(54)【考案の名称】左官ゴテ連結自在金具棒

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は土間コンクリート・モルタル打ちの際に左官ゴテに連結するワンタッチ自在金具と長柄の構造に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
土間コンクリート打ちモルタル作業における際、従来は手の届かない場所に作業員が腰痛の原因にもなるしゃがみ作業でコンクリートやモルタルを押さえる必要があった。
また手の届かない場所に作業員が入ることによりコンクリートやモルタルが窪み、水溜りの原因にもなっていた。
また従来の製品では連結部分の金具が複雑でコンクリートやモルタルを押さえる際に、力が入りにくい面もあった。又、装着にも時間がかかった。
【解決手段】
【0003】
Aを左官ゴテに固定しCのボルト・ワッシャー・ナットをFに固定。(重心のかかる位置は好みで自在)Gの部分に柄の部分Bを取り付ける事により、狭い場所や手の届かない場所、しゃがみ作業による腰痛の原因を作らず、作業員が手の届かない場所に入ることによりコンクリートやモルタルが窪み、水溜りの原因になっていた従来の作業を行わなくても良いようにする為のワンタッチ左官ゴテ連結金具棒。
EとDの突起にバネを固定することにより従来のモノと違い柄の部分にも力を入れることが可能になった。

【効果】

【0006】
上記のように、従来の製品よりも重心点をより強度に、より自在に出来ることを可能にしたことにより、柄に固定した左官ゴテを作業員が手で作業しているかのよう扱えるようになった。尚且つ、左官ゴテの装着がワンタッチで済み、より作業の効率性が上がる。
例えば、特開平10−61165の製品は左官ゴテとの連結部分が複雑で作業員が実際に持って作業する棒の部分の力が左官ゴテに伝わりにくかった。
また実用新案3054193の製品では左官ゴテの連結部分が短すぎて作業員の力が左官ゴテ全体に伝わりにくい不備があった。
本考案は左官ゴテへの連結部分を長く強度にし、しかも自在にボルトで固定することにより、作業員が持つ棒からの力が左官ゴテに伝わりやすくすることが可能になった。
又、バネを付けることによって従来の製品では伝わりにくかった柄の部分にも力が伝わるようになった。さらに左官ゴテに取り付ける部分の鉄板を弾力性のある鉄板にすることによりある程度の柄の大きさの左官ゴテならどの左官ゴテにもワンタッチで装着が可能になった。
固定穴も5箇所にすることにより従来の製品よりも左官ゴテとの装着部分がより強くなり左官ゴテのブレ幅をなくした。
【0007】
後ろにバネをつけることにより従来の製品では力が伝わりにくかった左官ゴテの柄の部分にも力が伝わりやすくなった。

(57)【要約】

【課題】しゃがみ作業による腰痛の原因を作らず、作業員が手の届かない場所に入ることによりコンクリートやモルタルが窪み、水溜りの原因になっていた従来の作業を行わなくても良いワンタッチ左官ゴテ連結金具棒を提供する。【解決手段】左官ゴテと作業員の持つ長い棒を固定する連結自在金具は、弾力性があり、ボルト穴を5箇所にすることにより装着部分を強化し、重心を自在にすることができる。固定金具をボルト・ワッシャー・ナットで左官ゴテの柄の部分に取り付け、固定金具の上部にあるコの字型のボルト穴連結部分と作業員が持つ長い棒のボルト穴連結部分を、ボルト・ワッシャー・ナットで取り付け、固定金具の後部と長い棒の連結部分の後部についた突起棒にバネを取り付け固定することにより、左官ゴテ全体に長柄の力が伝わる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):