(54)【考案の名称】自動枠糊付け機

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】亞升博力企業有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、自動糊付け機に関するもので、特に太陽エネルギー電池のガラス基板、各式薄膜等板部品に対してスピーディ且つ、正確に辺枠に糊付けする自動枠糊付け機に係わる。

【従来の技術】

【0002】
太陽エネルギー電池は、太陽光発電(PV)に属する基本代表部品のひとつで、太陽エネルギー電池と一般的電池は異なり、太陽エネルギーを電気エネルギーに転換する装置であり、且つ電解質で導電イオンを伝達する必要がなく、半導体でPN 接合を発生させて電位を獲得する。
【0003】
半導体が太陽光の照射を受けると、大量の自由電子が生まれ、その電子の移動で電流が発生し、また PN 接合箇所に電位差が発生する。このため、太陽エネルギー電池は陽光で動くため、通常は太陽エネルギー電池を蓄電池と繋ぎ、太陽光がある時に発生した電気エネルギーを先ず保存し、太陽光が供給できない時に放電して使用する。
【0004】
他に、太陽エネルギー電池の構造は非常に薄い一片の "シリコンチップ"、もしくはガラスをチップとして代替した基材の板部品であり、板部品の厚みは名刺の厚みより更に薄い(約0.3mm)。現在、ナノ技術を利用し、チップもしくはガラスを使わずに、その他の物質(例としてポリエステル類)で製造した基材に改めるため、開発中である。
【0005】
まとめると、太陽エネルギー電池の型体はその板片状の基本構造型から離れずにいて、これらの商品化する太陽エネルギー電池の製造過程に於いて、太陽エネルギー電池のガラス基板、各式薄膜等板部品を粘着するのに大量の時間を要する。そのため、太陽エネルギー電池のガラス基板、各式薄膜等板部品の枠糊付け作業を如何にしてスピーディ且つ正確に完成するかということが、太陽エネルギーの産業エネルギーを向上させると言える。
【考案が解決しようとする課題】
【0006】
解決しようとする問題点は、太陽エネルギー電池のガラス基板、各式薄膜等板部品の製造過程に於いて粘着に大量の時間を要する点である。

【効果】

【0008】
本考案の自動枠糊付け機は、太陽エネルギー電池のガラス基板、各式薄膜等板部品に対してスピーディ且つ確実に辺枠の糊付け作業を完成するという利点がある。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】本考案の自動枠糊付け機の俯瞰図である。
【図2】本考案自動枠糊付け機の前面図である。
【図3】本考案の自動枠糊付け機の側面図である。
【図4】本考案の枠糊付け機ユニットの外観立体図である。
【図5】本考案の枠糊付け機ユニットの動作指示図である。
【図6】本考案の糊付けヘッドの水平角度回転動作指示図である。
【図7】本考案の糊付けヘッドの外観立体図である。
【図8】本考案の糊付けヘッドが板部品を挟持した状態指示図である。

