(54)【考案の名称】ページめくり具用装飾物

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、筆記用具に装着して書類などをめくる際に使用するページめくり具用の装飾物に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、書類などをめくる際に筆記用具のクリップ部に装着するページめくり具が提案されている。
【0003】
一方、筆記用具のクリップの前面に、自然界に存在する物の形態をアクセサリー化した、模造の飾りを固着部で固着したペンシルキャップ用飾りがある。
【0004】

【効果】

【0010】
本考案のページめくり具用装飾物は、ページめくり具と係止させるために設けられている装着部が、簡単にページめくり具から取り外し出来るため、ページめくり具の機能を損なわず様々な種類の装飾物として楽しむことが出来るものとなる。
【0011】
又、ページめくり具と係止させるための装着部が、先太のピン押し込み形状としして形成しておけば、ページめくり具をクリップに装着した状態からでも本考案のページめくり具用装飾物を簡単に脱着出来るものとなる。
【0012】
なお、ページめくり具と係止させるための装着部が、先太のピン押し込み形状として形成しておけば、多少の衝撃を受けても、クリップから脱落しない優れたものとなる。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】 ページめくり具に本考案のページめくり具用装飾物を装着した状態を示す斜視図である。
【図2】 本考案の一実施例を示す正面図である。
【図3】 本考案の別の一実施例を示す正面図である。
【図4】 本考案の図2のものを示す斜視図である。
【図5】 本考案の図3のものを示す斜視図である。
【図6】 本考案の装飾面に動物の顔を配したものを示す斜視図である。

【0014】
本考案におけるページめくり具用装飾物の大きさ、デザイン、材質、製造方法等は特に限定される事はないが、大量生産出来る点から、樹脂成形又はプレス成形されることが望ましい。
以下、実施例と図に基づき説明する。
【0015】
以下、本考案の一実施例を図1、図2、図3、図4、図5及び図6で説明するがこれによって本考案はなんら限定されるものではない。
【0016】
図1は本考案の一実施例を示し、筆記用具(6)のクリップ(5)に装着するための開口部を有するページめくり具(4)がクリップ(5)に装着されており、前側には装飾面(2)が有り、後側にあるページめくり具と係止させるため装着部(3)において装着されている。
【0017】
なお図2は、図1のページめくり具用装飾物(1)が、ページめくり具(4)に装着される状況を示す図であり、係止させるための装着部(3)が、先太のピン押し込み形状が嵌合するよう凹み形状が設けられている。
【0018】
もちろん、本考案のページめくり具用装飾物(1)が取り外されて、ページめくり具(4)としての機能を損なうことは無い。
【0019】
図3は図2と同様に本考案のページめくり具用装飾物(1)がページめくり具(4)に装着された状況を示す図であり、係止させるための装着部(3)の、はずれ止め部(7)がクリップ形状として形成されており、クリップ(5)に装着するための開口部を利用して装着するものである。この場合は多少の衝撃をページめくり具用装飾物(1)に受けても、クリップ(5)から脱落しないものとなる。
【0020】
図4は図2で示した本考案の一実施例のものを後側から見た図であり、係止させるための装着部(3)が、先太のピン押し込み形状と成るもので、図5は図3で示した本考案の他の一実施例のものを後側から見た図であり、係止させるための装着部(3)が、はずれ止め部(7)がクリップ形状として成るものである。
【0021】
図6は、本考案のページめくり具用装飾物(1)の装飾面(2)が動物の顔で装飾されているものを示している。勿論このような装飾物が装飾面(2)に接着されて形成されても良く、デコレーション用の部材で装飾面に接着剤などの手段で装飾しても良い。
【産業上の利用の可能性】
【0022】
ページめくり具と係止させるために設けられている装着部が、簡単にページめくり具から取り外し出来るため、ページめくり具の機能を損なわず、様々な種類の装飾物として筆記用具を楽しむことが出来るものとなる。更にこの装着面に様々な装飾品を接着したり、デコレーション用部材を接着剤などで固着して装飾して楽しむことが出来るものとなる。
1 ページめくり具用装飾物 2 装飾面 3 装着部
4 ページめくり具 5 クリップ 6 筆記用具
7 はずれ止め部

(57)【要約】

【課題】筆記用具に装着して書類などをめくる際に使用するページめくり用具の装飾物を提供する。【解決手段】筆記用具6のクリップ5に装着するための開口部を有するページめくり具4がクリップ5に装着されており、前側には装飾面2が有り、後側にあるページめくり具と係止させるため装着部3において装着する。これによりページめくり具と係止させるために設けられている装着部が、簡単にページめくり具から取り外し出来るため、ページめくり具の機能を損なわず、様々な種類の装飾物として筆記用具を楽しむことが出来る。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):