(54)【考案の名称】メニューホルダー

(73)【実用新案権者】有限会社シンビ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、メニュー表示ファイルを備えている折り畳み式のメニューホルダーに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
メニュー表示ファイルを備えているメニューホルダーとして、例えば第3117247号登録実用新案公報及び特開2005−199585号公報にそれぞれ記載の「メニューブック」(以下「従来例1」及び「従来例2」という。)などが提案されている。
従来例1は、折り込み部を中心として折り込み可能である薄形のカバー部を備えており、このカバー部の上記折り込み部の内面上に綴じ具を固定し、この綴じ具に取り外し可能のメニューファイルを取り付けているものである。上記綴じ具には間隔を置いて複数の開閉可能なリング状の綴じ環を起立してあり、上記メニューファイルがメニュー用紙を開口部から収納可能である透明の袋状のファイル部を有しており、一辺に複数の綴じ孔を開けてあり、上記メニューファイルの各綴じ孔は、上記綴じ環に係合可能である。
使用時には、メニュー用紙をメニューファイルのファイル部内へ収納する。そしてカバー部の折り込み部を中心として開き、この状態で綴じ具の綴じ環をメニューファイルの綴じ孔に係合させる。こうすると、メニュー用紙入りのメニューファイルはカバー部に綴じ具を通じて綴じ込められる。同様の方法で、他のメニュー用紙入りのメニューファイルについても、必要があればカバー部に綴じる。
従来例2はカバー部、メニューファイル及びメニューピンを備えている。上記カバー部は第1表紙部と、第2表紙部と、背表紙部とを一体連結し、この背表紙部を中心として二つ折り可能なものである。カバー部の内側には、メニューファイルとして、メニューが書き込まれた用紙を挿入自在とした袋状のファイルが折込部を中心として2連状態に形成されている。このようなメニューファイルをカバー部の内側にセットして、中央部の上下両側からメニューピンで挟んでカバー部に固定する。
【0003】

【効果】

【0006】
この考案のメニューホルダーによれば、カバー部には折り込み部に磁気固定手段を介してメニュー表示ファイルを取り付けるので、メニュー表示ファイルの着脱を簡易にすることができる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】この考案に係るメニューホルダーを分解しかつカバー部を開いた状態を示す一部切欠正面図である。
【図2】この考案に係るメニューホルダーを示す斜視図である。
【図3】この考案に係るメニューホルダーにおけるカバー部を開いた状態を示す背面図である。
【図4】この考案に係るメニューホルダーにおけるカバー部とメニュー表示ファイルとの接続状態を示す拡大端面図である。
【図5】この考案に係るメニューホルダーにおけるメニュー表示ファイルを示す背面図である。
【図6】図1のVI−VI線拡大端面図である。
【図7】この考案に係るメニューホルダーにおける交換用のメニュー表示ファイルを示す一部切欠正面図である。
【図8】この考案に係るメニューホルダーにおける第2磁気固定部の他の例の使用状態を示す拡大端面図である。

