(54)【考案の名称】ファイル用錠装置

(73)【実用新案権者】株式会社ノムラテック

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、書類を綴じ込んだファィルの閲覧を制限するためのファイル用錠装置に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
書類を綴じ込んだファィルの閲覧を制限するものとしては、ファイルの表表紙と裏表紙の先端間に形成される開口を閉塞する開閉板を表表紙の先端に一体設けたうえ、該開閉板の先端に設けた係合片を裏表紙の先端に設けたロック装置に係合させて施錠して、閲覧時にはキープレートにより施錠を解除するものが知られている(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
ところが、前記した特許文献1から知ることのできるものは、開閉板を表表紙に製造当初から一体に設けなければならず、そのため、錠なしの普通のファイルとは別異に製造することとなり製造コストが高となるという問題がある。
【0004】

【効果】

【0008】
前記した本考案のファイル用錠装置は、鎖錠・開錠手段を備えた錠雌部材を取付けた一方の閉鎖板の基端に設けた取付片部をファイルの前記表表紙と裏表紙のどちらか一方すなわち表表紙の先端内面に添装して取り付け、また、錠雄部材を取り付けた他方の閉鎖板の基端に設けた取付片部を裏表紙の先端内面に添装して取り付けるものである。
【0009】
このようにファイルに取り付けられたファイル用錠装置は、錠雄部材を錠雌部材に嵌合して鎖錠すれば、閉鎖板同士が連結されて、ファル本体の表表紙と裏表紙は開くことができなくなり、書類綴込み部に綴じた書類の閲覧を制限できるものである。そして、書類の閲覧、綴込み等が必要となる時には、鎖錠・開錠手段を操作して開錠して錠雄部材の錠雌部材への嵌合を解除すれば閉鎖板同士の連結が解かれて表表紙と裏表紙を開くことができ書類の閲読、綴込み等ができる。
【0010】
そして、前記鎖錠・開錠手段を符合錠とすることにより、鍵の保管管理を不要とできるものである。また、嵌合した錠雌部材と錠雄部材を封緘できる封緘用穴を錠雌部材と錠雄部材に設けることにより、封緘材で封緘して開錠した痕跡を残すことができより閲覧制限に適うものとなる。
【0011】
なお、前記各閉鎖板の基端に設けた取付片部にJIS規格の穴径6mmで穴の中心から中心までの間隔を80mmとした2個の穴を設けたものとすることにより、錠なしの普通のファイルの購入者が、JIS規格の2穴パンチにより、ファイルの表表紙と裏表紙の先端側中央に前記取付片部に設けたJIS規格の穴径6mmで穴の中心から中心までの間隔を80mmとした2個の穴と合致する2個の穴を開けて、これら穴を利用して止め具により、各取付片部をファイルの表表紙、裏表紙のの先端内面に添装して取り付けできるものである。
【0012】
前記したように本考案のファイル用錠装置は、錠なしの普通のファイルの購入者が容易に錠付きファイルとして閉じた書類の閲覧制限ができるものである。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】本考案の実施形態を鎖錠状態で示す斜視図。
【図2】本考案の実施形態を開錠状態で示す斜視図。
【図3】本考案の実施形態をファイルと分離して示す斜視図。
【図4】封緘状態を示す断面図。