【0010】
一種の太陽エネルギー電池のガラス基板、各式薄膜等板部品に対してスピーディ且つ確実に辺枠の糊付け作業を完成する自動枠糊付け機を提供する事を本考案の主な目的とする。
【0011】
上述の目的のため、本考案の自動枠糊付け機は、一機台、一輸送機ユニット,及び一枠糊付け機ユニットの三大部分を含む。そのうち、該機台は、その中間位置に板部品固定枠台を設置し、在該板部品固定枠台の辺側の部品出口ポートには板部品受枠台を設置する。該輸送機ユニットは、機台の部品入口ポートの板部品を該板部品固定枠台上に移動させ、及び枠糊付け作業が完成した板部品を該板部品受枠台上に移動させる。
【0012】
該枠糊付け機ユニットは、該機台の板部品固定枠台の上位箇所に設置し、そこには一組の水平X軸滑動台機構、一組の水平Y軸滑動台機構、一組の垂直Z軸滑動台機構,及び一組の糊付けヘッドを設置する。該糊付けヘッドは該垂直Z軸滑動台機構上に設置することで水平角度を回転させ、水平X軸滑動台機構、水平Y軸滑動台機構及び垂直Z軸滑動台機構によって該糊付けヘッドの位置を移動させ、同時に糊付けヘッドと共に水平角度を回転させて板部品の枠縁に対して枠糊付け作業を完成する。
【0013】
図1から図3に示すとおり、本考案の自動枠糊付け機は、機台10、輸送機ユニット20,及び枠糊付け機ユニット30の三大部分を含む。そのうち、
【0014】
該機台10は、その中間位置に板部品固定枠台11を設置し、該板部品固定枠台11辺側の部品出口ポートには板部品受枠台12を設置する。他に該板部品固定枠台の周辺にはセンサー定位機構を設置し、該センサー定位機構は、該板部品固定枠台11の二個の相対側に設置する複数のレール式磁気インジケータ13から構成され、主に該板部品固定枠台11上に放置する板部品40の位置をセンサーし、同時に座標信号を枠糊付け機ユニット30に伝送するのに用いる。
【0015】
該輸送機ユニット20は、該機台10上に移動平台21を設置する。該移動平台21の両端にはそれぞれ第一高度支持板22及び第二高度支持板23を設置し、該第一高度支持板22及び第二高度支持板23の底端には、それぞれ動力シリンダー221、231を設置して第一高度支持板22及び第二高度支持板23を昇降させるのに用いる。該移動平台21箇所にはモーター211を設置し、該移動平台21を該機台10上で左、右に移動させるのに用いる。更に該第一、第二高度支持板22、23の隙間は、該板部品固定枠台11と該板部品受枠台12の隙間と同じである。
【0016】
更に、該枠糊付け機ユニット30は、該機台10の板部品固定枠台11の上位箇所に設置する。図4及び図5に示すとおり、それは一組の水平X軸滑動台機構31、一組の水平Y軸滑動台機構32、一組の垂直Z軸滑動台機構33、一組の糊付けヘッド34,及び一組の回転モーター35を設置する。該糊付けヘッド34は、該垂直Z軸滑動台機構33上に設置し、更に回転モーター35でその水平角度の回転を制御し、該垂直Z軸滑動台機構33は該水平Y軸滑動台機構32上に設置し、該水平Y軸滑動台機構32は該水平X軸滑動台機構31上に設置し、回転モーター35は、垂直Z軸滑動台機構33上に設置して糊付けヘッド34と相互に連接する。
【0017】
本考案の自動枠糊付け機を操作する時、図1及び図2に示すとおり、主に該輸送機ユニット20の移動平台21が左、右に移動する事を利用して,その両端の第一、第二高度支持板22、23の昇降動作と合わせ,機台10の部品入口ポートの板部品40を該板部品固定枠台11上に移動させ、及び枠糊付け作業が完成した板部品40を該板部品固定枠台11から該板部品受枠台12上に移動させる。
【0018】
板部品40が確実に該板部品受枠台12上に移動した後、該板部品固定枠台11のセンサー定位機構がその置いた位置を感知し、同時に座標信号を枠糊付け機ユニット30へ伝送する。即ち該枠糊付け機ユニット30の水平X軸滑動台機構31、水平Y軸滑動台機構32,及び垂直Z軸滑動台機構33によって該糊付けヘッド34を定位させ、且つ板部品40枠縁に沿って水平、垂直に移動する。更に図6に示すとおり、該糊付けヘッド34が板部品40枠縁に沿って曲がり角へ移動した時、回転モーター35が糊付けヘッド34を水平角度で回転させ、平均して板部品40曲がり角に糊付けし、スムーズに板部品40の別側の枠縁に回転して糊付けし、スピーディ且つ確実に板部品40の枠糊付け作業を完成する。
【0019】
更に図7及び図8に示すとおり、枠糊付け機ユニット30内の糊付けヘッド34には凹口341を設置してもよく、該凹口341で板部品40枠縁を挟持する方式で板部品40の枠縁に対して枠糊付け作業を行う。及び図2に示すとおり、該第一、第二高度支持板22、23、該板部品固定枠台11及び該板部品受枠台12上には微調整装置222、232、111、121を設置して板部品40の水平程度を調整し、枠糊付け作業の正確度を向上させる。
【0020】
上述のとおり、本考案は良好且つ実施可能な自動枠糊付け機を提供し、法に基づき実用新案を申請する。本考案の技術内容及び技術特徴は上に示したとおりであるが、本項の技術に習熟した者が本考案の掲示に基づき各種の本考案の精神から乖離しない入替及び修飾をするかもしれない。依って、本考案の保護範囲は、実施例に示したものに限定されず、本考案から乖離しない入替、修飾もすべて以下の請求範囲に含まれるものとする。
【0021】
10 機台
11 板部品固定枠台
111 微調整装置
12 板部品受枠台
121 微調整装置
13 レール式磁気インジケータ
20 輸送機ユニット
21 移動平台
211 モーター
22 第一高度支持板
221 動力シリンダー
222 微調整装置
23 第二高度支持板
231 動力シリンダー
232 微調整装置
30 枠糊付け機ユニット
31 水平X軸滑動台機構
32 水平Y軸滑動台機構
33 垂直Z軸滑動台機構
34 糊付けヘッド
341 凹口
35 回転モーター
40 板部品

(57)【要約】

【課題】太陽エネルギー電池のガラス基板、各式薄膜等板部品に対してスピーディ且つ確実に辺枠の糊付け作業を完成する自動枠糊付け機を提供する。 【解決手段】自動枠糊付け機は、機台の中間位置に板部品固定枠台11を設置し、その機台の部品出口ポートには板部品受枠台12を設置する。他に輸送機ユニットを設置し、機台の部品入口ポートの板部品40を該板部品固定枠台11上に移動させ、及び枠糊付け作業が完成した板部品40を板部品受枠台12上に移動させる。この他、枠糊付け機ユニット30の水平X軸滑動台機構31、水平Y軸滑動台機構32及び垂直Z軸滑動台機構33が糊付けヘッド34を移動させ、同時に糊付けヘッド34と共に水平角度を回転させて板部品40の枠縁に対して枠糊付け作業を完成する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):