(54)【考案の名称】収納ケース

(73)【実用新案権者】株式会社マツモト

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、アルバムを収納する収納ケースに関する。

【従来の技術】

【0002】
アルバムを収納するケースは、搬送等の際に受ける外力によって、アルバムに変形や、疵が生じないようにアルバムを保護するために用いられ、その具体例が、例えば、特許文献1及び2に開示されている。
【0003】

【効果】

【0013】
請求項1〜8記載の収納ケースは、内側にアルバムが配置される空間部を有する弾力性のある発泡プラスチック製の緩衝枠体を備えるので、アルバムが空間部に配置された状態で収納ケースに外力が加わっても、その外力の一部又は全部が緩衝枠体に吸収され、アルバムに変形、破損等が生じるのを防止可能である。また、空間部には、アルバムの取り出し用の切欠き部が連接されているので、空間部に配置されたアルバムを取り出す際に、切欠き部に指を挿入し、アルバムの端部に指を掛け止めでき、アルバムを容易に取り出し可能である。
【0014】
特に、請求項2記載の収納ケースは、アルバムが、平面視して直角四角形であって、空間部は直方体に形成されているので、アルバムが緩衝枠体から部分的に大きな力を受けることなく空間部に収容可能である。
【0015】
請求項3記載の収納ケースは、空間部が、アルバムが配置されていない状態で、平面視して、縦、横がそれぞれ、アルバムの縦、横の長さと同じ長さ、あるいは、1mm以内の範囲で短く形成されているので、アルバムは、緩衝枠体と密着配置して角形の空間部に収容され、収納ケースの搬送により振動が生じても、緩衝枠体に対して変位せず、緩衝枠体への衝突による疵等の発生を防止可能である。
【0016】
請求項4記載の収納ケースは、表表紙の内側に、紙片を固定する固定部材が設けられているので、アルバムの内容に関連したメッセージカードや、写真を表表紙の内側に固定でき、カバー体を開いて、表表紙及び裏表紙の内側を見た者に、アルバムに関連したメッセージカード等を視認させる演出が可能である。
【0017】
請求項5記載の収納ケースは、固定部材が、直角四角形に形成された紙片の一の直角部が挿入される第1のコーナーポケットと、直角部の対角に配置された他の直角部が挿入される第2のコーナーポケットとを有するので、紙片の4つの直角部を固定する固定部材を採用するのに比べて、材料の使用量を削減し、かつ、紙片を確実に固定可能である。
【0018】
請求項6記載の収納ケースは、固定部材が、紙片の向かい合って配置された対となる隅部のうち一が挿入される第1のコーナーポケットと、他が挿入される第2のコーナーポケットとを有するので、紙片の4隅を固定するのに比べて、固定部材の製造に使用する材料を少なくした上で、紙片を確実に固定することが可能である。
【0019】
請求項7記載の収納ケースは、表表紙の内側に記憶媒体を収容する収容トレイが設けられているので、アルバムに関連した画像データ等を収録した記憶媒体をアルバムと共に収納ケースに収容でき、記憶媒体とアルバムを一体にした製品化が可能である。
【0020】
請求項8記載の収納ケースは、収容トレイには、光ディスクが配置される円型空間部を供える弾力性のある発泡プラスチック製の第2の緩衝枠体が設けられているので、光ディスクを外力から保護することができ、光ディスクの破損、疵の発生を防止可能である。また、光ディスクの取り外し用の切欠き部が設けられているので、収容トレイから光ディスクを取り出す際に、切欠き部に指を挿入して、光ディスクの端部に指を掛け止めでき、光ディスクを容易に取り出し可能である。
【図面の簡単な説明】
【0021】
【図1】本考案の第1の実施の形態に係る収納ケースを開いた状態の斜視図である。
【図2】本考案の第2の実施の形態に係る収納ケースを開いた状態の斜視図である。

