(54)【考案の名称】記念キップ

(73)【実用新案権者】株式会社アプト

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、観光施設や道の駅や各所のお土産店などで販売に供するほか、各種イベント会場で提供あるいは販売される記念キップに関する。

【従来の技術】

【0002】
例えば全国高校野球大会にあって、「甲子園のキップ」と手にしたというが、この場合本当の「キップ」が手に入る訳ではない。また近頃道の「道の駅」という施設が頻繁に建設されているが、「駅」なのにキップはない。
【0003】
だから実際にこれらのキップが提供されるとしたら、自分自身あるいはこれを頂いた者にとっては、どんなに興味が湧きかつ記念となること確かであり、これらのことは上記に限らず各所の古跡巡りや、温泉などの宿泊記念でもいえることである。
【0004】
而して従来のこの種考案としては、カードとバッチとその土地の由緒を組み合わせることにより、これを収集する楽しみを満足させるとともに購買意欲を促す記念カード(特許情報1参照)の考案がなされている。
【0005】
即ちこの考案目的は、スポーツや展示会などのイベントを開催した時、入場記念にパンフレット、カード、バッチ等を販売することはよく知られているが、いつ入場したものか分らせるためと、入場記念に購入したバッチやパンフレットを兼ねそなえるように工夫したもので、本考案のように「キップ」に着目した考案はなされていないようである。
【0005】
【特許文献1】実開平7−41566号明細書

【0006】
【考案が解決しようとする課題】
【0007】
而して本考案は、誰もが興味を抱き購買欲を注がれる本物の鉄道用のキップに注目し、これ模した「キップ」を、「甲子園のキップ」とか、「道の駅のキップ」とか、あるいは各所の名所古跡巡りや、温泉などの宿泊の「記念キップ」として提供できるよう工夫したものである。
【0008】
しかもこのキップにはこれが発行された経緯やその土地の由緒や、これを取り巻く環境情報がこのキップによって、隈なく網羅されるよう工夫され、しかもこのキップは恒久的な記念として残すことができるよう工夫されていることである。

【効果】

【0011】
以上のように本考案は、あり得ない「甲子園出場の記念キップ」とか、「道の駅のキップ」とか、名所や、古跡や。温泉宿泊など誰もが興味を抱き購買欲を注がれる「記念キップ」を提供できたのである。
【0012】
しかもこのキップには、場所や、その記念となる事項の説明や、その場所までの案内や、電話番号などの書誌的事項や、発行元などの情報が直接あるいはバーコードなどに記載がなされ、後日その思いにふけることができるばかりか、家族、友人、知人に自慢話ができるのである。
【0013】
また、キップ本体は台紙に嵌め込むようにしたから、体裁がよく壁に貼ったり、机のうえに飾ったり半恒久的に楽しむことができ、さらに上記記念キップ全体を所謂ハガキに構成した場合は、親しい友人に郵送することもできる。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】台紙に嵌め込まれた第1実施例のキップ本体平面図
【図2】同キップ本体と台紙における側辺部分であって、図1のA線矢印方向の拡大断面図
【図3】キップ本体の第1実施例の裏面図
【図4】台紙に嵌め込まれた第2実施例のキップ本体平面図
【図5】同キップ本体の実施例裏面図
【図6】台紙に嵌め込まれた第3実施例のキップ本体平面図

【0015】
次に本考案の一実施例を説明すると図1は、某温泉の宿で宿泊客に記念として贈るキップを想定したものである。即ち図で(1)は、紙その他の比較的硬い材質で造られかつ鉄道などの切符を模したキップ本体であり、(3)はこのキップ本体(1)を嵌合できる横長の透孔(2)をそのほぼ中央部の設けた台紙である。
【0016】
(4)は上記キップ本体(1)の表面で、その記念となる事項(5)と、場所(6)と、その発行日(7)が記載されており、その裏面(8)は上記記念となる事項の説明(9)やそのバーコード(10)や、当該場所までの案内(11)や、電話番号などの書誌的事項(12)が記載されている。
【0017】
一方上記台紙(3)には、その周囲に飾り絵(14)を施し、その上方にはこのキップが発行された記念になる事柄(15)や、その施設の名称(16)があり、下方にはその発行元(17)が記載されている。
【0018】
而して上記キップ本体(1)を、台紙(3)の透孔(2)に嵌合させ販売に供するものであり、購入者はその記念キップに魅せられて購入意欲が注がれることになる。
【0019】
また図4は、実際は存在しない一般の電車のキップの形状であり乍ら、あたかも「○○大会出場のキップを得た」ことを記念して発行された記念キップの実施例である。
【0020】
なお図6は、上記キップ本体(1)を中央に嵌め込んだ台紙(3)を、透明あるいは半透明などのフィルムで包み郵便封筒(13)としたもので、その記念となる場所から容易に親しい人に送付できるようになしたものである。
【産業上の利用可能性】
【0021】
本案は、各地の道の駅や、温泉地の宿泊施設の外、土産店や各種イベント会場などでの販売品として制作されるのである。
【0022】
1、キップ本体 2、透孔 3、台紙 4、裏面 5、記念となる事項 6、場所 7、発行日 8、裏面 9、記念となる事項の説明 10、バーコード 11、案内 12、書誌的事項 13、郵便封筒 14、飾り絵 16、施設の名称 17、発行先

(57)【要約】

【課題】観光施設や道の駅など各所のお土産店などで販売に供するほか、各種イベント会場で提供あるいは販売される記念キップを提供する。【解決手段】紙その他の比較的硬い材質で造られ、鉄道などの切符状に模したキップ本体と、このキップ本体を嵌合できる透孔を持った台紙とからなり、上記キップ本体の表面あるいは裏面には少なくとも、その記念となる事項と、場所と、その記念となる事項の説明、あるいはバーコードや、その場所までの案内や、電話番号などの書誌的事項や、発行元などの記載がなされ、上記台紙には、飾り絵の他上記キップ本体の表裏面に記載した記念となる事項や、その場所と、発行先などが記載されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):