(54)【考案の名称】多目的携帯電話機

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
多目的携帯電話機は、如何なる場所でも防犯監視センサにて人体赤外センサが働き、電話番号をメモリーして置いた電話機に、呼び出し音で3回通信する。後通信は終わり、人体赤外センサが働き続けると、再度、呼び出し音が3回鳴り、同様のサイクルが繰り返され、防犯監視の仕事をする、多目的携帯電話機。
【考案が解決しようとする課題】
【0002】
従来の折り畳み式携帯電話機は、半開、全開にて、多種、多様に、使い分けができなかった。

(57)【要約】

【課題】折り畳み式携帯電話機を、閉、半開及び全開に対応して、多様な使い分けが出来るようにした多目的携帯電話機を提供する。【解決手段】折り畳み式携帯電話機に、キーボード部および表示部を接続する要を有し、前記要に対し全開状態、半開状態、閉じた状態に保持することのできる折り畳み部分を設ける。さらに前記半開状態の時に電話番号の入力回路に接続され、前記全開状態のとき通信通話回路に接続され、前記閉じた状態の時、通信通話回路が閉じるロータリ接点を有し、ロータリ接点には、赤外線人体監視センサーが接続されてセンサーが、OFF時点では通信にはならないが、ONの時点では閉じた状態でも通信となる様に構成する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):