【0008】
この考案に係るメニューホルダーの実施形態について説明する。
図1及び図2において、メニューホルダーは、折り込み部11を中心として折り込み可能であるカバー部1と、上記カバー部の上記折り込み部の内面に着脱可能に取り付けてあるメニュー表示ファイル2と、上記メニュー表示ファイルを上記折り込み部に取り付けるための磁気固定手段3とを備えている。
【0009】
カバー部1は、図1〜図3に示すように、折り込み部11と、この折り込み部を中心として幅方向(図1及び図3左右方向)に連続して設けてある表カバー部12及び裏カバー部13とからなる。
表カバー部12及び裏カバー部13は、図4に示すようにいずれも対向して配置してある対の透明板12a,12b,13a,13bを備えている。対の透明板12a,12b,13a,13bはその幅方向の外側端辺が重合され、重合部分は側縁カバー14a,14bで被覆されて縫糸などによって一体化されている(図1)。そして内側端辺は重合されているものの、一方(図4下方)の透明板12a,13aの内側端辺は折り込み部11の両側の側縁部111,112によってそれぞれ被覆され、各側縁部が各内側端辺に縫糸などによって固着されている。また他方(図4上方)の透明板12b,13bの内側端辺は側縁カバー14c,14dによってそれぞれ被覆され、各側縁カバー側が各内側端辺に縫糸などによって固着されている。
対の透明板12a,12b及び対の透明板13a,13bの長さ方向(図1及び図3上下方向)の両側端辺が重合され、重合部分は側縁カバー14e,14fで被覆されて縫糸などによって一体化されている。側縁カバー14e,14fは表カバー部12及び裏カバー部13の両側端辺に跨って配置され、かつ折り込み部11の両側端辺と交差されており、縫糸などによって折り込み部とも接続されている。
このため、表カバー部12の対の透明板12a,12b間及び裏カバー部13の対の透明板13a,13b間は、いずれもメニュー用紙41,42(図4)の収納空間15a,15bとなっており、折り込み部11側がメニュー用紙を差入れ可能の開口部16a,16bとなっている(図1)。表カバー部12は透明板12a,12bによって、そして裏カバー部13は透明板13a,13bによっていずれも両面がメニュー表示部となっている。
【0010】
メニュー表示ファイル2は、図1及び図4〜図6に示すように、互いに対向して配置されている透明板21a,21bと、各透明板の側辺を被覆する側縁カバー22a,22b,22c,22d,22eとからなる。
透明板21a,21bはいずれも同長であるが、一方(図6下方)の透明板21aの幅が他方の透明板21bのそれよりも広く、図左側辺が透明板21bの左側辺より左側に延伸されている。
対の透明板21a,21bはその幅方向の外側端辺が重合され、重合部分は側縁カバー22aで被覆されて縫糸などによって一体化されている。そして内側端辺に関しては、一方(図6下方)の透明板21aの内側端辺は側縁カバー22bによって被覆され、この側縁カバーが内側端辺に縫糸などによって固着されている。また他方(図6上方)の透明板21bの内側端辺は側縁カバー22cによって被覆され、側縁カバーが内側端辺に縫糸などによって固着されている。
透明板21a,21bの長さ方向(図1及び図5上下方向)の両側端辺が重合され、重合部分は側縁カバー22d,22eで被覆されて縫糸などによって一体化されている。
このため、メニュー表示ファイル2における透明板21a,21b間は、メニュー用紙43(図4)の収納空間23となっており、内側端辺側がメニュー用紙を差入れ可能の開口部24となっている(図1)。メニュー表示ファイル2は透明板21a,21bによって両面がメニュー表示部となっている。
【0011】
図7に示すメニュー表示ファイル2Aは交換用(予備用)であり、その構成は図1に示すメニュー表示ファイル2と実質的に同一である。すなわち、メニュー表示ファイル2Aは、その幅がメニュー表示ファイル2のそれより広い点を除いてメニュー表示ファイル2と同一構成である。このため、メニュー表示ファイル2Aの各構成部分の説明を省略する。
メニュー表示ファイル2Aにおける透明板21Aa,21Ab及び各透明板の側辺を被覆する側縁カバー22Aa,22Ab,22Ac,22Ad,22Aeは、いずれもメニュー表示ファイル2における透明板21a,21b及び各透明板の側辺を被覆する側縁カバー22a,22b,22c,22d,22eにそれぞれ対応している。
図7において、24Aは開口部であり、メニュー表示ファイル2の開口部24に対応している。
透明板21Aa,21Ab間の収納空間(図示せず。)にはメニュー用紙を差入れ可能である。メニュー表示ファイル2Aは透明板21Aa,21Abによって両面がメニュー表示部となっている。
【0012】
磁気固定手段3は図1、図3及び図4に示すように、磁気力によって互いに吸着可能である第1磁気固定部31と第2磁気固定部32とからなる。
図1及び図4において、第1磁気固定部である磁着片31はカバー部1側に設けてある磁石片であり、図示の例ではカバー部1の折り込み部11内面上に、その長さ方向の両端に固着されている。また、第2磁気固定部である被磁着片32はメニュー表示ファイル2側に設けてあり、一方の透明板21aの内側端辺を被覆している側縁カバー22bの長さ方向の両端にこの側縁カバーを挟持するようにU字形に折り曲げて固着されている鋼製のものである。
