(54)【考案の名称】コピー防止シートおよびコピー防止シートセット

(51)【国際特許分類】

G09F 3/02 ・形状 構造

(73)【実用新案権者】株式会社KALBAS

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、コピー防止シートおよびコピー防止シートセットに関する。

【従来の技術】

【0002】
印影や個人情報などの機密情報をコピー機により複写するのを防止するために、当該機密情報が表示される表示部に貼り付けられるコピー防止シールが提案されている(例えば特許文献1を参照)。特許文献1に記載のコピー防止シールは、フィルムに所定の画像を有するホログラム、金属薄膜層および接着層を順に重ねた構成のものであり、接着層は金属薄膜層の一方の面の全域に形成されている。
【0003】
ホログラムが設けられているシールを情報が記載された書類に貼り付け、当該書類をコピー機により複写すると、複写物においては当該書類(原本)のホログラムの画像に対応する部分に白抜け状態が生じる。これにより、コピーしたものであることが判明するとともに、原本に記載された情報がそのまま再現されるのを困難なものとする。
【0004】

【効果】

【0019】
本考案によれば、コピー防止効果に優れ、かつ、原本の視認性に優れたコピー防止シートおよびコピー防止シートセットを提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0020】
【図1】実施形態1のコピー防止シートの平面図
【図2】コピー防止シートの断面図
【図3】コピー防止シートを貼り付けた書類(原本)の平面図
【図4】図3の原本をコピー機により複写して得られた複写物の平面図
【図5】実施形態2のコピー防止シートの平面図
【図6】実施形態2のコピー防止シートを貼り付けた原本をコピー機により複写して得られた複写物の平面図
【図7】実施形態3のコピー防止シートセットを構成する用紙の平面図
【図8】コピー防止シートを貼り付けた用紙の平面図
【図9】図8の用紙をコピー機により複写して得られた複写物の平面図
【図10】他の実施形態(1)で説明するコピー防止シートの断面図

