり、ユーザーの操作を妨げる。
【0008】
一方、従来のデータ収集機(棚卸し機)は、棚卸し専用に設計され、数字キーで数量を入力できるが、ロット単位のデータをダウンロード及びデータ転送を行わなければならず、小売業の店頭あるいはスーパーのレジ台での使用には不適合であり、倉庫或いは棚卸の時だけに適するものである。
【0009】
そのため、考案者は、数字キーボードをバーコードスキャナの上に取り付けることを考え付いた。特に、小売業或いはスーパー業者のレジ台において、バーコードスキャナを下ろす→POSキーでの数量入力→再びバーコードスキャナを取り上げる、などの煩雑な動作をする必要がなく、又バーコードスキャナの利用率を増やし、レジでの精算速度を向上させることを目指した。
【0010】
尚、バーコードスキャナのスペースに合わせ、且つユーザーの操作を簡便にし、学習時間を短縮するため、本考案では、場所の需要に応じて、異なるキーの配置によって、直覚的に操作を行えるように、長期的研究及び検討を経て、ついに本件数字キーボードを有するバーコードスキャナを完成した。
【考案が解決しようとする課題】
【0011】
本考案の主要目的は、作業工程を簡素化し、バーコードスキャニング効率を増やし、短時間のうちに少量多様な物品の数量データを出力できる数字キーボードを有するバーコードスキャナを提供することにある。
本考案のもう一つの目的は、例えば、バーコードスキャナを下ろす→POSキーでの数量入力→再びバーコードスキャナを取り上げる、などの余計な肢体活動をする必要がなく、又人為的操作間違いを減らすことの出来る数字キーボードを有するバーコードスキャナを提供することにある。
本考案の更にもう一つの目的は、使用法が簡単明瞭で、学習時間が掛からず、バーコードスキャナの効率を上げるためには、自分の習慣に従ってキーの意味を変更してもよい、数字キーボードを有するバーコードスキャナを提供することにある。

【効果】

【0013】
本考案は、作業の流れを簡素化し、バーコードスキャニングの効率を向上させ、短時間内に少量多様の物品数量データを出力できる。
本考案は、ユーザーの余計な肢体活動を減らすと共に、人為的操作間違いを減少できる。
本考案は、使用法がかなり簡単で、学習時間が掛からず、且つユーザーの習慣に従って操作方式を設定し、大幅にバーコードスキャナの使用効率を向上させることができる。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】本考案に係るバーコードスキャナの斜視図である。
【図2】本考案に係るバーコードスキャナの平面図である。
【図3】本考案に係るバーコードスキャナに各数字キーLEDランプを増設した構造略図である。
【図4】本考案に係るバーコードスキャナにLCD或いはLEDモニターを増設した構造略図である。
【図5】本考案に係るバーコードスキャナの使用例図である。
【図6】従来のバーコードスキャナの使用例図である。

【0015】
[実施例]
図1・図2は、本考案に係る数字キーボードを有するバーコードスキャナであり、主として、バーコードスキャナ1、及び前記バーコードスキャナ1の上に設置された入力キーセット2、を含む。
【0016】
前記バーコードスキャナ1は、市場に良く見られる機種でよく、ここでは贅述しない。本考案の特徴は、数字キーセット2の設計及び配置にある。前記数字キーセット2は、バーコードスキャナ1の見易く且つ叩き易い位置に設置され、大半はバーコードスキャナ1の上表面に設定されている。前記数字キーセット2は、複数のキーを含み、よく見られるマトリックス配列方式を取り、数量及び寸法は限らず、ユーザーが操作し易いことを優先的に考慮している。本実施例1は、12個のキーを配置し、数字2〜12を代表する数字キー21を11個と、確認キー22を含む。この配置は、やはりユーザーの習慣を基にしており、少量多様の物品に対して、一般の人は、一回に12個以上を買うことはあまりない。従って、若し物品が一個の場合は、直接スキャンすればよく、若し一個以上の場合は、スキャニング前或いは後に設定し、前記数字キー21に正確な数量を入力し、更に確認キー22を押して完成する。
【0017】
前記入力キーセット2の配列は、操作が容易で、ユーザーの学習時間を減少することを考慮したものだが、ユーザー毎に習慣性があるので、単一的な入力キーセット2の配置は使用に不足する可能性がある。従って、入力キーセットに2は、現在成熟しているプログラマブル模擬技術設計を採用すると良い。即ち、任意のユーザーは、個人の習慣に従って各キーの設定を行い、個人の操作習慣マッチするようにしたらよい。
【0018】
尚、入力の正確さを確保し、間違った入力を避けるため、本考案では、前記バーコードスキャナ1の上にLEDランプ3を設置した、前記LEDランプ3は、単独一個を数字キーセット2の一端に設計してよい。或いは、図3に示すように、一つ一つの数字キー21或いは確認キー22に、それぞれ対応するLEDランプ3を設けてもよい。前記LEDランプ3は、光り、点滅、場合によっては色光によって入力が正確かどうかを確認することが出来る。こうすれば、数字の横のLEDランプ3が光るのを見れば、入力した数量を確認できる。若し間違いがあれば、所要の数字を押しなおすか、或いはもう一度押して、デリートすることが出来る。
【0019】
勿論、少数の状況では、12個以上の物品が出現するかもしれない、その場合は、既存のPOSキーによって数量を入力すればよいので、使用に影響はない。
【0020】
異なる販売環境では異なるニーズがあるので、若し数量の需要がいつも12以上である場合は、図4に示すように、前記バーコードスキャナ1の上にLCD又はLEDの数字モニター4を設置して、数字キーセット2の数量入力状態を表示し、ユーザーに現在のバーコードスキャンニングの設定を知らせ、確認或いは修正を行い易くすることが出来る。
【0021】
前述構造には、10個の数字キー21を含む12個のキーを配置でき、それぞれ、0〜9の数字と、CLRクリヤキー23と、ENTER確認キー22と、を代表する、数字モニター4の設計により、本例では、入力した数量が正確かどうか簡単に確認でき、若し入力に間違いがあれば、クリヤキー23によって消去し、改めて正確なデータを入力すればよい。
【0022】
このようにして、図5に示すように、ユーザーは本考案に係るバーコードスキャナ1を持って、物品のバーコードに対してスキャニングを始める。少量多様な物品が出現した場合、スキャニング前(後)に、正確な数量を前記入力キーセット2によって入力するだけで、正確なデータを出力することが出来る。
【0023】
1、5 バーコードスキャナ
2 入力セット
21 数字キー
22 確認キー
23 デリートキー
3 LEDランプ
4 LEDモニター
51 ハンドル
52 バーコード読み取り器

(57)【要約】

【課題】作業工程を簡素化し、バーコードスキャニング効率を増やし、短時間のうちに少量多様な物品の数量データを出力できる数字キーボードを有するバーコードスキャナ【解決手段】数量を入力できるキーボード構造を有するバーコードスキャナであって、バーコードスキャナと、入力キーセットと、を含み、前記入力キーセットは、バーコードスキャナの表面に設置され、複数個のキーを有し、マトリックス式配置を取っている。各キーはそれぞれ特定の数字又は入力機能を代表し、ユーザーは物品の数量を確認した後、スキャニング前或いは後に、入力キーセットによって正確な数量を入力すると、物品数量を統計したデータを正確に出力できる。こうすれば、レジ機又はPOS機上で数量を入力する必要がなく、操作の流れを簡素化することが出来る。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):