(54)【考案の名称】省エネ安定電源装置

(73)【実用新案権者】日本テレコミュニケーションシステム株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は省エネルギーに関する物で、本考案の利用によって家庭やオフィスへの安価な電力系省エネルギーが期待され、特に太陽光発電パネルが太陽光に依存した電気量しか発電できず、不安定で、高価な電源安定装置やバッテリーを取付けなければ、一般家庭等で使用できなかった事を安価に改善することを可能にするためのものでもある。

【従来の技術】

【0002】
地球温暖化防止に伴い、電力使用量を抑制すると言う省エネエネルギーは大きなテーマになっている。太陽光発電は近年話題になっているが、太陽光を受けて発電するために、発電される電力がお日様次第であり、それをカバーする為に、バッテリーを取付けたり、売電をしたりと、効率良く電気を使う為に、高価で多大な電装品を利用せざるを得ない状況にあり、採算性も悪い為に、補助金等の工夫がされているが、なかなか思うように普及せずに、太陽光発電利用以前に、家庭やオフィスの省エネルギーが進行していない。

【効果】

【0005】
本考案により、キャパシタ(コンデンサー)に蓄積された電力をコンバータ(DC−DC変換器等)に通して、LED等電力機器所望の電圧で使用できるため、機器の電圧適合の為の発熱ロスが防げると共に、キャパシタ(コンデンサー)特性により、蓄積電力容量を電圧で感知することができる。また、キャパシタ(コンデンサー)の急速充電機能を利用すれば、数秒単位での商用電源利用となり、本考案による安定電源装置を使用することにより夜間電力利用、無効電力利用と大幅な省エネが達成できると共に、部品点数の減少やバッテリー不使用によるメンテナンスフリーを実現し、コストダウンが図れる。更に、太陽光発電パネルを逆流防止用ダイオードを通してキャパシタ(コンデンサー)と並列接続することにより、太陽光発電の電力も取り込む事が出来て、更なる省エネルギーが達成できる。

(57)【要約】

【課題】省エネルギーで安定的な電源装置を提供する。【解決手段】キャパシタにキャパシタ内電圧により制御する開閉器を介して商用電源を整流して接続した並列回路に出力用変換器を取り付けたことを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):