【0021】
<実施形態1>
本考案の実施形態1を図1ないし図4によって説明する。
本実施形態のコピー防止シート10は、図1に示すように、矩形状をなし、図2に示すように、フィルム11、金属を含む金属薄膜層13、粘着剤層14および剥離シート16からなる4層構造のものである。
【0022】
コピー防止シート10は例えば以下の方法により製造される。
まず、フィルム11の一方の面11A(図2における下側の面11A)に、公知の方法によりエンボス加工を施して、図1に示すような多数の三角形が描かれたホログラム12を形成する。フィルム11のホログラム形成面11Aの断面形状は、図2に示すように凹凸状をなしている。
【0023】
フィルム11としては、ポリエチレン製フィルムやポリエチレンテレフタレート(PET)製フィルムなどのプラスチックフィルムが好ましく、その厚みは適宜設定することが可能であるが、38μm〜100μm程度が好ましい。
【0024】
次に、フィルム11のホログラム形成面に、光反射性の透明な(あるいは透明に近い)金属薄膜層13を形成する。金属薄膜層13はアルミニウムなどの金属単体、もしくは合金、硫化亜鉛などの金属硫化物、金属窒化物、酸化チタン、酸化アルミニウムなどの金属酸化物などを蒸着(真空蒸着、スパッタリング法、イオンプレーティング法)するか、あるいはメッキ法を施すことにより形成することができる。金属薄膜層13を形成する材料としては、原本20の視認性に優れるという点で酸化アルミおよび硫化亜鉛が好ましい。
【0025】
次に、金属薄膜層13の面のうち、フィルム11とは反対側の面13A(図2における下側の面13A)に、ホログラム12の模様に対応するように粘着剤層14を部分的に形成する。金属薄膜層13と剥離シート16との間において粘着剤層14のないところは空気の層15である(図2を参照)。
粘着剤層14は、アクリル系樹脂、ビニル系樹脂などを主成分とする透明な粘着剤を用いて、印刷などの塗布方法により形成することができる。
【0026】
本実施形態のホログラム12は三角形が多数描かれた模様をなしているので、三角形の形を縁取るように粘着剤層14を設けてもよいし、三角形を1つおきに塗りつぶすように粘着剤層14を設けてもよい。粘着剤層14の形成面積の割合は、金属薄膜層13の下側面13Aの面積に対して約30〜60%程度であるのが好ましい。
【0027】
このようにして、粘着剤層14を形成した後、シリコーンなどの離型性の樹脂が一方の面に施されている剥離シート16を粘着剤層14に貼り付けてから、所定のサイズ(例えばA4)に切断することにより、本実施形態のコピー防止シート10が得られる。
【0028】
次に、本実施形態のコピー防止シート10の使用方法について説明する。
本実施形態のコピー防止シート10をそのまま、または、所望の大きさに切断した後、剥離シート16を除去する。ここで、本実施形態のコピー防止シート10には、剥離シート16が設けられているので、使用するまで、ごみなどの付着を防止することができ、粘着性の低下が起こり難い。
【0029】
剥離シート16を除去したコピー防止シート10を、図3に示すように、情報が記載された書類20(原本20)のうち、コピーを防止したい部分21(「特定の情報が記載された表示部21」に相当)に貼り付ける。すると、本実施形態のコピー防止シート10は、透明または透明に近いフィルム11と透明または透明に近い金属薄膜層13と透明な粘着剤層14が重ねられた構成であるので、コピー防止シート10の貼り付けられている部分21の情報は目視により読みとることができる。
【0030】
次に、コピー防止シート10を貼り付けた原本20をコピー機(図示せず)を用いて複写する。
本実施形態のコピー防止シート10にはホログラム12が形成されているので、ホログラフィーの原理により、複写物30にはホログラム12の模様に対応して白抜け状態のところ31が生じる(図4を参照)。
【0031】
特に、本実施形態のコピー防止シート10では、粘着剤がホログラム12の模様に対応して部分的に設けられているので、粘着剤のない空気の層15が形成されている。また、ホログラム12と粘着剤層14との間に金属薄膜層13が存在するため、粘着剤がホログラム12を構成する凸凹部分に直接入りこむことがない。
【0032】
その結果、本実施形態のコピー防止シート10を貼り付けた原本20の複写物30においては、図4に示すように、ホログラム12の模様に対応して白抜け状態のところ31が十分に生じて、原本20のコピーを防止したい部分21に記載されていた情報がほとんど読み取れなくなる。
【0033】
次に本実施形態の効果について説明する。
本実施形態によれば、ホログラム12の模様に対応して白抜け状態のところが十分に生じるから、コピー防止効果に優れたコピー防止シート10を提供することができる。
また、本実施形態によればコピー防止シート10は、表示部21に貼り付けられた状態で表示部21を目視可能な透光性を有しているので、原本20の視認性にも優れる。
【0034】
<実施形態2>
本考案の実施形態2を図5および図6によって説明する。以下の説明において、実施形態1と同様の構成、作用効果について重複する記載は省略する。