【0022】
続いて、添付した図面を参照しつつ、本考案を具体化した実施の形態につき説明し、本考案の理解に供する。
図1に示すように、本考案の第1の実施の形態に係る収納ケース10は、(1)それぞれ直線辺を有する表表紙11及び裏表紙12と、表表紙11及び裏表紙12の直線辺を連結する背表紙13とを有するカバー体14と、(2)裏表紙12の内側に、裏表紙12の外周から隙間を有して貼着され、内側に平面視して直角四角形のアルバム15が取り出し可能に配置される角形空間部17(空間部の一例)、及び角形空間部17に連接し、アルバム15の取り出し用の切欠き部18を有する弾力性のある発泡プラスチック製の緩衝枠体20とを備えている。
【0023】
カバー体14は、表表紙11及び裏表紙12の内側を対向配置して閉じた状態で、角形空間部17に収容されたアルバム15を表表紙11及び裏表紙12で挟んで覆い、カバー体14に作用する外力からアルバム15を保護すると共に、表表紙11の裏表紙12に対する角度を広げて開いた状態で、アルバム15の出し入れを可能にする。なお、閉じた状態のカバー体14が開かないようにする周知の固定手段(例えば帯状のバンド)を閉じたカバー体14に取り付けることができる。
【0024】
カバー体14は、表表紙11、裏表紙12及び背表紙13の各芯材となる厚み1〜5mm(例えば2mm)の3片のダンボール紙を備え、外面(カバー体14が閉じた状態で外側に配置される面)の全体及び内面の外周領域を、芯材のダンボール紙に貼着された一枚のカバーシート21で覆われている。なお、カバーシート21は、ビニールレザー又は布で形成してもよいし、フィルムでコーティングされた化粧紙で形成してもよい。また、カバー体14の内側には、カバーシート21及び芯材のダンボール紙に貼り付けられ、紙又は布を素材とし、カバー体14の内面を装飾する一枚の見返し22が設けられている。
【0025】
カバー体14の表側のカバーシート21には、メッセージや模様を印刷することができ、見栄えのよい外観を演出可能である。
また、表表紙11と背表紙13及び裏表紙12と背表紙13の接合部は、カバーシート21及び見返し22を有して構成され、それぞれ折り目が形成されているので、表表紙11は、裏表紙12に対して容易に回動することができる。
【0026】
表表紙11及び裏表紙12は、それぞれ平面視して長さ250〜350mmの長辺、及び長さ120〜180mmの短辺から形成される長方形であり、表表紙11の一の長辺(直線辺)、及び裏表紙12の一の長辺(直線辺)は、それぞれ背表紙13を介して連結される。
【0027】
表表紙11の内側には、直角四角形の一例である長方形に形成された紙片23を固定する固定部材24が設けられている。そして、紙片23に、アルバム15に関連した内容の、例えば、メッセージカードや、写真等を採用することにより、カバー体14を開いた者が、角形空間部17に収容されているアルバム15とそのアルバム15に関連した内容の紙片23を一目で確認できるように、収納ケース10の内側を演出することが可能である。
固定部材24は、紙材や、透明色のビニール材等を素材として形成された第1、第2のコーナーポケット25、26を有し、第1のコーナーポケット25には、紙片23の4つの直角部のうち一の直角部が挿入され、第2のコーナーポケット26には、第1のコーナーポケット25に挿入される直角部の対角に配置された他の直角部が挿入される。
【0028】
裏表紙12の内側に見返し22を介して貼着された緩衝枠体20は、弾力性を有する発泡プラスチック、例えば発泡ポリウレタンにより形成されており、その厚みは、アルバム15の厚みよりも5mm以下の範囲で厚く、角形空間部17にアルバム15が収容された状態で、表表紙11又は裏表紙12に外力が加わっても、その外力の全てもしくは一部は、アルバム15に伝わらずに緩衝枠体20で吸収され、アルバム15の変形を防止することができる。
そして、緩衝枠体20を構成する四方の辺部は、平面視して1〜10cmの幅を有し、閉じられた状態のカバー体14の側部(表表紙11及び裏表紙12が配置されていない部分)に対して外力が加わっても、その外力の全てもしくは一部は、緩衝枠体20に吸収され、角形空間部17に配置されたアルバム15に変形が生じるのを防止する。
【0029】
また、角形空間部17は、直方体に形成され、アルバム15が配置されていない状態で、平面視して、縦、横がそれぞれ、アルバム15の縦、横の長さと同じ長さか、あるいは、1mm以内の範囲で短く形成されており、アルバム15は、緩衝枠体20に密着配置して角形空間部17に収容された状態となる。
従って、収納ケース10の搬送により振動が生じても、アルバム15は、角形空間部17内で変位せず、アルバム15に疵が発生するのを防止できる。なお、緩衝枠体20は収縮性を有しており、角形空間部17の縦、横がアルバム15に比べ短く形成されている場合、緩衝枠体20の内側、即ち角形空間部17を広げることができるので、アルバム15の角形空間部17への収容は、容易に行うことが可能である。
【0030】
角形空間部17に連接して切欠き部18が設けられているので、角形空間部17からのアルバム15の取り出しの際に、切欠き部18へ指を入れ、アルバム15の端部に指を掛け止めすることができ、アルバム15を容易に取り出すことが可能である。なお、切欠き部18は、角形空間部17に表表紙27を上にして配置されたアルバム15の、変形が生じにくい背表紙28に指を掛け止めできる位置に配置されており、アルバム15に掛け止めした指から加えられる力により、アルバム15に変形が生じるのを防止している。
