(54)【考案の名称】屋内用点字鋲

(73)【実用新案権者】田鉄産業有限会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、視聴覚障害者等用の点字鋲に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来より、視聴覚障害者等の歩行を誘導する手段として、道路や床面に点字鋲が使用されている。そして、これらの点字鋲のうち、特に屋内に設置される点字鋲としては、ステンレス、真鍮、アルミ等の金属か、合成樹脂か、あるいは合成ゴムによって形成されているのが一般的である。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
しかしながら、このような点字鋲にあっては、木製の床面に設置する場合に、床材とは全く異なる材質からなる点字鋲の設置となるため、取付部分の接着剤が剥がれて点字鋲が抜けるなど、木製の床面に十分な強度で設置し得ないという問題点を有していた。
【0004】
本考案は、上記従来有する問題点に鑑み、視覚障害者等用の点字鋲に関し、木製の床面に十分な強度で設置し得る屋内用点字鋲を提供しようとするものである。

【効果】

【0006】
本考案によれば、取付孔に嵌入接着した点字鋲は床板に固着し、木製の床面に十分な強度で設置することができる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】 本考案による点字鋲を示す側面図である。
【図2】 図1のA−B矢視断面図である。
【図3】 本考案による点字鋲の脚体の膨張時を想像した図である。
【図4】 本考案による点字鋲を示す平面図である。

【0008】
以下、本考案の実施の形態について、図面を参照して説明する。
図1に示すように、本考案に於いては、視覚障害者等の歩行を誘導するために木製の床面に設置される屋内用点字鋲であって、該点字鋲は設置時に床表面に突出する頭部1と床板に取付するための脚体2とから成り、木材で一体に成形されると共に、該脚体2のみをさらに細く圧縮成型して、該脚体2を床板に設けた取付孔に接着剤を介して嵌入した際に、図3に示すように、該脚体2が該接着剤の水分を吸収して膨張し該床板に固着する構造とした。
【0009】
1 頭部
2 脚体

(57)【要約】

【課題】 視覚障害者等用の点字鋲に関し、木製の床面に十分な強度で設置し得る屋内用点字鋲を提供する。【解決手段】 本考案に於いては、視覚障害者等の歩行を誘導するために木製の床面に設置される屋内用点字鋲であって、該点字鋲は設置時に床表面に突出する頭部1と床板に取付するための脚体2とから成り、木材で一体に成形されると共に、該脚体2のみをさらに細く圧縮成型して、該脚体2を床板に設けた取付孔に接着剤を介して嵌入した際に、該脚体2が該接着剤の水分を吸収して膨張し該床板に固着する構造とした。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):