本実施形態はホログラム12の模様が実施形態1とは相違する。本実施形態のコピー防止シート10に形成されたホログラム12は、実施形態1よりも細かいドット状の模様である(図5を参照)。本実施形態ではホログラム12の模様以外の構成は実施形態1と同様である。
【0035】
本実施形態のコピー防止シート10を実施形態1と同様に、原本20の所定箇所21に貼り付けて、コピー機により複写すると、図6に示すようにホログラム12の模様に対応する部分に白抜け状態のところ31が充分に生じる。その結果、原本20のコピーを防止したい部分21に記載されていた情報がほとんど読み取れなくなる。
本実施形態によれば、ホログラム12の模様が細かいドット状の模様なので、細かい字などで記載された事項のコピーを防止するのに特に有効である。
【0036】
<実施形態3>
本考案をコピー防止シートセット40に適用した実施形態3を図7ないし図9によって説明する。以下の説明において、実施形態1と同様の構成、作用効果について重複する記載は省略する。
本実施形態のコピー防止セット40は、実施形態1のコピー防止シート10と、このコピー防止シート10が貼り付けられる用紙41とからなる。
コピー防止シートが貼り付けられる用紙41としては、例えば、色上質紙のような着色された用紙41が用いられる(図7を参照)。
【0037】
着色された用紙41としては、コピー防止シート10とともに用いることでコピー防止効果が顕著に現れる色調に着色された用紙41が好ましい。具体的には、L値が50〜60でa値が0〜2.0でb値が0〜2.0の黒色系の用紙、L値が50〜60でa値が47〜49でb値が−7.0〜−5.0の赤色系の用紙、L値が60〜70でa値が3.0〜5.0でb値が25〜27の黄色系の用紙、およびL値が55〜65でa値が−22〜−20でb値が−35〜−33の青色系の用紙から選ばれる用紙が好ましい。ここで、L値、a値、b値とは、分光測色計(コニカミノルタ製、CM−3500d)により測定された値である。
【0038】
次に、本実施形態のコピー防止シートセット40の使用方法について説明する。
まず、印刷や手書き等の方法により、用紙41に情報を記載して情報が記載された書類20(原本20)を作製する。次に、コピー防止シート10を、少なくとも、原本20のうち、コピーを防止したい部分21を覆うように貼り付ける(図8を参照)。
【0039】
次に、コピー防止シート10を貼り付けた原本20をコピー機(図示せず)を用いて複写する。コピー防止シート10にはホログラム12が形成されているので、ホログラフィーの原理により、複写物30にはホログラム12の模様に対応して白抜け状態のところ31が生じる(図9を参照)。
【0040】
特に、本実施形態では、原本20を作成するための用紙41として着色された用紙41を用いるから、図9に示すように、複写物30においては、白抜け状態のところ31以外の部分32が原本よりも黒ずんで、コピーを防止したい部分21に記載されていた情報が読み取り不能となる。
本実施形態によれば、本考案のコピー防止シート10を着色された用紙41とともに用いることにより、コピー防止シート10を単独で用いた場合よりも、コピー防止効果が顕著に現れるのである。
【0041】
<他の実施形態>
本考案は上記記述及び図面によって説明した実施形態に限定されるものではなく、例えば次のような実施形態も本考案の技術的範囲に含まれる。
(1)上記実施形態では、フィルム11の一方の面11Aにエンボス加工を施すことにより形成されたホログラム12を備えるものを示したが、例えば、図10に示すように、フィルム11の下側の面に金属薄膜層13を積層してから、金属薄膜層13の下側の面13Aにエンボス加工を施すことにより形成されたホログラム12を備えるものであってもよい。
(2)上記実施形態では、三角形が多数描かれたものやドットが多数描かれたホログラム12を示したが、ホログラム12の模様は、亀甲柄や格子状のものなどであってもよい。
(3)上記実施形態では、剥離シート16を備えるコピー防止シート10を示したが、剥離シート16を備えないものであってもよい。
【0042】
10…コピー防止シート
11…フィルム
12…ホログラム
13…金属薄膜層
14…粘着剤層
15…空気の層(粘着剤層のない部分)
16…剥離シート
20…書類(原本)
21…表示部
40…コピー防止シートセット
41…用紙

(57)【要約】

【課題】コピー防止効果に優れ、かつ、原本の視認性に優れたコピー防止シートおよびコピー防止シートセットを提供する。【解決手段】特定の情報が表示される表示部に貼り付けられて表示部のコピーを防止するコピー防止シート10に関する。コピー防止シート10は、表示部に貼り付けられた状態で表示部を目視可能な透光性を有し、表示部に貼り付けられる粘着剤層14と金属薄膜層13とフィルム11とをこの順で重ねた構成である。フィルム11の金属薄膜層13側の面11A、または金属薄膜層13の粘着剤層14側の面13Aに、模様状をなすホログラム12が設けられている。粘着剤層14は、ホログラム12の模様に対応して部分的に設けられている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):