(54)【考案の名称】マッサージ器

(73)【実用新案権者】新象興業有限公司

(73)【実用新案権者】助芯有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はマッサージ器に関し、特に、携帯電話のブルートゥース信号を受信して対応する振動を発生する、マッサージ器に関する。

【従来の技術】

【0002】
科学技術の進歩に伴い、携帯電話はすでに人々が随時携帯するものとなっており、通常着信時には携帯電話が着信音で使用者に着信があることを通知し、使用者は着信音を聞くと、着信があることを知って電話に出る。
【0003】
しかし、会議の場合や着信音を発すると周囲の人の迷惑になるようなときのため、携帯電話内部には通常振動モジュールが設置されており、携帯電話に着信があると、この振動モジュールが着信信号によって振動を発生し、このとき使用者が携帯電話を衣服のポケットの中に入れていれば、着信があることをはっきりと知ることができ、かつ他人の迷惑にもならず、使用者は席を立って電話に出ることができる。
【0004】
しかしながら、上述の携帯電話の着信通知は使用時に次のような問題と欠点が確実に存在するため、改良が必要である。
【0005】
携帯電話をかばんの中や引き出しの中に入れたままにしていると、使用者は振動モジュールの振動に気づかず、電話を受けることができない。
【0006】
このため、上述の従来の問題と欠点をいかに解決するかが、本考案の考案者と関連産業のメーカーが改良の研究を図る方向性である。
【考案が解決しようとする課題】
【0007】
本考案の考案者は上述の欠点に鑑みて、関連資料を収集し、多方面の評価と考慮を経ると共に、関連産業において蓄積した長年の経験に基づき試作と修正を重ね、ついにこの携帯電話のブルートゥース信号を受信して対応する振動を発生するマッサージ器の実用新案の開発に至った。
【0008】
本考案の主な目的は、携帯電話のブルートゥース信号を受信して対応する振動を発生する、マッサージ器を提供することにある。

【効果】

【0011】
全部の図に示すように、本考案の使用時には従来技術と比較して次のような利点が確実に存在する。本考案のマッサージ器本体1は内部にブルートゥースモジュール12を含み、該ブルートゥースモジュール12は携帯電話2が送信するブルートゥース信号21を受信でき、かつ携帯電話2に着信があると、前記ブルートゥース信号21に基づいてマッサージ器本体1内の振動モーター11が振動する。また、本考案のマッサージ器本体1内に充電電池13が設置されており、マッサージ器本体1の電力がなくなった場合、使用者は前記充電コネクタ14により前記充電電池13に充電することができ、充電電池13を交換する必要がない。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】本考案の最良の実施例の立体図である。
【図2】本考案の最良の実施例の立体分解図である。
【図3】本考案の最良の実施例の実施イメージ図1である。
【図4】本考案の最良の実施例の実施イメージ図2である。
【図5】本考案の最良の実施例の実施イメージ図3である。

