(54)【考案の名称】スポーツ用点灯表示器

(73)【実用新案権者】タマチ電機株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、スポーツ用点灯表示器、特に、スポーツの試合における進捗状況を表示するスコア等点灯表示器に関する。

【従来の技術】

【0002】
一般に、野球やサッカー、バスケットボール等のスポーツの試合においては、競技の勝敗の判断基準となる得点(スコア)や、ストライク数、ボール数といったカウント内容(審判の判定内容)を表示する必要がある。ところが、アマチュア野球や少年野球のような小規模な野球大会等が開催される競技場(野球場)は、スコア等の表示装置が完備されている施設ばかりではないので、かかる設備のない競技場でスコア等を表示する装置が必要とされている。
【0003】
特許文献1として、無線等の通信方式によって送信される内容に基づいてスコア等を表示する表示装置が開示されている。この特許文献1に開示されるスコア等の表示装置は、遠隔操作されるインジケータ装置及び、このインジケータ装置に入力された内容を受信して、この受信内容に基づいてスコア等をランプや発光ダイオード、液晶等によって表示する表示装置を備えている。試合の進行状況に応じてインジケータ装置が操作され、表示装置にスコア等が表示されるので、試合に参加している選手や、監督等の関係者、観戦している観客等に、試合の進捗状況を正確に把握させることができる。
【0004】

【効果】

【0018】
この考案によると、複数の発光ダイオードの発光方向が複数方向に設定されるので、発光ダイオードの指向性の高さに関わらず、発光ダイオードによる発光を複数方向から視認することができる。従って、スポーツに関する情報の表示を広角な範囲で正確に確認することができる。
【図面の簡単な説明】
【0019】
【図1】本考案に係る第1実施の形態に係るスポーツ用点灯表示器の概略を説明する図である。
【図2】本考案に係る第2実施の形態に係るスポーツ用点灯表示器の概略を説明する図である。
【図3】同じく、本考案に係る第2実施の形態に係る第1発光方向〜第3発光方向へ発光される発光ダイオードのそれぞれの指向性を概念的に説明する図である。
【図4】本考案に係る第1及び第2実施の形態の点灯表示器を用いたカウント数表示装置の概略を説明する図である。
【図5】同じく、本考案の点灯表示器を用いたカウント数表示装置の構造を説明するブロック図である。
【図6】同じく、本考案の点灯表示器を用いたカウント数表示装置の裏面の概略を説明する図である。

【0020】
(第1実施の形態)
次に、本考案に係るスポーツ用点灯表示器(以下、「点灯表示器」という)の実施の形態について、図1〜図3に基づいて詳細に説明する。
【0021】
図1(A)は、点灯表示器10の概略を説明する図であり、図1(B)は、図1(A)の矢線P方向から見た図である。図示のように、点灯表示器10は、円状に形成された基台12を備え、この基台12の設置面12aに、13基の発光ダイオード20が複数の発光方向、本実施の形態では5方向に向けて設置される。この5方向への発光ダイオード20の設置は、基台12の設置面12a上における取付ソケット14の構成によって、それらに装着される発光ダイオード20の発光方向が5方向に設定される。
【0022】
以下、取付ソケット14の基台12の設置面12a上における構成について、順次説明する。まず、第1の方向付けを行う取付ソケット14aは、基台12の中央領域において、基台12の上下方向において直線状に3基が配列される。そして、この取付ソケット14aは、発光ダイオード20aの実装面が基台12の設置面12aと平行に形成され、この実装面に発光ダイオード20aが取り付けられて、発光ダイオード20aの発光方向が設置面12aに対して直交する。
【0023】
第2の方向付けを行う取付ソケット14bは、基台12の中心位置に配置された取付ソケット14aに対して右側に隣接して1基が配置され、発光ダイオード20bの実装面が基台12の設置面12aに対して略15°傾斜して形成され、この実装面に発光ダイオード20bが取り付けられて、発光ダイオード20bの発光方向が基台12の正面に対して若干左方向に指向する。
