(54)【考案の名称】受光角度を調整できるスタンド型太陽光蓄電装置

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は受光角度を調整できるスタンド型太陽光蓄電装置に関し、特に、太陽光エネルギーの収集角度を調整できる装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
現在、地球環境及び人類の生存は厳しい試練に直面しており、地球温暖化と資源の枯渇問題はすでに一般人の日常生活の利便性に大きな影響を与えており、各国が競って関連技術を開発し、上述の問題の悪化を解決または遅らせようとしている。
そのうち、太陽光発電製品は使用過程において環境に対し負担や汚染を発生しないため、非常に重要な技術とみなされているが、太陽光発電製品のエネルギー変換効率が低いことが欠点であり、技術的なボトルネックと制限のほか、太陽光の照射方向が時間に伴って変化することが、太陽光発電製品の変換効率の悪さを引き起こす主要な原因となっている。
しかしながら、現今の一般的に使用されている太陽光発電装置はほとんどが一定角度に設置されており、太陽の照射角度に伴って調整することができないため、太陽光発電装置が日照の直射を受ける時間が短すぎて、取り込むことができる光エネルギーが限られ、太陽光発電装置が取得できるエネルギーの効率が大幅に低下してしまう。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
本考案の主な目的は、主に太陽光パネル、少なくとも2つのスタンド、少なくとも1つの蓄電装置、少なくとも1つの伝送インターフェース、少なくとも2つの可動脚部から構成され、前記スタンドと前記可動脚部により前記太陽光パネルを展開して設置し、屋外に置いたとき前記太陽光パネルが太陽光を遮蔽できるほか、吸収した太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換し、前記蓄電装置内に保存して、前記伝送インターフェースを介し電力を必要とする外部設備に前記蓄電装置に保存された電力を提供することができる、受光角度を調整できるスタンド型太陽光蓄電装置を提供することにある。
【0004】
本考案の別の目的は、前記スタンドと前記可動脚部上にそれぞれ調整装置を設け、前記調整装置を調整してスタンドの高さと可動脚部の長さを伸縮させ、太陽光パネルを適切な角度と高さに調整し、最良の太陽光吸収効果を達することができる、受光角度を調整できるスタンド型太陽光蓄電装置を提供することにある。

(57)【要約】

【課題】受光角度を調整できるスタンド型太陽光蓄電装置を提供すること。【解決手段】主に太陽光パネル、少なくとも2つのスタンド、少なくとも1つの蓄電装置、少なくとも1つの伝送インターフェース、少なくとも1つの可動脚部から構成され、スタンドと可動脚部により太陽光パネルを展開して設置でき、太陽光パネルで太陽光エネルギーを吸収して電気エネルギーに変換し、蓄電装置内に保存できるほか、伝送インターフェースで蓄電装置に保存した電力を、電力が必要な外部設備に供給することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):