(54)【考案の名称】ぬいぐるみの装飾キット、装飾ぬいぐるみ玩具

(73)【実用新案権者】三英貿易株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ぬいぐるみの表面に装飾片を接着することにより自由に装飾模様を施す児童用のぬいぐるみの装飾キット、また装飾模様が施された装飾ぬいぐるみ玩具に関する。

【従来の技術】

【0002】
近年、ラインストーンと呼ばれるアクリル樹脂製の模造宝石が注目を浴びている。このラインストーンは、携帯電話や各種小物、アクセサリー、衣服等の表面の装飾性を高めるために用いられるものであり(例えば、特許文献1参照。)、好みのラインストーン模様をユーザ自身が自由にデザインして装飾を楽しむことができ、しかも出来上がった模様そのものに高級感を醸し出すことができる点において人気がある。
【0003】

【効果】

【0008】
上述した構成からなる本発明によれば、ぬいぐるみ本体3は、ポリエステル製の表面からなるとともに、装飾片における非装飾側には接着用平面が形成されているため、ボンドを介した接着を容易に行うことが可能となる。この装飾ぬいぐるみ玩具は、ユーザが上述した組立て方法を通じて好みのラインストーン模様を自由にデザインして装飾を楽しむことができ、しかも出来上がった模様そのものに高級感を醸し出すことができる。特にぬいぐるみ本体を、装飾片による装飾対象とすることにより、児童用の玩具としてのニーズにも応えることが可能となる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】本考案を適用したぬいぐるみの装飾キットを示す図である。
【図2】本考案を適用したぬいぐるみの装飾キットによる組立方法について説明するための図である。
【図3】完成させた装飾ぬいぐるみ玩具の例を示す図である。

【0010】
以下、本考案の実施の形態について詳細に説明する。
【0011】
図1は、本考案を適用したぬいぐるみの装飾キット1を示している。このぬいぐるみの装飾キット1は、装飾片2と、ぬいぐるみ本体3とを備えている。
【0012】
装飾片2は、例えばラインストーン等を初めとしたアクリル樹脂製の模造宝石であり、装飾側2bがあたかも宝石のように多面体にカッティングされてなるとともに、非装飾側には接着用平面2aが形成されてなる。この装飾片2をラインストーンで構成する場合には、直径2〜3mm程度の粒状の模造宝石で構成することになる。
【0013】
ぬいぐるみ本体3は、装飾片2における接着用平面2aが接着可能なポリエステル製の表面からなる。このぬいぐるみ本体3におけるポリエステル製の表面とは、例えば、ポリエステルにナイロン等の他の素材を含むものであってもよい。また、このぬいぐるみ本体3の内部は、ポリエステルで構成されていてもよいし、綿等が敷き詰められたものであってもよい。
【0014】
このぬいぐるみ本体3について、形状、デザイン、サイズは、いかなるものであってもよいが、仮に装飾片2について上述した直径2〜3mm程度のラインストーンで構成する場合には、このぬいぐるみ本体を高さ200mm程度、幅を170mm程度で構成するようにしてもよい。
【0015】
次に、本考案を適用したぬいぐるみの装飾キット1による組立方法について説明をする。
【0016】
先ず図2(a)に示すように、ぬいぐるみ本体3の表面にボンド11を付着ける。このとき、ぬいぐるみ本体3の表面に付着させたボンドをヘラ等を利用して薄く伸ばすようにしてもよい。
【0017】
次に図2(b)に示すように、ぬいぐるみ本体3の表面に付着させたボンド11に装飾片2を接着させる。実際にはピンセット12を利用してこの装飾片2を取り付けたり、模様配列を形成するための位置調整を行うようにしてもよい。ちなみに、ぬいぐるみ本体3は、上述したようにポリエステル製の表面からなるとともに、装飾片2における非装飾側には接着用平面2aが形成されているため、ボンド11を介した接着を容易に行うことが可能となる。
【0018】
その後、ボンド11を乾燥させることにより、装飾片2をぬいぐるみ本体3に強固に取り付けることが可能となる。
【0019】
このような操作を繰り返し実行することにより、例えば図3(a)〜(c)に示すような装飾ぬいぐるみ玩具5を完成させることが可能となる。この装飾ぬいぐるみ玩具5は、ユーザが上述した組立て方法を通じて好みのラインストーン模様を自由にデザインして装飾を楽しむことができ、しかも出来上がった模様そのものに高級感を醸し出すことができる。特にぬいぐるみ本体3を、装飾片2による装飾対象とすることにより、児童用の玩具としてのニーズにも応えることが可能となる。
【0020】
なお、本考案は、ぬいぐるみの装飾キット1としての適用に加えて、この完成させた装飾ぬいぐるみ玩具5として適用されるものであってもよいことは勿論である。
【0021】
1 ぬいぐるみの装飾キット
2 装飾片
3 ぬいぐるみ本体
5 装飾ぬいぐるみ玩具
11 ボンド
12 ピンセット

(57)【要約】

【課題】ぬいぐるみに対してラインストーンのような装飾片を利用してユーザ自身が自由に装飾を施すことが可能なぬいぐるみの装飾キットを提供する。【解決手段】接着用平面が非装飾側に形成された装飾片2と、装飾片2における接着用平面が接着可能なポリエステル製の表面からなるぬいぐるみ本体3とを備える。ぬいぐるみ本体3に対する装飾片2のボンドを介した接着を容易に行うことが可能となり、しかも出来上がった模様そのものに高級感を醸し出すこともできる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):