(54)【考案の名称】両面受光型の太陽電池パネル及び太陽電池パネル発電装置

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】有限会社ネオ・プランニング

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、両面受光型の太陽電池パネルと、この太陽電池パネルを備える太陽電池パネル発電装置に関する。
【従来技術】
【0002】
従来の太陽電池パネルは、例えば、特許文献1の図1に見られるように、受光面を上方に向け、裏面を屋根面に向けて、屋根上に敷き詰められて固定される。このように、1枚の太陽電池パネルには、受光面である表面と、取付面である非受光面とがある。
特許文献2では、センサを用いて、2枚の太陽電池パネルの向きが太陽の移動に追尾するように構成されており、この構成においても、太陽電池パネには、受光面である表面と、取付面である非受光面とがある。
即ち、従来の太陽電池パネルは片面受光型であった。
【0003】
ところで、太陽電池パネルによる発電量は、気象環境や設置する向きが同じであれば、該パネルの片面の面積に比例し、該パネルの大きさ次第で発電量が異なることになる。
このため、大きな発電量を必要とする場合や、1日の太陽光移動に対して効率良く発電するためには、片面受光型の太陽電池パネルでは、1枚当たりの面積を広くしたり、特許文献1の図1に示すように太陽電池パネルの使用枚数を増やしたり、特許文献2に示す太陽光追従装置を必要としていた。

【効果】

【0025】
請求項1に係る両面受光型の太陽電池パネルによれば、軽量で、製造コストを抑えた1枚の太陽電池パネルとすることが出来るようになり、請求項2に係る両面受光型の太陽電池パネルによれば、太陽電池モジュールの裏面の配線接続が容易かつ短時間で行なえるようなり、請求項3に係る両面受光型の太陽電池パネルによれば、太陽電池パネルを更に軽量化させ、配線を容易にさせ、太陽電池パネル内の温度上昇を抑える。
そして、請求項4に係る両面受光型の太陽電池パネルによれば、更に、簡素で製造時間を抑えた配線構造にすることが出来、請求項5に係る両面受光型の太陽電池パネルによれば、反射板を用いて更に発電効率を向上させることが出来るようになった。
【0026】
そして、請求項7に係る太陽電池パネル発電装置によれば、日中の太陽の陽射しを、太陽電池パネルの少なくとも2面で受光するという点において発電効率が高く、設置場所を効率良く利用出来、請求項8に係る太陽電池パネル発電装置によれば、更に、太陽電池パネルの向きを、太陽の陽射しを最も効率良く受ける向きにすることが出来、請求項9に係る太陽電池パネル発電装置によれば、をすることによって、日中の太陽光の移動に対応する太陽電池パネルの向きの制御が、タイマーを用いたモータの駆動制御という、低コストで確実な構成で実現出来るようになったのである。
【0027】
そして、請求項10に係る太陽電池パネル発電装置によれば、垂直方向に起立させた前記両面受光型の太陽電池パネルと、その両側に位置する各1枚の前記片面受光型の太陽電池パネルとを組み付けた太陽電池パネル組付体を用いた、低コストで小型でありながら、発電効率の高い太陽電池パネル発電装置とすることが出来るようになったのである。

(57)【要約】

【課題】軽量で、製造コストを抑えた両面受光型の太陽電池パネルと、この太陽電池パネルを少なくとも1枚用いた高発電効率の太陽電池パネル発電装置を提供する。【解決手段】両面受光型の太陽電池パネル1については、複数枚の太陽電池モジュール8,8を、各々の受光面を外側に向けて、方形の支持体2の表面と裏面に夫々配設して構成した。太陽電池パネル発電装置については、4枚の両面受光型の太陽電池パネル1・・・を、側面観において、十字形状又はX字形状に組付けて、或いは3枚の両面受光型の太陽電池パネル1・・を、側面観において、直角方向に組付けた太陽電池パネル組付体を用いて構成した。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):