【0024】
第3の方向付けを行う取付ソケット14cは、基台12の中心位置に配置された取付ソケット14aに対して左側に隣接して1基が配置され、発光ダイオード20cの実装面が基台12の設置面12aに対して略15°傾斜して形成され、この実装面に発光ダイオード20cが取り付けられて、発光ダイオード20cの発光方向が基台12の正面に対して若干右方向に指向する。
【0025】
第4の方向付けを行う取付ソケット14dは、基台12の正面に対して基台12の右方外周縁に沿って4基が配置され、発光ダイオード20dの実装面が基台12の設置面12aに対して略60°傾斜して形成され、この実装面に発光ダイオード20dが取り付けられて、発光ダイオード20dの発光方向が基台12の正面に対して左方向に指向する。
【0026】
取付ソケット14eは、基台12の正面に対して基台12の左方外周縁に沿って4基が配置され、発光ダイオード20eの実装面が基台12の設置面12aに対して略60°傾斜して形成され、この実装面に発光ダイオード20eが取り付けられて、発光ダイオード20eの発光方向が基台12の正面に対して右方向に指向する。
【0027】
そして、設置面12aの裏面である配線面12bにおいて、取付ソケット14a〜14eが、図示しない配線網によって電子的に接続されている。
【0028】
上記構成を備えた点灯表示器10を点灯させると、発光ダイオード20aの指向性により設定される第1の方向は、発光ダイオード20aの発光方向が設置面12aに対して直交する方向なので、第1の方向への発光は、点灯表示器10の正面に位置する選手や観衆に対する方向に発光される。第1の方向に位置する観衆等が認識する点灯表示器10の発光形状は、基台12の中央領域において略直線状に形成される。
【0029】
発光ダイオード20bの指向性により設定される第2の方向は、発光ダイオード20bの発光方向が基台12の正面に対して若干左方向に指向するので、第2の方向への発光は、点灯表示器10の正面から若干左に位置する選手や観衆に対する方向に発光される。同様に、第3の方向への発光ダイオード20cの発光により、点灯表示器10の正面から若干右に位置する選手や観衆に対する方向に発光される。第2及び第3の方向に位置する観衆等が認識する点灯表示器10の発光形状は、基台12の略中央において点状に形成される。
【0030】
発光ダイオード20dの指向性により設定される第4の方向は、発光ダイオード20dの発光方向が基台12の正面に対して左方向に指向するので、第4の方向への発光は、点灯表示器10の正面から左に位置する選手や観衆に対する方向に発光される。同様に、第5の方向への発光ダイオード20eの発光により、点灯表示器10の正面から右に位置する選手や観衆に対する方向に発光される。第4及び第5の方向に位置する観衆等が認識する点灯表示器10の発光形状は、基台12の左右において略三日月状に形成される。
【0031】
以上のような構成とすることにより、点灯表示器10によって、複数の発光ダイオード20a〜20eの発光方向が複数方向に設定されるので、発光ダイオード20a〜20eの指向性の高さに関わらず、発光ダイオード20a〜20eによる発光を複数方向から視認することができる。従って、スポーツのスコアやカウントを表示する装置に本点灯表示器10を用いることで、スコアやカウントの表示を広角な範囲で正確に確認することができる。また、発光ダイオード20a〜20eを基台12に対して複数の角度を設定して取り付けることで、発光ダイオード20a〜20eの発光方向を複数方向へ向けることができるので、簡易な構成によって製造コストを抑えた上で、複数の発光方向を設定することができる。
【0032】
(第2実施の形態)
次に、図2を参照して、本考案の第2実施の形態について説明する。図2(A)は、点灯表示器30の概略を説明する図であり、図2(B)は、図2(A)の矢線Q方向から見た図である。なお、図2において、図1と同様の要素には同一の符号を付し、その詳細な説明を省略する。
【0033】
図示のように、本実施の形態における点灯表示器30は、基台12の設置面12aに、21基の発光ダイオード20が複数の発光方向、本実施の形態では3方向に向けて設置される。この3方向への発光ダイオード20の設置は、第1実施の形態と同様、基台12の設置面12a上における取付ソケット14の構成によって実現される。
