(54)【考案の名称】ブックカバー

(51)【国際特許分類】

B42D 3/00 本の表紙

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ブックカバーに関し、更に詳しくは、装着が簡単で外れにくく、かつ本の表紙を傷めないブックカバーに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来のブックカバーであって、店頭で装着してくれるものの場合、一枚の紙の上下を内側に折り畳んで本の縦幅に合わせると共にこの左右を内側に折り畳んで表表紙と背表紙及び裏表紙の横幅に合わせたのち、この左右の折り畳みの部分に表表紙と裏表紙の先を差し込んで装着する方式のものが一般的である。
【0003】
しかし、この装着方式は、購入した本にだけ使用されるものであって、一般には使い捨てとなり、また、表紙からブックカバーが外れ易いという欠点がある。
【0004】
また、上記ブックカバーの場合、購入者の希望する絵柄と云うよりも、ブックセンターの店名とかブックセンターの絵柄が用いられていて、個性に乏しいと共に使い捨て方式は省資源の立場からは賛同できない。
【0005】
その他、市販のブックカバーとして、実用新案登録第3084758号公報には、本の厚みが変わってもそれに対応して良好にカバーを行うことができ、装着作業が容易、簡単で取り外しも容易にできるブックカバーとして、本20の表表紙21から背表紙22を経て裏表紙23までを被うブックカバーであって、本体シート10の裏面の一端側に表表紙21と裏表紙23の何れか一方を挿入させるための表紙差込用ポケット部11を、該シート10の裏面の途中位置に他方の表紙を挿通させるための表紙挿通用帯部12を設け、本体シート10の他端側には他方の表紙を越える部分を表紙の裏側へ折り曲げて表紙挿通用帯部12に差し込み、係止するための折り曲げ用余剰部13を設け、且つ表紙挿通用帯部12と折り曲げ用余剰部13との間の本体シート10に、折り曲げ用余剰部13の折り曲げを容易にする折り曲げ補助手段14を設けた内容のものが紹介されている。
【0006】
しかし、この公知例のブックカバーの場合、カバーに折り曲げ補助手段を設けたり、表紙挿通用帯部を設けたりしていることから、製作に手間とコストがかかり、また本の大きさに対してカバーのサイズはそれぞれ適合させる必要があり、カバーの種類が多くなるという問題がある。
【0007】
【非特許文献1】実用新案登録第3084758号公報

【考案が解決しようとする課題】
【0008】
本考案は叙上の如き問題に鑑みて提供されるものであって、その目的は、装着がしやすく、実用においては外れにくく、同一の大きさの本に対しては使い廻しが利き、個人の個性に合わせた絵柄や色彩を選択して使用でき、極めてシンプルな構造のために安価に提供できるブックカバーを提供することである。

【効果】

【0014】
請求項1に記載のブックカバーによると、ブックカバーは、上下端縁が一定の幅で内側に折り畳まれて二重構造となっているため、特に損傷しやすい本の表紙の上下縁を保護することができる効果がある。
【0015】
また、本考案のブックカバーは、本の大きさに合わせてその両サイド側を内側に折り畳み、この折り畳まれたところに露出したスリットから内部へ表紙の先を挿し込むことにより本に装着するため、装着が簡単であると共に一旦装着したあとはしっかりと本をカバーして外れにくい効果がある。
【0016】
次に、請求項2に記載のブックカバーは、布又は合成皮革、又は本革の質感がブックカバー及び本自体の高級感を演出し、更に素材の耐久性の特徴により使い廻しができるため、省資源に寄与することができる効果がある。
【0017】
次に、請求項3に記載のブックカバーは、本の大きさに合わせて折り畳み易いと共に折り目が奇麗に出て体裁が良くなる効果がある。
【0018】
次に、請求項1〜3に記載のブックカバーは、所有者の好みに合わせて任意の絵柄や色彩を施すことにより、他のブックカバーとの差別化や本の区別化を図ることができる効果がある。
【0019】
次に、請求項4に記載のブックカバーは、左右の折り畳み部を内側に接着固定できるため、表紙とカバーが密着して表紙からカバーが浮いたりせず体裁が良く、また表紙を傷めない効果がある。
【0020】
次に、請求項5に記載のブックカバーは、本のタイトルがブックカバーの外から目視できるため、便利である。
【0021】
次に、請求項1〜4に記載のブックカバーは、構造がシンプルのため、安価に提供できると共に使い廻しもできるために、省資源化にも寄与できる効果がある。
【図面の簡単な説明】
【0022】
【図1】請求項1に記載した紙製ブックカバーの展開説明図である。
【図2】カバーシートの上下端に形成した折り畳み手段に沿って上下縁側を折り畳んでいる状態の説明図である。
【図3】カバーシートの左右両端側を折り畳み手段に沿って内側に折り畳んでいる状態の説明図である。
【図4】本考案のブックカバーを本に装着している状態の説明図である。
【図5】請求項2に記載した革製ブックカバーを展開した状態の説明図である。
【図6】革製ブックカバーにおいて、その左右両端側を本の大きさに合わせて折り畳んでいる状態の説明図である。
【図7】ブックカバーの折り畳み部の内側に接着手段を設けた状態の説明図である。
【図8】ブックカバーの折り畳み部の内側に沿って接着手段を設けた状態の説明図である。
【図9】背表紙のタイトル部分を透視できるように窓を形成して成るブックカバーの説明図である。

(57)【要約】

【課題】装着がしやすく、実用においては外れにくく、同一の大きさの本に対しては使い廻しが利き、個人の個性に合わせた絵柄や色彩を選択して使用できる、極めてシンプルな構造で安価なブックカバーを提供する。【解決手段】横長の紙製カバーシート1の上下縁より少し内側には内向きに折り畳むための内向き折り畳み手段をそれぞれ設けると共に前記カバーシート1の左右端縁から少し内側に入った位置に前記内向きの折り畳み手段に上下端を可及的に接近させて表紙差し込み用のスリット4、4aを設ける。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):