(54)【考案の名称】トライクキット

(73)【実用新案権者】株式会社トライクジャパン

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、二輪自動車を三輪自動車に変換するトライクキットに係り、特に、後輪を独立して懸架することができる懸架装置を有するトライクキットに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来より、自動二輪車を三輪自動車に変換する、いわゆるトライクキットを装着した三輪自動車が販売されている。
このようなトライクキットの多くは、自動二輪車の後輪アクスルに接合固定するリアドライブシャフトを所定の長さ寸法に形成すると共に上記リアドライブシャフトを内装するホーシング部が固定されるリアフレーム部を設け、上記後輪部フレームを車体フレームにスイングアームを介して上下方向に揺動可能に固定するように構成されており、サスペンションに関しては、いわゆる「車軸懸架(リジッドアクスル)方式」が採用されていた。
【0003】
しかしながら、このような従来の「車軸懸架方式」にあっては、走行中に左右の後輪の一方のみが障害物に乗り上げたような場合や、路面のうねりに遭遇した場合には、路面からの衝撃荷重の入力を充分に吸収することができず、路面からの衝撃荷重はスイングアームを介して車体フレームに伝達されて乗員に伝わり乗り心地を損ねると共に、上記スイングアームと車体フレームとの接合部位に大きな荷重がかかってしまう、という問題点が存していた。

【効果】

【0009】
従って、請求項1及び2記載の考案にあっては、請求項1記載の考案に係るトライクキットを装着して三輪自動車に変換した場合には、走行時には、左右方向に設けられ一対の車輪の一方へ路面からの衝撃荷重の入力があった場合であっても、一方の車輪のみが応答することができることから、走行時における路面からの衝撃荷重の入力に対して一方の車輪のみが応答して吸収することができ、従来の車軸懸架(リジッドアクスル)方式の場合に比して、路面の状況の変化に対する追従性が向上し、車体フレームへの衝撃荷重の入力を有効に低減して、良好な乗り心地を提供することができる。
【0010】
また、エンジンの駆動力を効率よく路面に伝達することができることから、走行性能を向上させることができると共に、燃費性能をより向上することもできる。
【0011】
請求項3記載の考案にあっては、懸架装置がいわゆるマルチリンク方式により構成されていることから、例えば、ダブルウィッシュボーン方式の場合に比して、よききめ細やかなサスペンションのセッティングが可能となり、路面からの衝撃荷重の吸収能力を向上させ、より上質な乗り心地を提供できると共に、路面への駆動力の伝達効率を向上させることができる。
【0012】
請求項4記載の考案にあっては、請求項4記載の考案にあっては、チェーン駆動方式によりエンジンの駆動力をリアアクスルに伝達するように構成されていることから、例えば、ディファレンシャルギヤを使用した伝達構造の場合に比して駆動力の伝達効率を向上させることができる。

(57)【要約】

【課題】走行時の乗り心地を改善すると共に車体フレーム強度に影響を及ぼすことのないトライクキットを提供する。【解決手段】自動二輪車を三輪自動車に変換するトライクキット10であって、車体フレームに固定される後輪部フレーム11と、後輪部フレーム11に取り付けられ、左右の後輪12,13を独立して懸架できる懸架装置とを有している。後輪部フレーム11は、全体略箱状に形成され、上方板部22と、車体左右方向に配設された側方板部23,23とにより構成されており、内部にはエンジン部からの駆動力をリアアクスル18,18に伝達する駆動力伝達部19が内装されている。また、左右の側方板部23,23には、夫々、懸架装置本体14,14が夫々固定されている。本懸架装置は、いわゆるマルチリンク方式からなる独立懸架装置として構成されており、アッパーアーム15及びロアーアーム16は、夫々、上下2本配設されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):