(54)【考案の名称】自動変速を制限した配達用バイク

(73)【実用新案権者】株式会社シーアールガレージ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ピザや寿司の宅配等に利用する配達用バイクに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来から、ピザや寿司、弁当などを注文先までバイクで配達する宅配サービスが行われているが、速度超過による単独転倒事故や交通事故が頻繁に起きている。
【0003】
この種の配達用バイクを開示したものとして、特許文献1が存在するが、この開示技術はVベルト式無段変速に関するものでなく、スロットルの開度を抑制しエンジンの回転を制御するものであるため、本考案とは直接関係がない。
【0004】

【効果】

【0010】
上述の様に、本考案は、無断変速機を制限したため、これに見合ってトランスミッションに入力される回転数が制御され、最高速度も制御されるため、スピードの出し過ぎによる事故が防がれ、同時に、自ずと制動距離も短縮されるから、急ブレーキによる事故も回避することができる。
【図面の簡単な説明】
【0011】
【図1】Vベルト式自動変速機構を示した全体外観図
【図2】加速制限に係る第一実施例を示した説明図
【図3】最高速度制限に係る第二実施例を示した説明図

【0012】
以下、本考案の好ましい実施の形態を添付した図面に従って説明する。図1は概観である。外観は工場出荷時と異なる部分はない。各図に従って、本考案の特徴を説明する。
【0013】
まず、本考案の第一の特徴は、無段変速機を制限したことであって、図2はその第一実施例を示している。同図中、1はプライマリースライディングシープーリーであり、ベルトのあたり面を表とした裏側内部に図中2の重量を変更した6個のウエイトローラーが取り付けられている。重量の変更によって、プライマリースライディングシープがVベルトを加圧していく力が弱くなっている。
【0014】
図3は、トランスミッション入力側の可変プーリーである。図3中のcがセカンダリーフィクストシープ、bがセカンダリースライディングシープ、このbc間にVベルトが掛かっており、ベルトの加圧によってbc間の幅が広げられるが、本考案によって取り付けられたストッパーカラーaがあるために、可動範囲の幅が、従来はeであるが、dの幅しか移動できず、Vベルトの動き4が制限される。
【0015】
なお、上記説明では、三輪バイクを例示したが、二輪バイクがベースであっても本考案を適用できることはもちろんである。
【0016】
1 プライマリーフィクストシープ
2 ウェイローラー
a ストッパーカラー
b セカンダリースライディングシープ
c セカンダリーフィクストシープ
d 変更後のセカンダリースライディングシープの可動範囲
e 従来のセカンダリースライディングシープの可動範囲

(57)【要約】

【課題】配達用バイクの最高速度を機械的に抑制し、配達中の交通事故や単独転倒事故を防止するバイクを提供する。【解決手段】ベルト式自動変速装置の前後のプーリー比が最大にならないように、ミッション側の可変プーリーの可動部分にカラーを追加し、可動範囲を少なくした。無断変速機を制限したため、これに見合ってトランスミッションに入力される回転数が制御され、最高速度も制御されるため、スピードの出し過ぎによる事故を防ぐことができ、同時に、自ずと制動距離も短縮されるから、急ブレーキによる事故も回避することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):