(54)【考案の名称】発光傘

(73)【実用新案権者】源太洋傘工業股▲分▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、特に発光可能な傘に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
通常、パラソルや雨傘など従来の傘は、石突を有する中棒と、該中棒に設けられる上ろくろ及び下ろくろと、先端に露先が取り付けられ、該上ろくろに枢設される親骨と、該下ろくろに枢設される受け骨と、該親骨に張設される生布とを有するものであり、更に、雨の時における雨傘の使用上の安全性を向上させ、又はパラソルの美観を向上させるために、前記石突又は露先に発光部材を設けることができる。

【効果】

【0017】
本考案は上記の課題を解決するものであり、発光部材を用いて生布を発光させるので、より安全性及び美観を向上させることができる。
【0018】
以下、添付図面を参照して本考案の好適な実施の形態を詳細に説明する。尚、下記実施例は、本考案の好適な実施の形態を示したものにすぎず、本考案の技術的範囲は、下記実施例そのものに何ら限定されるものではない。
【0019】
図1は本考案に係る発光傘の斜視図であり、図2は本考案に係る発光傘の部分斜視図であり、図3は本考案に係る発光傘の部分断面図であり、図4は本考案に係る発光傘の他の実施例の斜視図であり、図5は本考案に係る発光傘の部分分解斜視図であり、図6は本考案に係る発光傘の部分側面図である。
【0020】
図1乃至図3に示すように、本考案に係る発光傘は、骨組みと、生布(60)と、少なくとも1つの接続ワイヤ(70)と、複数の発光部材(80)と、少なくとも1つの電源部材とを有するものである。
【0021】
その内、骨組みは、中棒(10)と、上ろくろ(20)と、下ろくろ(30)と、複数の親骨(40)と、該複数の親骨(40)と同数の受け骨(50)とを有するものであり、
前記中棒(10)は、先端に石突(11)が形成され、末端に取っ手(12)が設けられる細長い筒であり、
前記上ろくろ(20)は、前記中棒(10)における石突(11)の近傍に設けられ、該上ろくろ(20)の外周壁に所定の間隔で放射状に複数の枢設溝が凹設されるものであり、
前記下ろくろ(30)は、前記中棒(10)上における、前記上ろくろ(20)と取っ手(12)との間に摺動可能に取り付けられ、該下ろくろ(30)の外周壁に所定の間隔で放射状に複数の枢設溝が凹設されるものであり、
前記各親骨(40)は、先端(42)と、前記上ろくろ(20)に枢設される末端(41)と、該末端(41)と先端(42)との間に設けられる枢設部材(43)とを有し、放射状に該上ろくろ(20)に枢設されると共に、該各親骨(40)の先端(42)に露先(44)が設けられるものであり、
前記各受け骨(50)は、前記上ろくろ(20)に枢設される末端(51)と、前記枢設部材(43)に枢設される先端(52)とを有し、放射状に前記下ろくろ(30)に枢設され、前記下ろくろ(30)を上ろくろ(20)と取っ手(12)との間において摺動させることにより、前記複数の親骨(40)及び受け骨(50)を開閉させるものである。
【0022】
前記生布(60)は、前記骨組みに張設されると共に、本体(61)と、複数のスリーブ(64)とを備え、その内、本体(61)は、該骨組みに固定される中央部と骨組みに固定される周縁(63)とを有し、該複数のスリーブ(64)は、該本体(61)の中央部と周縁(63)との間に設置される。
【0023】
尚、前記本体(61)の中央部を前記骨組みに固定させるには、例えば、該本体(61)の中央部に固定孔を形成し、該固定孔の周辺を挟持するように、前記石突(11)を中棒(10)の先端に螺合させれなよい。一方、前記本体(61)の周縁(63)を前記骨組みに固定させるには、該本体(61)の周縁(63)を前記親骨(40)の先端(42)に固定させるればよい。尚、前記本体(61)の周縁(63)を親骨(40)の先端(42)に設けられる露先(44)に縫着させてもよい。
【0024】