【0031】
次に、本考案の第2の実施の形態に係る収納ケース40について説明する。
なお、収納ケース10と同一の構成要素については同一の符号を付して詳しい説明を省略する。
図2に示すように、収納ケース40には、表表紙11の内側に記憶媒体の一例である光ディスク42(例えばCD、DVD)を収容する収容トレイ43が設けられている。
【0032】
収容トレイ43には、内側に光ディスク42が配置される円形空間部44、及び円形空間部44に連接し、光ディスク42の取り外し用の切欠き部45を備える弾力性のある発泡プラスチック製の第2の緩衝枠体45aが設けられている。
円形空間部44は、光ディスク42の厚みより1〜5mmの範囲で深く、かつ、円形空間部44に配置された光ディスク42の外周部との間に、0.5〜4mmの範囲の隙間が設けられるように形成されている。
また、円形空間部44の中央には、表表紙11の内側に立設され、光ディスク42を固定するプラスチック製の固定突起部46が配置されている。
【0033】
そして、円形空間部44の外周部に連接して、切欠き部45が設けられているので、円形空間部44に収容された光ディスク42を円形空間部44から取り出す際、指を切欠き部45に挿入し、光ディスク42の端部に指を掛け止めできるので、光ディスク42を容易に取り出すことができる。また、第2の緩衝枠体45aは、発泡プラスチック製のため、弾力性を有し、円形空間部44に光ディスク42を配置した状態で外力が加わっても、その外力の一部又は全部を吸収することができ、光ディスク42の破損や、疵の発生を防止可能である。
表表紙11の内側には、収容トレイ43の配置領域と隙間を有して紙片47(例えば、メッセージカード、写真)を固定する固定部材48が設けられている。
固定部材48は、紙材や、透明色のビニール材で形成された第1、第2のコーナーポケット50、51を有し、第1のコーナーポケット50には、紙片47の4つの直角部のうち一の直角部が挿入され、第2のコーナーポケット51には、第1のコーナーポケット50に挿入される直角部の対角に配置された他の直角部が挿入される。
【0034】
また、表表紙11の内側には、紙片47の配置領域を間に挟んで収容トレイ43の配置領域とは反対側の位置に高さ調整部材52、53が設けられている。ここで、高さ調整部材52、53は、第2の緩衝枠体45aと同一の厚みを有し、収容トレイ43及び高さ調整部材52、53は、カバー体14が閉じられた状態で、緩衝枠体20を介して表表紙11と裏表紙12とを平行に保つので、表表紙11及び裏表紙12に変形が生じるのを防ぐことができる。
【0035】
以上、本考案の実施の形態を説明したが、本考案は、上記した形態に限定されるものでなく、要旨を逸脱しない条件の変更等は全て本考案の適用範囲である。
例えば、表表紙、裏表紙及び背表紙の芯材には、厚紙でなく合成樹脂を採用してもよく、また、表表紙の内側には、紙片を固定する固定部材を設けずに、光ディスクを収容する収容トレイのみを設けることもできる。
更に、本考案の実施の形態では、表表紙及び裏表紙を平面視して長方形に形成しているが、一の直線辺を備える他の形状であればよく、例えば、正方形、台形、三角形、半円に形成することもできる。
【0036】
そして、アルバムの形状についても、平面視して長方形に限らず、一の直線辺を備える他の形状であればよく、例えば、正方形、台形、三角形、半円に形成することができる。
また、記憶媒体としては、光ディスクではなく、USBメモリ、SDメモリカード、メモリスティックを採用することもできる。
また、紙片の形状は直角四角形に限らず、平行な対となる縦の直線辺と、丸みをおびて形成された隅部を介して縦の直線辺に連結され、縦の直線辺に垂直に配置された対となる横の直線辺とを有して形成されていてもよく、その場合、紙片の向かい合って配置された対となる隅部のうち一を第1のコーナーポケットに挿入し、他を第2のコーナーポケットに挿入して、紙片を固定することが可能である。
【0037】
10:収納ケース、11:表表紙、12:裏表紙、13:背表紙、14:カバー体、15:アルバム、17:角形空間部、18:切欠き部、20:緩衝枠体、21:カバーシート、22:見返し、23:紙片、24:固定部材、25:第1のコーナーポケット、26:第2のコーナーポケット、27:表表紙、28:背表紙、40:収納ケース、42:光ディスク、43:収容トレイ、44:円形空間部、45:切欠き部、45a:第2の緩衝枠体、46:固定突起部、47:紙片、48:固定部材、50:第1のコーナーポケット、51:第2のコーナーポケット、52、53:高さ調整部材



(57)【要約】

【課題】収納したアルバムに外力が伝わるのを抑制し、アルバムに変形が生じるのを防止する収納ケースを提供する。【解決手段】収納ケース10は、(1)それぞれ直線辺を有する表表紙11及び裏表紙12と、表表紙11及び裏表紙12の直線辺を連結する背表紙13とを有するカバー体14と、(2)裏表紙12の内側に、裏表紙12の外周から隙間を有して貼着され、内側にアルバム15が取り出し可能に配置される空間部17、及び空間部17に連接し、アルバム15の取り出し用の切欠き部18を有する弾力性のある発泡プラスチック製の緩衝枠体20とを備える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):