(54)【考案の名称】展示ボード

(73)【実用新案権者】株式会社ジャパンアート

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は発泡スチロール製のボードの表裏面に印刷層を形成してなる展示ボードに係り、より詳しくは、片方の面をベタ塗りの印刷層にし、他方の面は、ベタ塗りとした印刷層の色彩と異なる色彩によってデザイン印刷層として、これにより、特にコストを上げること無く、人目を十分に引くことを可能とした展示ボードを提供することを課題としている。

【従来の技術】

【0002】
従来から、POP広告の方法として、又はポスター、カタログの展示用に、カラー印刷を施した展示ボードを用いることが行われている。
【0003】
即ち、この展示ボードは、一般的に、発泡スチロール等により形成される板状のボード本体と、このボード本体の表裏面に形成した印刷層とで構成されており、これを用いる場合には、POP広告や自社商品のカタログ、ポスター、写真等をこの展示ボードに貼りつけ、その後、この展示ボードを、例えば展示会場における自社ブースの目立つ箇所等に設置して、これにより自社商品、あるいは自社の広告宣伝を行なうことを可能にしている。
【0004】
また、この展示ボードはその他、各種の催し物等においても、各種の広告を目立つ箇所に展示するために、たとえば、各種の催し物会場に出展している出店が価格を表示したり、出展商品の写真を展示したりするためにも用いられており、その用途は多岐にわたっている。
【0005】
そして、展示ボードでは印刷層をカラーとしており、貼付したPOP広告等の隙間部分がカラーとなるため、例えばホワイトボード等を用いた場合と比較すると、見る者にある程度の印象を与えることができる。
【考案が解決しようとする課題】
【0006】
ところで、特に出展者が多数になる展示会場等では、自社製品を有効にアピールする必要があるが、前述した従来の展示ボードでは、単に表裏面をカラー印刷による印刷層としているとともに、このとき、この印刷層を、表裏面ともに同一の色彩によるベタ塗り印刷としているため、貼付したPOP広告等の隙間部分がカラーとはなるが、見る者に強力にアピールすることは困難である。
【0007】
また、従来の展示ボードでは、表裏面とも同一色としているために、例えば片面にのみPOP広告等を貼付して他方の面を使用していないときには、使用していない面は、何らの人目を引くことが無いという問題点が指摘できる。
【0008】
この点、展示ボードに貼着するPOP広告、ポスター、カタログ等に趣向を凝らすことも考えられるが、かかる場合には、POP広告、ポスター、カタログ等を作製するたびごとに手間がかかってしまいコストが上がってしまうとともに、カタログ等を作製する作業も煩雑である。
【0009】
また、展示会場における来場者に自社ブース等を強力にアピールするために、あるいは繁華街等において自社を強力にアピールするために、ネオンサインによる電飾広告等を用いる方法も考えられるが、電飾看板の場合には、装備が大掛かりになるとともにコストも上がってしまい、更に、ネオンサインでは蛍光灯等の寿命の関係で定期的に保守、交換を必要とするために手間や費用等がかかるという問題点がある。
【0010】
そこで、本考案は、特にコストを上げること無く、人目を十分に引くことを可能とした展示ボードを提供することを課題としている。

【効果】

【0012】
本考案の展示ボードでは、ボード本体と、このボード本体の表裏面に形成した印刷層とを具備した展示ボードにおいて、少なくとも、印刷層の一方を、他方の面と異なる色彩によるデザイン印刷層としている。
【0013】
そのため、表裏面ともに同一の色彩によるベタ塗り印刷とした従来の展示ボードと異なり、使用していない展示ボードの裏面も強調することができ、従来の展示ボードにおいては使用していないときには全く人目を引くことが無かった裏面によっても、展示ボードの全体を見る者に強力にアピールすることができる。
【0014】
従って、本考案の展示ボードでは、特に貼着するPOP広告やポスター、カタログ等に趣向を凝らすことなく、またコストを上げることなく、人目を十分に引くことが可能な展示ボードとすることができる。
【図面の簡単な説明】
【0015】
【図1】本考案の展示ボードの実施例の構造を示す断面図である。
【図2】本考案の展示ボードの実施例の裏面側を示す図である。
【図3】本考案の展示ボードの他の形態の裏面側を示す図である。