【0014】
次に、本考案の好ましい実施の形態を図に基づき説明する。
1は本考案に係るファイル用錠装置を取り付けるファイルである。このファイル1は書類綴込み部10aを設けた背表紙10の両側から表表紙11と裏表紙12を折曲自在に設けたものである。
【0015】
2、3は前記ファイル1の表表紙11と裏表紙12の先端内面に添装して取り付ける取付片部21、31を基端に設けた閉鎖板である。この一対の閉鎖板2、3のうち一方の閉鎖板2には施錠・開錠手段41を備えた錠雌部材4が取り付けられている。また、他方の閉鎖板3に錠雄部材5が取り付けられている。
【0016】
前記施錠・開錠手段41を備えた錠雌部材4は図示の実施形態においては施錠・開錠手段41として符合錠を使用して所定の符合が一致した時に錠雌部材4に嵌合した錠雄部材5の鎖錠が解除されるものとしている。しかしこれに限らず、鍵錠であってもよい。
【0017】
また、前記各閉鎖板2、3の基端に設けた取付片部21、31にJIS規格の穴径6mmで穴の中心から中心までの間隔を80mmとした2個の穴7、7を設けたものとしている。そこで、錠なしの普通のファイル1の購入者が、JIS規格の2穴パンチにより、ファイル1の表表紙11と裏表紙12の先端側上下中央に前記取付片部21、31に設けたJIS規格の穴径6mmで穴の中心から中心までの間隔を80mmとした2個の穴116、116(126、126)を前記2個の穴6、6と合致するように開ける。
【0018】
そして、これら穴6、116(126)を利用して止め具7により、鎖錠・開錠手段41を備えた錠雌部材4を取付けた一方の閉鎖板2の基端に設けた取付片部21をファイル1の表表紙11と裏表紙12のどちらか一方すなわち表表紙11の先端内面に添装して取り付け、また、錠雄部材5を取り付けた他方の閉鎖板3の基端に設けた取付片部31を他方となるファイル1の裏表紙12の先端内面に添装して取り付けするものである。
【0019】
また、止め具7は図3に示すように、前記穴116(126)の径より大きい円形扁平状の頭部70の中央に前記穴116(126)を挿通する筒体71を突設して該筒体71の内面に抜け止め係止部71aを備えた雌部材7aと、前記頭部70と同形状の頭部70の中央に突設した前記筒体71に嵌合する軸部72に前記抜け止め係止部に係合する係止部72bを備えた雄部材7bからなるものとしている。
【0020】
前記のような雌部材7aと雄部材7bからなる止め具7を使用すれば、雄部材7bを雌部材7aに手指で圧入固定するだけで良いので、鎖錠・開錠手段41を備えた錠雌部材4を取付けた閉鎖板2の基端に設けた取付片部21をファイル1の前記表表紙11の先端内面に添装して取り付けする作業、及び、錠雄部材5を取り付けた他方の閉鎖板3の基端に設けた取付片部31を裏表紙12の先端内面に添装して取り付けする作業が容易なものとなる。
【0021】
なお、止め具7としては専用の工具が必要であるがカシメを使用しても良いことは勿論である。また、取付片部21、31をファイル1の表表紙11、裏表紙12に添装して取り付ける手段として、止め具7を使用することなく強力ボンドにより行っても良いことは勿論である。
【0022】
さらに、前記錠雌部材4と錠雄部材5に嵌合状態において封緘することのできる封緘用穴4a、5aを設けている。すなわち、錠雌部材4の嵌合穴42の穴縁内側に封緘用穴4aを錠雄部材5の差込み部52の基端に封緘用穴5aを設けて、錠雌部材4と錠雄部材5が嵌合状態となると、錠雌部材4の封緘用穴4aと錠雄部材5の封緘用穴5aが合致して封緘材8を挿通して封緘するものである。これにより、開錠した痕跡を残すことができより閲覧制限に適うものとなる。
【0023】
このように構成されたファイル用錠装置は、ファイル1に取り付ければ、錠雄部材5を錠雌部材4に嵌合して鎖錠して閉鎖板2、3同士を連結して、ファイル1の表表紙11と裏表紙12を開くことができなくなり、書類綴込み部10aに綴じた書類の閲覧を制限できることとなる。そして、書類の閲覧、綴込み等が必要とするときは、鎖錠・開錠手段41を操作して開錠して錠雄部材5の錠雌部材4への嵌合を解除すれば閉鎖板2、3同士の連結が解かれて表表紙11と裏表紙12を開くことができ書類の閲読、綴込み等ができるものである。
【0024】
1 ファイル
10 背表紙
11 表表紙
12 裏表紙
2 閉鎖板
21 取付片部
3 閉鎖板
31 取付片部
4 錠雌部材
41 鎖錠・開錠手段
5 錠雄部材
6 穴
7 止め具

(57)【要約】

【課題】錠なしの普通のファイルにも綴じ込んだ書類の閲覧制限を行うことができる錠を簡単に取り付けできるファイル用錠装置を提供する。【解決手段】書類綴込み部10aを設けた背表紙10の両側から表表紙11と裏表紙12を折曲自在に設けたファイル1の前記表表紙11と裏表紙12の先端内面に添装して取り付ける取付片部21、31を基端に設けた閉鎖板2、3の一対よりなり、一方の閉鎖板に施錠・開錠手段41を備えた錠雌部材4を取り付け、また、他方の閉鎖板に錠雄部材5を取り付ける。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):