(54)【考案の名称】三輪車改装部材用締付構造

(73)【実用新案権者】祥發金屬工業股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、三輪車の改装に係り、特に、オートバイクの主体にリア枠を快速で安定に固定することができ、オートバイクの主体とリア枠の結合の安定性が極めて良い三輪車改装部材用締付構造に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
市販している自転車やオートバイクは二輪車であり、しかし、二輪車であるオートバイクを三輪車に改装することがあり、二輪車であるオートバイクを三輪車に改装したい場合には、三輪車のリア枠の幅がオートバイクの主体の幅よりも広いので、改装作業が困難であり、主体にリア枠を無理やりに組付けても、その結合の安定性が良くなく、より大きい外力を受けると損壊し易く、使用可能な寿命が短いという問題があった。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
本考案の主な目的は、オートバイクの主体にリア枠を快速で安定に固定することができ、オートバイクの主体とリア枠の結合の安定性が極めて良い三輪車改装部材用締付構造を提供することにある。

【効果】

【0007】
本考案の三輪車改装部材用締付構造によれば、オートバイクの主体にリア枠を快速で安定に固定することができ、オートバイクの主体とリア枠の結合の安定性が極めて良いという効果を有する。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】本考案の第1実施形態の分解斜視図である。
【図2】本考案の第1実施形態の組合状態の斜視図である。
【図3】本考案の第1実施形態の平面図である。
【図4】本考案の第1実施形態の側面図である。
【図5】本考案に係る翼形状補強片の締付状態の一部の断面図である。

【0009】
以下、本考案の実施の形態を図面に基づいて説明する。
【0010】
まず、図1から図5を参照する。本考案の三輪車改装部材用締付構造は、主体10と、リア枠20と、翼形状補強片30と、を含む。
【0011】
前記主体10は、より狭いであるが、第一突出ロッド11と、第二突出ロッド12と、第三突出ロッド13と、が上から下に配列される。
【0012】
前記リア枠20は、拡張空間を有し、その両側にはサイド枠チューブ21がそれぞれ形成され、前記二つのサイド枠チューブ21の間には、前記二つのサイド枠チューブ21を連結する横チューブ22が多数設けられ、前記二つのサイド枠チューブ21は、前端には第一ブッシュ23が設けられ、上ではラグ24が設けられ、前記ラグ24の頂部には第二ブッシュ241が設けられ、前記第一ブッシュ23と前記ラグ24の間には第一ねじ穴25が設けられ、前記ラグ24の側辺には第二ねじ穴242が設けられる。
【0013】
前記翼形状補強片30は、より広い拡張空間を有するリア枠20と、より狭い主体10と、を連結するためのものであり、前記翼形状補強片30に垂直するチューブ形状突起31を有し、前記チューブ形状突起31は、前記主体10の第二突出ロッド12に嵌められるように、前記主体10まで延長され、前記チューブ形状突起31と前記第二突出ロッド12がネジ40で締付けられ、且つ前記翼形状補強片30に設けられた二つの貫通孔32、33が前記第一ねじ穴25と前記第二ねじ穴242とにそれぞれ合せられてネジ40で締付けられ、これにより、前記翼形状補強片30が前記リア枠20のサイドに立設され、前記ラグ24の前記第二ブッシュ241に振動低減用ゴムブッシュ41を嵌め設けた後、前記第一突出ロッド11に前記第二ブッシュ241を締め付け、前記第一ブッシュ23に振動低減用ゴムブッシュ42を嵌め設けた後、前記第三突出ロッド13に前記第一ブッシュ23を締め付け、前記翼形状補強片30により、前記主体10に前記リア枠20を快速で安定に固定することができる。
【0014】
前記リア枠20は、サスペンション装置50または振動低減装置60により二つのリア車輪70、71を固定する。
【0015】
前記サスペンション装置50は、二つのAアーム51と、二つのサスペンションアーム52と、を含み、前記Aアーム51は、一端が前記リア車輪70、71側に連結され、他端が前記リア枠20の底側に連結され、前記サスペンションアーム52は、一端が前記リア枠20の中段に連結され、他端が前記リア車輪70、71側に連結される。
【0016】
前記振動低減装置60は二つのアブソーバ61を含み、前記アブソーバ61は一端が前記リア枠20の上端に締付けられ、他端が前記リア車輪70または71側に締付けられる。
【産業上の利用可能性】
【0017】
本考案は、三輪車の改装に適用することができる。
【0018】
10 主体
11 第一突出ロッド
12 第二突出ロッド
13 第三突出ロッド
20 リア(車両)枠
21 サイド枠チューブ
22 横チューブ
23 第一ブッシュ
24 ラグ
25 第一ねじ穴
30 翼形状補強片
31 チューブ形状突起
32 貫通孔
33 貫通孔
40 ネジ
41 振動低減用ゴムブッシュ
42 振動低減用ゴムブッシュ
50 サスペンション装置
51 Aアーム
52 サスペンションアーム
60 振動低減装置
61 (ショック)アブソーバ
70 リア車輪
71 リア車輪
241 第二ブッシュ
242 第二ねじ穴

(57)【要約】

【課題】オートバイクの主体にリア枠を快速で安定に固定することができ、オートバイクの主体とリア枠の結合の安定性が極めて良い三輪車改装部材用締付構造を提供する。【解決手段】主体10と、リア枠20と、翼形状補強片30と、を含む三輪車改装部材用締付構造において、前記主体は、第一突出ロッド11と、第二突出ロッド12と、第三突出ロッド13と、が上から下に配列され、前記リア枠は、拡張空間を有し、その両側にはサイド枠チューブ21がそれぞれ形成され、前記二つのサイド枠チューブの間には、前記二つのサイド枠チューブを連結する横チューブ22が多数設けられ、前記翼形状補強片は、より広い拡張空間を有するリア枠と、主体と、を連結するためのものであり、前記翼形状補強片に垂直するチューブ形状突起31を有し、前記チューブ形状突起は、前記主体の第二突出ロッドに嵌められるように、前記主体まで延長される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):