メニュー表示ファイル2側の各被磁着片32はカバー部1側の各磁着片31に対向配置されて、磁着片の磁気力によって吸引されて吸着される。このため、図4に示すようにメニュー表示ファイル2は磁着片31及び被磁着片32を通じてカバー部1の折り込み部11内面上に起倒可能に取り付けられる。
メニュー表示ファイル2と同様に、図7に示すメニュー表示ファイル2A側に被磁着片32に相当する被磁着片32Aを配置してある。メニュー表示ファイル2Aは、必要時には、磁着片31及び被磁着片32Aを通じてカバー部1の折り込み部11内面上に起倒可能に取り付けられる。
【0013】
次に、この考案に係るメニューホルダーの使用方法について説明する。
図1及び図4に示すように、メニュー用紙41,42,43を表カバー部12及び裏カバー部の各収納空間15a,15b内に、そしてメニュー表示ファイル2の収納空間23へ収納する。そしてカバー部1の折り込み部11を中心として開き、この状態で折り込み部11内面上の磁着片31に対してメニュー表示ファイル2の被磁着片32を接触させる。こうすると、メニュー用紙入りのメニュー表示ファイル2はカバー部1に磁着片31の磁気力を通じて吸着され、取り付けられる。
メニュー用紙41,42,43に関して、アルコール飲料に係るメニューを他の飲食用メニューと区別するために、アルコール飲料に係るメニューを表示しているメニュー用紙43をメニュー表示ファイル2に入れ、他の飲食用メニューを表示しているメニュー用紙41,42を表カバー部12及び裏カバー部の各収納空間15a,15b内に納めることによって、使用者はアルコール飲料とその他の飲食物との識別が容易となる。
メニュー表示ファイル2に代えて、メニュー表示スペースの広い交換用メニュー表示ファイル2Aを用いても良い。この際、折り込み部11内面上の磁着片31に対してメニュー表示ファイル2Aの被磁着片32Aを接触させて、カバー部1に磁着片31の磁気力を通じて吸着され、綴じ込める。
【0014】
図1に示すメニューホルダーによれば、メニュー表示ファイル2をカバー部1の折り込み部11内面の磁着片31に対して被磁着片32を接触させるだけで、その磁気力によってカバー部に取り付けることができ、またメニュー表示ファイルが不要の場合又は別のメニュー表示ファイル2Aと交換する場合には、磁気力に抗してメニュー表示ファイルを後方に引っ張れば、容易に取り外すことができるので、メニュー表示ファイルの着脱が容易となる。
【0015】
カバー部1において、表カバー部12及び裏カバー部13は透明板12a,12bを使用して、その内外両面がメニュー表示部となっているが、片面のみであっても良い。メニュー用紙41,42を差し入れる開口部16a,16bの配置位置は図1の例では折り込み部11側であるが、必ずしもこの例に限定されない。
カバー部1に取り付けるメニュー表示ファイル2は図示の例では1枚であったが、例えば磁着片31の幅を長くすることによって複数枚又はメニュー表示ファイル2,2Aの双方を取り付けるようにしても良い。
磁気固定手段3に関しては、図1に示すように、第1磁気固定部に磁着片31を、また第2磁気固定部に被磁着片32を使用しているので構成が簡単となるから製造組み立てが簡易となるが、必ずしも片状のものに限定されない。例えば、図8では、被磁着片32に代えて線状の第2磁気固定部を使用している。図示の例によれば、メニュー表示ファイル2では第2磁気固定部としてワイヤ33を使用しており、このワイヤを透明板21a内側端面に沿って配置して、側縁カバー22bで被覆保持している。ワイヤ33の両端が磁着片31に磁着可能である。
磁着片31及び被磁着片32は図1に示すよう露出状態に取り付けられているが、折り込み部11内及び側縁カバー22b内に埋め込んでも良い。
【0016】
1 カバー部
11 折り込み部
12 表カバー部
13 裏カバー部
12a,12b 透明板
15a,15b 収納空間
16a,16b 開口部
2,2A メニュー表示ファイル
23 収納空間
24 開口部
3 磁気固定手段
31 磁着片(第1磁気固定部)
32 被磁着片(第2磁気固定部)
33 ワイヤ(第2磁気固定部)
41,42,43 メニュー用紙

(57)【要約】

【課題】メニューファイルの着脱を簡易にするメニューホルダーを提供する。【解決手段】カバー部1は折り込み部11を中心として折り込み可能であって、この折り込み部の内面にメニュー表示ファイル2を磁気固定手段の磁着片31と被磁着片32を介して着脱可能に取り付けてあり、メニュー表示ファイル2はメニュー用紙を開口部から収納可能である収納空間を有しており、各収納空間の両面はメニュー表示部となっており、磁着片31は折り込み部11の両端に取り付けられ、被磁着片32はメニュー表示ファイル2の一側端辺に設け、磁着片31と磁気力によって互いに吸着可能である。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):