【0034】
取付ソケット14aは、基台12の中央領域において、基台12の上下方向及び幅方向において十字状に交差して5基が配列される。取付ソケット14dは、十字状に交差して配列された取付ソケット14aを内包して、環状に8基が配列される。この取付ソケット14dのうちの4基は、基台12の正面に対して基台12の左方外周縁に沿って配列される。取付ソケット14eは、十字状に交差して配列された取付ソケット14aを内包するとともに取付ソケット14dの環状配列と一部交錯して、環状に8基が配列される。この取付ソケット14eのうちの4基は、基台12の正面に対して基台12の右方外周縁に沿って配列される。
【0035】
そして、この取付ソケット14の実装面にそれぞれ、発光ダイオード20a及び20d、20eが取り付けられる。これら取付ソケット14a及び14d、14eの設置によって、取付ソケット14aの設置により、破線で示す第1発光方向K1が設定され、取付ソケット14dの設置により、二点鎖線で示す第2発光方向K2が設定され、取付ソケット14eの設置により、一点鎖線で示す第3発光方向K3が設定される。すなわち、1つの点灯表示器30からそれぞれ第1発光方向K1、第2発光方向K2、第3発光方向K3に向けて発光される。
【0036】
図3(A)〜(C)は、第1発光方向K1〜第3発光方向K3へ発光される発光ダイオード20a及び20d、20eのそれぞれの指向性を概念的に説明する図である。図3(A)で示すように、取付ソケット14aに取り付けられた発光ダイオード20aの指向性により設定される第1発光方向K1は、発光ダイオード20aの発光方向が設置面12aに対して直交する方向なので、第1発光方向K1への発光は、点Cで示すように、点灯表示器30の正面に位置する選手や観衆に対する方向に発光される。このとき、点灯表示器30による第1発光方向K1への発光形状は、取付ソケット14aの配列により略円形に形成される。
【0037】
図3(B)で示すように、取付ソケット14dに取り付けられた発光ダイオード20dの指向性により設定される第2発光方向K2は、発光ダイオード20dの発光方向が、設置面12aと直交する方向から設置面12aに対して傾斜して指向するので、第1発光方向K2への発光は、矢線Lで示すように、点灯表示器30の正面に対して左側に位置する選手や観衆に対する方向に発光される。このとき、点灯表示器30による第2発光方向K2への発光形状は、取付ソケット14dの配列により略円形に形成される。
【0038】
図3(C)で示すように、取付ソケット14eに取り付けられた発光ダイオード20eの指向性により設定される第3発光方向K3は、発光ダイオード20eの発光方向が、設置面12aと直交する方向から設置面12aに対して傾斜して指向するので、第3発光方向K3への発光は、矢線Rで示すように、点灯表示器30の正面に対して右側に位置する選手や観衆に対する方向に発光される。このとき、点灯表示器30による第3発光方向K3への発光形状は、取付ソケット14eの配列により略円形に形成される。
【0039】
上記構成を備えた点灯表示器30によれば、分類された発光方向毎に発光ダイオード20a及び20d、20eが同じ発光方向に向けて発光されるように設定されるので、比較的遠距離においても発光ダイオード20a及び20d、20eの発光を視認することができる。
【0040】
また、発光ダイオード20a及び20d、20eの発光方向が第1発光方向K1〜第3発光方向K3の複数方向に設定されるので、発光ダイオードの指向性の高さに関わらず、点灯表示器30による発光を第1発光方向K1〜第3発光方向K3の複数方向から視認することができる。従って、スポーツのスコアやカウントを表示する装置に本点灯表示器30を用いることで、点灯表示器30の正面に位置する選手や観衆がスコアの表示を確認することができるのみならず、第2発光方向K2への発光によって、点灯表示器30の正面に対して左側に位置する選手や観衆がスコアの表示を確認することができるとともに、第3発光方向K3への発光によって、点灯表示器30の正面に対して右側に位置する選手や観衆がスコアの表示を確認することができる。従って、スコアの表示を広角な範囲で正確に確認することができる。
