(54)【考案の名称】ハガキ

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はハガキの構造に関し、特にプレス型で切断した図案を折ってハガキを直立させて、鑑賞可能なハガキの構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
ハガキは、大変便利なメッセージを伝える手段である。伝統的なハガキのサイズは10cm×15cmの一枚の紙片であり、正面に切手を貼り、受取人の名前や住所を書き、背面にメッセージを書く。ハガキは書いた内容を隠すことができないため、多くは挨拶言葉だけである。
【0003】
また、各国や地域では観光業を押し広めるために、絵ハガキが作られている。絵ハガキは当地の風景を見ることができるが、光透過性のあるフィルムを背面一面に貼るため、正面はメッセージと切手や宛名書き欄で二分されて、メッセージスペースが大幅に縮小されるため、ハガキとしての主な機能が削減されるため、更なる改善が必要であった。
【0004】

【効果】

【0007】
本考案は、光透過フィルム及び二枚のケント紙、及びプレス型によって切断した切り起し片により、ハガキを直立させて鑑賞することができ、特に絵ハガキなどに適する。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】本考案実施例の立体外観図である。
【図2】本考案実施例の部品分解図である。
【図3】本考案実施例のメッセージスペースの状態図である。
【図4】本考案実施例のメッセージスペースの状態図である。
【図5】本考案実施例の使用状態略図である。

【0009】
本考案によるハガキの構造を明確に示すために図に沿って詳細な説明を行う。
図1、図2に示すのは本考案のハガキ1であり、それに含まれるのは二枚のケント紙11、13及び光透過フィルム12である。二枚のケント紙11、13はそれぞれ前頁ケント紙及び後頁ケント紙を構成する。該前頁ケント紙11と後頁ケント紙13の相対応する箇所に開口111、131を設け、該前頁ケント紙11の正面の開口111の下方にメッセージを書くスペース112を設け、後頁ケント紙13の背面の開口131の下方にプレス型で切断した図案132がおよそ対照的に相対する二つの三角形を形成し、該二つの三角形の底辺及び斜辺を切開する。該底辺はやや上向きに上がり、斜辺と交わる箇所に角1321を形成する。該二つの三角形の垂直辺は未切開の連結部分1322を呈し、該連結部分1322の中下段にそれぞれアーチ型切込みを設け、それの中央部分に横向きに底辺がハガキ本体と連結する長方形のストッパー1323を設ける。更に、該光透過フィルム12に各地の風景などをプリントすると共に、ケント紙前頁11及び後頁13の間に挟み、開口111、131と合わせて設けるため、三者が一体となり、光透過フィルム12はケント紙前後頁11、13に開けた開口111、131によって、外部からも見えるようにする。
【0010】
図3に示すように、使用する際、ケント紙前頁11にあるスペース112にメッセージを書き、該ケント紙後頁13の切起し片132の上部に受取人の名前と住所を書く。図4に示すように、差出人がハガキ1を投函すると、受取人は、このハガキ1を受け取った後、ケント紙後頁13にある切起し片132の二つの連結部分1322を起こし、相対する二つの三角形を折ってから長方形のストッパー1323を折る。長方形のストッパー1323の両端は二つの連結部分1322の中下段に設けるアーチ型切込みに掛合する。よって、ハガキ1は背部にある切起し片132を折ってできる三角形底部にある角1321によって立つことができ、鑑賞する目的に達する。
【0011】
本考案が具有するメリットは:
・ 風景の図案を光透過フィルムにプリントするため、異なる材質を使うことで、絵ハガキが異なったビジュアル感覚を与える。
・ 該ケント紙の後頁に設ける切起し片で形成する連結部分及び長方形ストッパーにより、ハガキを立たせて鑑賞できる。
【0012】
以上の実施例による本考案の詳細な説明は本考案の範囲を制限するものではない。本技術に熟知する者が、本考案の範囲内にて行う変更や調整を行っても、本考案の重要な意義は失われず、本考案の範囲に含まれる。

【0013】
1. ハガキ
11 ケント紙前頁
111 開口
112 メッセージ書くスペース
13 ケント紙後頁
131 開口
132 切起し片
1321 角
1322 連結部分
1322 ストッパー
12 光透過フィルム

(57)【要約】

【課題】直立して鑑賞可能な絵ハガキを構成する。 【解決手段】前頁ケント紙11、後頁ケント紙13及び該光透過フィルム12により構成し、前・後ケント紙には相対して開口111、131を設け、写真や図案などを表示した光透過フィルム12を前・後ケント紙に挟んで、該開口から表示する。後ケント紙には中央に間隔を設けて一対の切起し片を折り返し可能に左右対称に切り込みを設けて形成すると共に該間隔部中央に同様に切り込みを設けて折り返し可能に連結部1322を設ける。前、後ケント紙はそれぞれ張り合わせて一体化されてはがきを構成すると共に、切り欠き開口部下方をそれぞれメッセージ欄及び宛名書欄とし、直立支持片を切り起こして鑑賞する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):