(54)【考案の名称】メッセージ用紙

(73)【実用新案権者】吉田道路株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、生者から死者へのメッセージや死者に対する哀惜の辞を記して死者や遺族に捧げるメッセージ用紙に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
葬儀に際し弔辞を読み上げた後、それをしたためた奉書を祭壇に捧げることや入棺に際して生花と共に生前死者が好んでいた身の回り品などを棺に入れることは、一般的に行われていることである。また、葬儀に際し、遺族宛に弔電や弔文を送ることも広く行われている。
【0003】
弔辞は死者へのメッセージを内容としているものが多いが、多くの人が弔辞を読むことはなく、死者に親しかった人の一人が代表して弔辞をしたためるのが普通である。

【効果】

【0012】
この考案のメッセージ用紙は、葬儀の際に、遺族や親しい友人に配ってメッセージを記載してもらい、それを生花などと共に棺に入れて送出す。これにより、メッセージを記した多数の人に、死者に対する感謝と冥福を祈る心を深めることができ、幾らかでも悲しみが癒やされて、心の平安が得られる。
【0013】
葉は、葉肉を取り除いて葉脈だけにすると、腐食や病虫害を避けることができ、容易に平坦な形状にできるので、紙面への貼付も容易である。また、菩提樹の葉脈は、いわゆる網状脈であり、ハート形の形状とあいまって、紙面に貼付することにより、紙面に優れた装飾を付与することができる。
【0014】
また、釈迦が印度菩提樹の原名であるピッパラ樹の下で悟を開いたということから、ピッパラ樹はそれ以後、サンスクリット語で悟を意味する「ボディ」の樹と呼ばれるようになり、「ボディ」が「菩提」になったと考えられており、印度菩提樹は、悟りや死後の冥福を象徴する木となっていることから、印度菩提樹の葉で装飾したメッセージ用紙は、死者の冥福を祈りながら、死者への感謝と惜別の情を記す用紙として最適であり、極めて有用である。

(57)【要約】

【課題】葬儀に際し、死者や遺族に対する感謝や惜別の情を書き記すのに最適なメッセージ用紙を提供する。【解決手段】菩提樹の葉の葉脈を貼付して紙面を装飾したメッセージ用紙である。菩提樹の葉としては、印度菩提樹の葉を用いるのが好ましい。菩提樹の葉の葉脈を貼付する装飾に加えて、仏教や釈迦に関連する文言や図柄を印刷することにより、より優れた美観と死者に対する感謝や惜別の情を表現することができる。葉は、葉肉を取り除いて葉脈だけにすると、腐食や病虫害を避けることができる。このメッセージ用紙は、葬儀の際に、遺族や親しい友人に配ってメッセージを記載してもらい、それを生花などと共に棺に入れて送り出す。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):