【0016】
本考案の展示ボードでは、発泡スチロール製のボード本体を備えており、このボード本体の表面及び裏面側には、シルクスクリーン印刷等によって形成した印刷層が備えられている。
【0017】
そして、前記印刷層は、少なくとも一方を、他方の面と異なる色彩によって形成しており、更に、その印刷をデザイン印刷としている。
【0018】
そして、デザインとしては、例えば水玉模様、ストライプ模様にするとよく、これにより、この面によって人目を十分に引くことが可能となる。
【0019】
本考案の展示ボードの第1実施例について図面を参照して説明すると、図1は、本実施例の展示ボードの構造を示す断面図であり、図において1が本実施例の展示ボードである。
【0020】
そして、本実施例の展示ボード1は、全体として四角形状の板状としたボード本体を備えている。即ち、図において2がボード本体であり、本実施例においてこのボード本体2は、一定の厚みを有した発泡スチロール製としている。但し、必ずしも発泡スチロール製にする必要はなく、その他、金属製、木製等の素材によりボード本体を形成してもよい。
【0021】
次に、図において3は印刷層である。即ち、本実施例においては、前記ボード本体2の表面及び裏面の全域に、シルクスクリーン印刷によってインクを乗せ、これにより、前記ボード本体2の表面及び裏面の全域にそれぞれ、印刷層3を形成している。
【0022】
なお、図においては、上側をボード本体2の表面側、下側をボード本体2の裏面側としており、表面側に形成した印刷層を符号4で示し、裏面側に形成した印刷層を符号5で示している。そして、ボード本体2の表面側に形成した印刷層4では、ボード本体2の表面側全域に同一色のインクによるベタ塗り印刷を施しており、これによってボード本体2の表面側印刷層4を形成している。
【0023】
次に、図2は、本実施例の展示ボード2の裏面側を示した図であり、本実施例において、前記ボード本体2の裏面側に形成した印刷層5では、デザイン6を印刷しており、このデザインとしては水玉模様としている。即ち、ボード本体2の裏面側に印刷層5を形成する際に、水玉模様が表示されるようにしてシルクスクリーン印刷を施し、これにより、ボード本体2の裏面側にはデザイン印刷を施している。
【0024】
従って、本実施例の展示ボード1では、裏面側に何らのPOP広告、ポスター、カタログ等を貼着しない場合でも、水玉模様によって展示ボード1の裏面側を強調することができる。そのため、ボード本体の表裏面ともに同一の色彩によるベタ塗り印刷とした従来の展示ボードと異なり、従来の展示ボードにおいては、使用していないときには見る者にアピールすることができなかった裏面によっても、展示ボードの全体を見る者に強力にアピールすることができ、コストを上げることなく、人目を十分に引くことが可能な展示ボードとすることができる。
【0025】
次に、このように構成される本実施例の展示ボード1の使用方法について説明すると、本実施例の展示ボード1を使用する場合には、ベタ塗り印刷とした表面側の印刷層4に、POP広告、ポスター、商品カタログ、写真等を貼着するのみでよく、場合によっては更に、デザイン印刷を施した裏面側の印刷層5にもPO広告、カタログ等を貼着し、この状態の展示ボード1を、人目を引く場所に載置しておく。
【0026】
そうすると、まず、展示ボード1の表面に貼着したPOP広告、商品カタログ、写真等によって商品の広告等を行うことができる。
【0027】
更に、展示ボード1の裏面側に何も貼着しなかった場合であっても、本実施例の展示ボード1では、ボード本体2の裏面側には水玉模様のデザイン印刷を施しているために、この水玉模様によって展示ボード1の裏面を強調して人目を引くことができるため、この展示ボード自体を強力にアピールすることができ、これにより、コストを上げることなく、人目を十分に引くことが可能な展示ボードにすることが可能である。
【0028】
このように、本実施例の展示ボード1では、ボード本体と、このボード本体の表裏面に形成した印刷層とを具備した展示ボードにおいて、ボード本体の裏面側には、表面側の印刷層の色彩と異なる色彩によってデザイン印刷を施しているために、ボード本体の表裏面ともに同一の色彩によるベタ塗り印刷とした従来の展示ボードと異なり、使用していない場合の裏面を強調することができる。
【0029】
従って、本実施例の展示ボード1では、裏面を使用していないときでも、展示ボードの全体を見る者に強力にアピールすることができるため、特に貼着するPOP広告やカタログ等に趣向を凝らすことなく、またコストを上げることなく、人目を十分に引くことが可能な展示ボードとすることができる。
【0030】
なお、本実施例の展示ボード1では、ボード本体の表面に形成した印刷層のインキとは異なる色彩によって、ボード本体の裏面にデザイン印刷を施したことを特徴としているために、デザインは特に限定されず、必ずしも水玉模様には限定されない。従って、例えば図3に示すように、印刷するデザイン6として、ストライプのデザインとしてもよく、あるいは、その他のデザインでもよい。
【0031】
また、ボード本体2の裏面側にデザイン印刷を施すに際しては、ボード本体の裏面に直接、デザイン印刷を施す方法には限定されず、その他、ボード本体の裏面に一旦ベタ塗り印刷を施し、その後に、このベタ塗り印刷を施した層の上に、デザイン印刷を施してもよい。
【産業上の利用可能性】
【0032】
本考案の展示ボードは、ボード本体の表裏面に印刷層を備え、POP広告やポスター、カタログ等を貼着するために用いる展示ボードにおいて、裏面の印刷層を、表面の印刷層の色彩とは異なる色によるデザイン印刷とし、これにより、裏面を使用しないときでも展示ボードの裏面を強調することを可能にし、これによって展示ボード全体を見る者に強力にアピールすることを可能にしているため、POP広告の貼着用等、人目を引く必要がある展示ボードの全般に適用可能である。
【0033】
1 展示ボード
2 ボード本体
3 印刷層
4 表面側印刷層
5 裏面側印刷層(デザイン印刷層)
6 デザイン

(57)【要約】

【課題】特にコストを上げること無く、人目を十分に引くことを可能とした展示ボードを提供する。【解決手段】発泡スチロール製のボード本体と、ボード本体の表裏面に形成した印刷層と、を具備した、各種POP広告、ポスター等を展示するために用いられる展示ボード1において、前記印刷層の少なくとも一方を、他方の面の印刷層と異なる色彩によって、水玉模様、ストライプ等のデザイン印刷層5としたことを特徴としており、これにより、使用していない展示ボードの裏面も強調することができるため、従来の展示ボードにおいては使用していないときには全く人目を引くことが無かった裏面によっても、展示ボードの全体を見る者に強力にアピールすることができ、またコストを上げることなく、人目を十分に引くことが可能な展示ボード1とすることができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):