(54)【考案の名称】ロール状粘着五線メモ用紙

(73)【実用新案権者】株式会社アリア

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、音楽家が譜面を訂正する際に使用するメモ用紙に関する。特に演奏に際して、曲を編曲したりする際は、最初から楽譜を書き換えたりするが、イントロや終わり方を変えたり、部分的にアレンジしたりする際に、譜面の上に貼り付けたり、余白に書き込む際に使用する音楽用のメモ用紙に関する。

【従来の技術】

【0002】
例えば、演奏家がアンサンブルなど演奏時間の問題で、曲の長さを変えたり、終わり方を変えたり、あるいは、メンバーの関係で、バランスが悪いとそれを補うために譜面を変えたりすることは、演奏家の間で、頻繁に行われることである。そのため演奏家は、譜面の上に紙を貼りつけた面や、譜面の余白に定規で五線を書き込み、さらに音符など書き込んで部分的な訂正を加えている。
【0003】
また、声楽家は既存の楽譜中の数小節を、自分の歌いやすい音、又は指示された音にアレンジをし、既存楽譜通りに歌わないことが頻繁にある。そのため、既存の五線上に修正の必要があり、余白に手書きで書いている。
【0004】
また、長時間演奏の場合の楽器奏者は、次のページをめくる際に、必ずしもめくる数秒の時間がタイミングよくめくる時にあるとは限らず、曲が不自然に止まらないよう、次ページの数小節を前ページ下に書き写している。
【0005】

(57)【要約】

【課題】常に五線の端部が表出し、無駄な部分を発生させず、操作性に優れた音楽用のロール状五線粘着メモ用紙を提供する。【解決手段】裏面全面に感圧性接着材からなる接着剤層を備えたロール紙に長手方向に五線、30印刷を施しロール状五線粘着メモ用紙を構成する。あるいは、前記ロール紙20には、前記五線30の印刷部の上下部に余白部40、41を設けるとともに、余白幅を切り取調整するミシン目50が長手方向に設けてロール状五線粘着メモ用紙10を構成しても良い。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):