【0041】
更に、第1発光方向K1〜第3発光方向K3に向けて発光される発光ダイオード20a及び20d、20eのいずれもが、基台12の設置面12aに略円形となるように配置されているので、点灯表示器30の正面から見ても、点灯表示器30の正面に対する左側から見ても、点灯表示器30の正面に対する右側から見ても、点灯表示器30の発光形状をいずれも略円形として視認できるように構成することができる。従って、視認性に優れるとともに、視覚的効果の向上を図ることが可能となる。
【0042】
(本考案の応用例)
次に、図4〜図6に基づいて、本考案に係る点灯表示器10または30を用いた野球のカウント(審判員の判定内容)数を表示するカウント数表示装置を例として、本考案の応用例を説明する。
【0043】
図4は、カウント数表示装置(以下、「表示装置」という)50の概略を説明する図である。図示のように、表示装置50は、ボックス状に形成された表示装置ケース52を備え、表示装置ケース52の前面となる部分に平板状に形成された表示パネル54を備えて形成される。表示装置ケース52の上部52aには、取っ手52bが取り付けられている。
【0044】
表示パネル54には、文字表示部54a及びカウント数表示部54bが形成され、文字表示部54aにはS、B、Oの文字が表示装置50の上下方向に配列される。S、B、Oはそれぞれストライク、ボール、アウトを表している。そして、カウント数表示部54bには、文字表示部54aの文字の内容に従った基数の点灯表示器10または30が配置されて、この点灯表示器10または30がライトカバーで被覆されている。
【0045】
図5は、表示装置50の構成の概略を説明するブロック図である。図示のように、表示装置50は、電源バッテリ59から電力が供給され、リモートコントローラ70の操作によってカウント数表示部54bの点灯及び消滅の操作が行われる。リモートコントローラ70は、ストライクボタン72a、ボールボタン72b、アウトボタン72cを備え、これらのボタン操作に対応する表示をカウント数表示部54bに表示させる。例えば、ストライクボタン72aが押された場合、リモートコントローラ制御回路74において操作内容が判別されてカウント数表示部54bのストライク部分の点灯表示器10または30を点灯させる指示がなされたことが認識され、この内容が、送信部76によって変調されて、送信信号として送信アンテナ78から電波として、表示装置50の受信アンテナ60に送信される。受信アンテナ60を介して受信部62により受信された送信信号は、受信部62によって復調されて、制御回路64によって、カウント数表示部54bの点灯として認識される。そして、この送信信号に基づいてカウント数表示部54bの点灯表示が実行される。ボールボタン72b、アウトボタン72cが押された場合も、ストライクボタン72aが押された場合と同じ処理が実行される。
【0046】
なお、表示装置50及びリモートコントローラ70の制御構成は、公知技術を適用したものであるので、これ以上の詳細な説明を省略する。
【0047】
図6は、表示装置50の裏面の概略を説明する図である。図示のように、表示装置ケース52の裏面となる部分に、表示装置50の前面となる部分に取り付けられた表示パネル54と対向して、補助表示部58が形成された平板状の補助表示パネル56が取り付けられる。この補助表示部58は、図6における表示装置50の裏面からの正面視に対する左側に、ストライク、ボール、アウトを表すS、B、Oの文字が配列され、S、B、Oの文字の内容に従った個数の発光ダイオード58aが配置される。補助表示部58の発光ダイオード58aの点灯は、カウント数表示部54bの点灯表示器10または30の発光と連動するように制御されている。
【0048】
以上のような構成とすることにより、表示装置50は、リモートコントローラ70で無線による遠隔操作が可能なので、操作性に優れる。また、表示装置50の裏面には、補助表示部58が形成された補助表パネル56が取り付けられているので、表示装置50のカウント数表示部54bを直接視認せずに、表示装置50の裏面から補助表示部56を確認してリモートコントローラ70によって遠隔操作することが可能となるので、操作性の更なる向上を図ることができる。