前記各スリーブ(64)は、少なくとも1つの孔(641)を有し、前記本体(61)の一部を縫合してなる細長いパイプ状を呈するものであり、該複数のスリーブ(64)は放射状に配置されてもよく、特に前記親骨(40)と対応する位置に配置されるのが好ましい。即ち、前記生布(60)の本体(61)における、少なくとも1つの親骨(40)の両側と対応する部分を互いに縫合することにより、縫合された箇所の間に、前記パイプ状のスリーブ(64)を形成させる。尚、前記孔(641)は、スリーブ(64)に貫穿されるものであってもよく、図4に示すように、前記放射状の配置と異なる視覚効果を提供するために、前記複数のスリーブ(64)を組み合わせて、生布(60)上においてリング状に配置させても構わない。
【0025】
図5及び図6に示すように、少なくとも1つの接続ワイヤ(70)は、複数のスリーブ(64)の内部に設けられるものである。尚、本考案に係る発光傘は、1つの接続ワイヤ(70)を有するものであってもよいが、複数の接続ワイヤ(70)を有するものであっても構わない。
【0026】
また、単一の接続ワイヤ(70)を用いた実施例においては、本考案に係る発光傘は、1つの電源部材と、前記複数のスリーブ(64)の内部に湾曲状に設けられると共に、該電源部材と電気接続されるように、前記中棒(10)の内部まで延設される1本の接続ワイヤ(70)とを有する。
一方、複数本の接続ワイヤ(70)を有する実施例においては、本考案に係る発光傘は、1つの電源部材と、前記複数のスリーブ(64)の内部に夫々設けられると共に、該電源部材と電気接続されるように、前記中棒(10)の内部まで延設される複数本の接続ワイヤ(70)とを有する。
【0027】
更に、前記複数本の接続ワイヤ(70)を有する実施例においては、前記複数本の接続ワイヤ(70)を湾曲させて前記複数のスリーブ(64)の内部に設けられ、図4に示すように、前記複数のスリーブ(64)が放射状以外の形状に配置されても、前記接続ワイヤ(70)は前記複数のスリーブ(64)の内部に配置される。
【0028】
前記複数の発光部材(80)は、前記接続ワイヤ(70)と電気接続され、前記スリーブ(64)の孔(641)から露出される。そして、電気が前記接続ワイヤ(70)に供給されて、前記複数の発光部材(80)が発光した時、該複数の発光部材(80)から発射された光線は、該スリーブ(64)の孔(641)から照射されるので、使用上の安全性が高いとともに、傘の美観を向上させることができる。尚、前記発光部材(80)は、発光ダイオードであることが好ましい。
【0029】
前記少なくとも1つの電源部材は、前記複数の発光部材(80)に電気を供給するために、前記接続ワイヤ(70)と電気接続されるものである。尚、この電源部材に関する、例えばスイッチの設置などの技術は周知技術であるので、その説明を省略する。
【0030】
また、前記電源部材は、前記中棒(10)の内部に設けられるものであってもよいが、前記電源部材は、前記取っ手(12)の内部に設けられる電池であることが好ましい。さらに、前記電源部材である電池が完全に消耗した場合には、新品の電池と交換し、継続的に使用することができる。図4に示すように、接続ワイヤ(70)が、放射状以外の形状に配置されるスリーブ(64)の内部に設けられる実施例においては、発光部材(80)を有しない接続線(図示せず)を用いて、該接続ワイヤ(70)と中棒(10)の内部に設けられる電源部材とを電気接続させることができる。
【産業上の利用可能性】
【0031】
本考案は上記の構成を有するので、生布を発光させることができると共に、使用安全性及び美観に優れた傘を提供するものである。

(57)【要約】

【課題】特に生布を発光させることができると共に、安全性及び美観に優れた傘を提供する。【解決手段】骨組みと、前記骨組みに固定される中央部と該骨組みに固定される周縁とを有する本体と、少なくとも1つの孔を有し、該本体の中央部と周縁との間に位置すると共に、該本体の一部を縫合してなる細長いパイプ状を呈する複数のスリーブとを備える、骨組みに張設される生布と、前記複数のスリーブの内部に設けられる少なくとも1つの接続ワイヤと、前記接続ワイヤと電気接続され、前記スリーブの孔から露出する複数の発光部材と、前記複数の発光部材に電気を供給するため、前記接続ワイヤと電気接続される少なくとも1つの電源部材とを有することを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):