(54)【考案の名称】識別マーク付きビニール傘

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はビニール傘に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
ビニール傘は、形状が酷似している為、複数あると自分のものであるかどうか、認識が難しい。
【0003】

【効果】

【7】
ビニール傘に所有者本人のものと確認する為のシールまたは、刻印を付けることで、名前を書き入れる手間が掛からず、複数ある傘の中から、自分の物を即座に見つけ出すことができる。 紛失や盗難防止の効果が期待できる。
【図面の簡単な説明】
【8】
【図1】 傘の柄に所有者本人のものと確認する為のシールをつけた正面図。
【図2】 傘の柄に所有者本人のものと確認する為の刻印をつけた正面図。
【図3】 ビニール傘とシールをセットにした正面図。 *各図ビニール傘のビニール部分は図から省略されております。

【9】
・ビニール傘の柄に所有者本人の物と確認する為のシール1をつけた形態。
・ビニール傘の柄に所有者本人の物と確認する為の刻印2をつけた形態。
・ビニール傘とシール3をセットにした形態。
シールまたは刻印には、カラーのついたマーク、文字、数字、図形、動植物の図柄など、傘置き場で、重複しない程度に多様な種類を設けておく。 そのうちの一つあるいはそれらの組み合わせを傘の柄につけることで、所有者の認識を行うビニール傘である。
ビニール傘とシールのセットについては、使用者が、シールを傘の柄に取り付ける。
【10】
図1の様に、所有者本人の物と確認する為のシール1が傘の柄についている状態のビニール傘の仕様。
図2の様に、所有者本人の物と確認する為の刻印2が傘の柄についている状態のビニール傘の仕様。
図3の様に、ビニール傘とシール3をセットにした仕様であり、これについては、使用者が、好みのシールを傘の柄に取り付ける。
本考案は、図1、図2、図3で表わされるビニール傘の仕様であり、これらのシールまたは刻印には、カラーのついたマーク、文字、数字、図形、動植物の図柄など、傘置き場で、重複しない程度に多様な種類を設ける。
そのうちの一つあるいはそれらの組み合わせを傘の柄につけることで、所有者の認識を行うことの出来るビニール傘である。
所有者は、複数並ぶ傘の中から、シールや刻印の模様、がらで本人のものと直ちに認識が出来る。
*各図ビニール傘のビニール部分は図から省略されております。
【産業上の利用可能性】
【11】
これまでのビニール傘は、どれも形状が酷似している為、複数あると自分の物であるかどうかという認識が困難であった。 また、いちいち名前を入れるのも、手間であった。
所有者識別の為のシールや刻印をすることで、数多くある傘の中から所有者本人の傘を即座に見つける事が出来るようになる。 また、紛失や盗難といったトラブル防止の効果も期待できる。
装飾シールとしても、楽しむことが出来る。 これらの効果が、低コストで実現出来る。
【12】
1 所有者本人の物と確認する為のシール。
2 所有者本人の物と確認する為の刻印
3 ビニール傘とセットにする数種類のシール。

(57)【要約】

【課題】形状が酷似している複数のビニール傘のなかから、所有者本人の傘を容易に識別可能なビニール傘を提供する。【解決手段】ビニール傘の柄の部分に、同メーカー、同形状のビニール傘であっても、異なるシール又は刻印を取り付ける。使用するシール又は刻印は、多様な種類を設け、カラーのついたマーク、文字、数字、図形、動植物の図柄などが用いられる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):