【0049】
更に、表示装置ケース52の上部52aには取っ手52bが取り付けられているので、表示装置50を簡易に持ち運ぶことが可能であり、カウント数やスコア等の表示装置が完備されていない施設にも簡易に持ち込んで使用することができる。また、電源バッテリ59を充電式のバッテリとすることで、電力供給を確保することが困難な屋外設備においても使用することが可能である。
【0050】
なお、本考案は上記実施の形態及び応用例に限定されることはなく、考案の趣旨を逸脱しない範囲で種々変更可能である。上記第1及び第2実施の形態では、取付ソケット14a〜14eにおける発光ダイオード20a〜20eの実装面を平板状の基台12の設置面12aに対して平行としたり、傾斜させたりすることで発光ダイオード20a〜20eの発光方向を複数方向に設定することを説明したが、例えば、基台12を平板状ではなく曲面状にしたり複数の凹凸を有する形状にしたりすることで発光ダイオード20a〜20eの発光方向を複数方向に設定するように構成してもよい。
【0051】
また、上記第2実施の形態では、第1発光方向K1に5基の取付ソケット14aを設定し、第2発光方向K2及び第3発光方向K3にそれぞれ8基の取付ソケット14d、14eを設定した場合を示したが、いずれの発光方向においてもほぼ同数となるように取付ソケットの数を設定してもよい。これにより、各グループに属する発光ダイオードの光量を略均一化することができるので、視認性及び視覚的効果に優れる。
【0052】
更に、上記第2実施の形態では、発光方向が第1発光方向K1〜第3発光方向K3の3方向に設定された場合を示したが、3方向のみに限定されるものではなく、スポーツの内容によって適宜変更することが可能である。また、上記第2実施の形態では、第2発光方向K2が点灯表示器30の正面に対する左側に設定され、第3発光方向K3が点灯表示器30の正面に対する右側に設定された場合を例として説明したが、第2発光方向K2及び第3発光方向K3を第1発光方向K1に対して上下方向に指向させて設定してもよい。
【0053】
また、上記応用例では、表示装置50が野球のカウント数を表示するものである場合を例として説明したが、例えば、テニスの第1セットから第3セットまでの勝敗を表示する場合にも使用できる。その他これに類似する使用方法であれば、スポーツの内容に限定されるものではない。
【0054】
上記応用例では、カウント数表示部54bの発光色について具体的な指定をしていないが、例えば、ストライクは黄色、ボールは緑色、アウトは赤色のように、発光色をカウントの種類に応じて変えてもよい。
【0055】
また、表示装置50の構成部材間の接合部分、例えば、表示装置ケース52と表示パネル54の接合部分に水の浸入を防ぐパネル等のシーリング部材を設けて、防水機能を具備させることも可能である。このとき、電源バッテリ59や制御回路64をカバー等により被覆して二重構造として、防水機能を向上させることもできる。
【0056】
10 点灯表示器
12 基台
12a 設置面
14 取付ソケット
20 発光ダイオード
30 点灯表示器
50 カウント数表示装置
52 表示装置ケース
54 表示パネル
54a 文字表示部
54b カウント数表示部
56 補助表示パネル
58 補助表示部
70 リモートコントローラ
KI 第1発光方向
K2 第2発光方向
K3 第3発光方向

(57)【要約】

【課題】広角な範囲で表示内容を正確に確認できるスポーツ用点灯表示器を提供する。【解決手段】基台に複数の発光ダイオードが設置されて発光ダイオードの点灯によってスポーツに関する情報を表示するスポーツ用点灯表示器において、複数の発光ダイオードは、複数の発光ダイオードの発光方向が複数方向に設定される。かかる構成によって、複数の発光ダイオードの発光方向が複数方向に設定されるので、発光ダイオードの指向性の高さに関わらず、発光ダイオードによる発光を複数方向から視認することができる。従って、スコアの表示を広角な範囲で正確に確認することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):