【0013】
上述の目的と効果を達するため、本考案が採用する技術手段と構造について、以下、図面と本考案の最良の実施例に基づき、その特徴と機能を詳細に説明する。
【0014】
図1と図2に本考案の最良の実施例の立体図と立体分解図を示す。これらの図からはっきりと分かるように、本考案はマッサージ器本体1を含み、該マッサージ器本体1内に振動モーター11が設置され、該振動モーター11は振動を発生することができ、かつ前記マッサージ器本体1内にブルートゥースモジュール12が設置され、該ブルートゥースモジュール12はあらかじめ携帯電話に設置されたブルートゥースの信号を受信でき、かつ前記ブルートゥース信号に基づいて前記振動モーター11に対応する振動を発生させることができる。
【0015】
さらに、本考案のマッサージ器本体1内には充電電池13が設置され、マッサージ器本体1外側に充電コネクタ14が設置され、該充電コネクタ14により前記充電電池13に対して充電を行うことができ、また、前記マッサージ器本体1にボタン15が設置され、操作者は該ボタン15を操作して前記振動モーター11に対応する振動を発生させることができる。さらに、前記マッサージ器本体1表面に発光ダイオード16が設置され、該発光ダイオード16は前記ボタン15に基づき対応する点滅を発生する。
【0016】
上述の構造、組成設計に基づき、本考案の使用作動状況について以下で説明する。同時に図2、図3、図4、図5に本考案の最良の実施例の立体分解図、実施イメージ図1、2、3をそれぞれ示す。これらの図からはっきりと分かるように、使用者が本考案を使用するときは、ボタン15を押すだけで電源が起動され、このとき、前記発光ダイオード16が点滅し、前記振動モーター11も振動して現在マッサージ器本体1がすでにオンにされたことを知らせることができる。例えば、振動モーター11が0.5秒振動、0.5秒停止し、180秒後に電源が自動的にオフになり、節電を行うようにしたり、もしこの間に再度前記ボタン15が押されると(0.5秒以内)、前記振動モーター11を駆動して振動を行わせ(継続振動)、180秒後に電源が自動的にオフになるようにしたりすることができる。
【0017】
本考案のマッサージ器本体1内にはブルートゥースモジュール12が設置されており、該ブルートゥースモジュール12があらかじめ携帯電話2に設置されたブルートゥースの信号21を受信できるため、使用者は事前に前記携帯電話2と前記マッサージ器本体1に対してペアリングを行うことができる。例えば、ボタン15を3秒以上押すと、マッサージ器本体1のスイッチがオンになり、かつ携帯電話2とマッサージ器のペアリングが開始され、ペアリングが成功すると、前記振動モーター11が2サイクル(振動−停止─振動─停止)作動し、携帯電話2はマッサージ器本体1とのペアリングが成功する。このとき、前記振動モーター11は携帯電話2の着信信号と連動し、携帯電話2に着信があると、前記マッサージ器本体1の振動モーター11がそれに伴って振動する。かつ、携帯電話2のブルートゥースをオフにすることもでき、携帯電話2のブルートゥース信号21がマッサージ器本体1へ送信されなくなると、前記振動モーター11が2サイクル(振動−停止─振動─停止)振動した後、マッサージ器本体1がオフにされる。
【0018】
前記マッサージ器本体1のスイッチをオフにするには、前記ボタン15を押す(5秒以上)と、振動モーター11が2サイクル(振動−停止─振動─停止)振動した後、電源がオフになる。
【0019】
また、前記マッサージ器本体1内には充電電池13が設置されており、マッサージ器本体1の電力がなくなった場合、使用者は前記充電コネクタ14により前記充電電池13に対して充電することができ、充電電池13を交換する必要がない。
【0020】
同時に図4と図5に本考案の最良の実施例の実施イメージ図2と3を示す。これらの図からはっきりと分かるように、本考案のマッサージ器本体1はストラップ17を設置し、ストラップ17を腕や首などに人が見につけることで、便利に携帯できるようにすることができる。
【0021】
以上の説明は本考案の最良の実施例に基づくものであり、本考案の特許範囲を限定するものではなく、本考案の明細書及び図面の内容を運用した簡易な修飾や同等効果の構造変化はすべて本考案の特許範囲内に含まれるものとする。
上述をまとめると、本考案のマッサージ器は使用時に確実にその効果と目的を達することができるため、本考案は実用性に優れた創作であり、実用新案登録出願の要件を満たしているため、法に基づきここに出願を提出する。
【0022】
1 マッサージ器本体
11 振動モーター
12 ブルートゥースモジュール
13 充電電池
14 充電コネクタ
15 ボタン
16 発光ダイオード
17 ストラップ
2 携帯電話
21 ブルートゥース信号




(57)【要約】

【課題】携帯電話をかばんや引き出しの中に入れたままでも、着信があることを知ることができるマッサージ器を提供する。【解決手段】マッサージ器は、マッサージ器本体を含み、前記マッサージ器本体内に振動を発生することができる振動モーターを設置し、かつ前記マッサージ器本体内に携帯電話に設置されたブルートゥースの信号を受信できるブルートゥースモジュールが設置され、かつ前記ブルートゥース信号に基づいて前記振動モーターに対応する振動を発生させることができる。これにより、携帯電話に着信があると、前記マッサージ器本体の振動モーターがそれに伴って振動し、使用者は現在携帯電話が着信信号を受信していることを知ることができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):