(54)【考案の名称】切替式一定方向回転式電動歯ブラシ

(73)【実用新案権者】有限会社ホット

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、円柱形に植毛した歯ブラシをブラシガード部分に引っ掛けながら回転させて、それによって歯茎を叩き、そして擦るマッサージと、歯茎と歯及び歯間の掃除を一連して行う、電池或いは充電式電池を使用した、回転方向を切替可能な電動歯ブラシです。

【従来の技術】

【0002】
従来の電動歯ブラシは円形、長方形、楕円形等の形状は別として、平板状の面に植毛されたブラシを、縦横の往復運動か円盤状のブラシを回転させる等の方式が普及していました。
【0003】
又、考案者が自己の考案と同類のものがあるか調べた結果、一般市場では確認できなかったが、特許出願されている中に、植毛配列の形状は別として、円柱状に植毛されたブラシを回転させて使用するものがありました。
【考案を解決しようとする課題】
【0004】
ある歯科衛生士の指導によると、歯茎より歯先、歯先より歯茎への往復で磨くと、歯先より歯茎へのとき歯茎と歯の間に食べ滓を押し込むことになるので、歯茎より歯先に向けて1方向で10回ほどづつ磨くのが理想です。それによって、歯茎のマッサージ及び歯茎と歯、歯と歯の間の食べ滓を除去して、歯槽膿漏予防にも最適と言う。しかし、手動だと経験上磨きづらいのです。毎日のことなので、手軽に磨けるようにしたいのです。

【効果】

【0007】
ブラシがブラシガードを通り抜けたとき、鞭のような叩くマッサージを可能にして、叩いた後引続き擦るマッサージがうまく連動して、歯茎の血行をよくすることによって、歯槽膿漏の予防になる。
【0008】
さらに、歯茎と歯、歯と歯の間の掃除がよく出来、一方向に磨くので、往復で磨くより歯茎に傷が付きにくい。
【0009】
叉、2秒から3秒でブラシが10回転ほど回転するようにセットすることによって、磨く箇所それぞれが2秒から3秒で済むので、毎日の歯磨きに費やす時間が短縮できる。

(57)【要約】

【課題】歯ブラシを回転させて歯茎を叩き、そして擦るマッサージと、歯茎と歯及び歯間の掃除を一連して行う、回転方向を切替可能な電動歯ブラシを提供する。【解決手段】バッテリーとモーターを内蔵した動力部1の先に、形状が円柱形に植毛された歯ブラシ部2を装着し、円柱形ブラシを手元スイッチAの操作によって、右回転及び左回転の選択が出来るようにする。磨く場所によって右回転や左回転を選択して、歯茎より歯の先に向かって磨く。円柱形のブラシが回転しているので、口内に傷を付けないようにブラシガード3を装備し、ブラシの先が少しブラシガード3に引っ掛かるようにすることによって、ブラシがブラシガードを通り抜けたとき、弓のように曲がっていたブラシが弾力性によって元の直毛に戻るようにする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):