(54)【考案の名称】ブックバインダー

(73)【実用新案権者】株式会社メイルリバー

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
表紙の前縁部を差し込む挿入部,相互に連結する連結材,ならびに,書籍と接触する所定部に滑り止め構造を備える,分離した一対のバインダーにより構成し,挿入部に表裏それぞれの表紙の前縁部を差し込んで装着し,表紙間を連結材により緩み無く閉じることにより,多様なサイズの書籍に適用可能,かつ,表紙の開き,ページの捩れ,バインダーの脱落などが防がれ,書籍の自立を可能とする,ブックバインダー。

【従来の技術】

【0002】
小さな書籍は別として,一般的な書籍は本立てや壁に立てかけておくと,ページが捩れて書籍が折れ曲がって倒れたり,カバンの中でページが捲れて損傷したりすることが多い。これは書籍の表表紙と裏表紙の間が開いてページが捩れるためであり,これを防ぐためには,倒れ防止構造の本立てを用いたり,特殊なブックカバーやブックケースで覆うなどが必要であり,特殊な本立て,ブックカバー,ケースなどが種々提案されているが,いずれも多様なサイズの書籍への対応に難点を抱えており,多様なサイズの書籍に適用でき,書籍の自立を可能にする,小型,軽量,操作が簡単なツールが求められている。

【効果】

【0005】
バインダーの挿入部に書籍の表裏それぞれの表紙の前縁部を差し込んでバインダーを装着し,表紙間を連結材により緩み無く閉じる極めて簡単な操作で,多様なサイズの書籍への適用が可能,かつ,書籍の表紙の開きやページの捩れを防止するため,書籍の天,または地を底面として書籍を自立させることが出来,携帯時にページが捲れて書籍が損傷するトラブルを防ぐことが出来るとともに,連結材を開放した状態ではバインダーを装着したままで読書が可能,かつ,滑り止め構造により書籍からベースの脱落が防がれるなど,小型,軽量,操作が簡単なブックバインダーが実現される。
【0006】
図1に本考案によるブックバインダーを書籍に装着した状態を示す。1は書籍の表表紙,2は裏表紙,3,4はバインダー,5は連結材を示す。表裏の表紙はバインダーならびに連結材で書籍の表紙間を緩み無く引き締めて連結するため,表紙が開いたり,ページが捩れることは無い。図2はバインダー3,4の概略構成図を示し,8は書籍の表紙を差し込む隙間,9は差し込んだ表紙を押圧してバインダーのズレを防ぐ滑り止め構造を示す。5,6は多様なサイズの書籍の厚さに対応するために,面ファスナーなどで構成する連結材を示し,5はベルト状,6は受け側の面ファスナーであり,ベルトにより書籍の厚さに適合させる。
【0007】
図3はバインダーを装着した書籍が開いた状態を示し,このようにしてバインダーを装着した状態で読書が出来る。図4はバインダーを装着して表紙を閉じた状態で,書籍に接触する部分に滑り止め材7を取り付けた構成を示す。書籍を閉じた状態では,滑り止め材は書籍に押圧接触されるため,バインダーの書籍からの脱落を防ぐ。
【0008】
上記するように,バインダーは分離して一対構成されることにより,書籍のサイズに影響され難く多様なサイズの書籍に適用が可能であるとともに,連結材で引き締めて緩み無く閉じられた書籍は直方体形状となるため,特別な本立てが無い場合でも書籍は自立出来るため,机の上に大きな本立てを設置する必要は無く机のスペースを有効に利用することが出来る。また,携帯時にページが捲れて書籍が損傷するトラブルを防ぐことが出来るとともに,バインダーの連結を解除した状態では,バインダーを装着したままで読書が出来,読み終わったら再度連結して,机の上に立てておけば良いなど,小型,軽量,操作が簡単である。
【0009】
バインダーは出来る限り書籍の表紙のデザインが見えるように,透明なアクリル樹脂を使用し,幅×長×厚さ=80×50×0.3mm,滑り止め材はシリコンスポンジ1.0mm厚,連結材は幅×長×厚さ=10×70×2mmの面ファスナーを使用した。バインダー材としては,塩化ビニール,ナイロンなど各種の樹脂,アルミ,リン青銅などの金属,滑り止め材はシリコンゴム,エラストマーなどの多用な素材の使用が可能であり,連結材は連結長さの調節が可能なベルト,鎖など多様構成が考えられる。また,滑り止め構造としては,押圧突起に限らず板バネでも良く,滑り止め材と滑り止め押圧のどちらか一方,または両方を併用することも可能であるなど,使用する素材,各種デイメンジョン,形状などに関しては,本考案の趣旨を逸脱しない範囲であれば種々変形実施が可能である。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】本考案によるブックバインダーを書籍に装着した状態を示す概念図を示す。
【図2】バインダーを装着した書籍を開いた状態の概念図を示す。
【図3】バインダーの構成斜視図を示す。
【図4】バインダーの構成斜視図の別の例を示す。

1 表表紙
2 裏表紙
3 バインダー
4 バインダー
5 連結材
6 連結材
7 滑り止め材
8 挿入部
9 滑り止め押圧

(57)【要約】

【課題】書籍の表紙の開き、ページが捩れるなどの課題を、多様な書籍サイズへの適応が可能で、小型、軽量、操作が簡単な構造で解決し、特別な本立てが無い場所でも、書籍を自立させることが出来、携帯時にページが捲れて書籍が損傷するトラブルを防ぐことが出来るとともに、連結材を開放した状態ではバインダーを装着したままで読書が可能なブックバインダーを提供する。【解決手段】表紙の前縁部に差し込む挿入部、相互に連結する連結材、ならびに、書籍と接触する所定部に滑り止め構造を備える、分離した一対のバインダーにより構成し、挿入部に表裏それぞれの表紙の前縁部を差し込んでバインダーを装着し、表紙間を連結材により緩み無く閉じる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):