(54)【考案の名称】カラーIDコード付テープ、カラーIDコード付テープ付容器

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、シートまたは容器に光学的識別IDコードを取り付ける手法に関するものであり、光学的識別可能なIDコードを印刷しておいた細長い粘着材つきテープを貼り付ける手法に用いるIDコード付テープに関する。

【従来の技術】

【0002】
物流においてIT技術を応用して管理を効率化させるものとして、RFIDタグ(通称はICタグ)をラベルに加工して、またはRFIDタグつきテープに仕上げて容器用シートに貼り付け、このシートを用いた容器に対して、UHFの電波を用いるならば5メートル程度離れた距離からでもパレットに積みつけた容器の内容物を一括してリーダライタが瞬時に識別する技術が実用化している。この種のタグはシートまたは成形した容器に個別の番号を入れ込むことができるものであり、物流および販売の現場において商品管理の手間を省いてこれを確実に行なう技術が確立してきている。
しかし、物流管理、販売管理が諸外国に比べて進んでいる日本においては、未だに高額で販売されるRFIDタグのラベルはコストパフォーマンスの関係でその採用が遅々として進まない現状がある。比較的安価で販売される包装容器においては電子部品のICチップを用いて生産されるRFIDタグはなかなか爆発的に普及する環境になっていない。
また複数の巻き取りロールから原紙を繰り出して接着材を用いて段構造を有する段ボールは、高速で連続して貼合され、それに続く製函工程においても高速給紙されることで安価に製造される包装材には、これらの製造条件に適応できる技術としてRFIDタグを箱のブランクの切断寸法に合わせて走行するシートに取り付ける連続粘着テープ法が発明された(特許文献1参照)。
上記問題の解決につながる新規技術として、ICチップを搭載しないIDコードを使用する技術で、物流現場においてパレットに積載している貨物の段ボール箱をこれらの表面から距離を置いた位置からカメラで移動状態においても一括で識別できる技術が開発された。この方法は光の反射特性を改善させた特殊なシートに3色のドットを用いて紐状にしたコードをやや大きめのサイズ内にまとめて印刷したラベルを物体に貼り付けて識別するものであった(特許文献2参照)。

【効果】

【0009】
本考案に係る光学的識別IDコード付テープは、シートに巻き取りロールから連続テープを引き出して貼り付けることができ、安価に印刷したカラーIDコードに対応する管理用データをコンピュータで利用できる。また輸送用パレットに積載した段ボール箱等の輸送容器の表面にこのカラーIDコード付テープをテープの粘着材を用いて固定状態にし、必ずカメラ側に来る外面の少なくともに一つの外面にカラーIDコードが配設されるようになり、コードの読み取りミスが発生しないようにできる。そしてカラーIDコードに対応する管理用データをコンピュータで利用できる。

(57)【要約】

【課題】大量に高速でシート状に加工される材料に、RFIDに比較して読み取りが容易で安価に供給されるカラーIDコードを安価に、かつ確実に付けることができるカラーIDコード付テープを提供する。【解決手段】3色以上のインキで汎用の白色粘着テープにカラーIDコードを形成した紐状の光学的識別コードを所定間隔に設けて間歇的に配設し、カメラで光学的識別が可能になるIDコード付テープのロールに仕上げる。このロールからカラーIDコード付粘着テープを加工機の速度に合わせて繰り出す。印刷インキには金属顔料、パール顔料、蛍光顔料のうち少なくとも一をインキ顔料に混合して調整した光学的識別性の高いインキに仕上げて印刷に用いると、インキの反射率が改善され、カメラ撮影してIDコードを識別できる距離を伸ばすことができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):