(54)【考案の名称】本のカバー掛け方法及びその貼り合わせ装置

(51)【国際特許分類】

B42D 3/00 本の表紙

(73)【実用新案権者】株式会社南海堂

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本発明は、本の破損や汚染を防止するためにブックカバーが存在する、或いは存在しない状態で透明或いは半透明フィルムで本の表紙を覆い、固着する本のカバー掛け方法及びその貼り合わせ装置であって、より好ましくは粘着面が離型紙で裏打ちされていない粘着フィルムを用いる本のカバー掛け方法及びその貼り合わせ装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、本の表紙全面に透明なフィルムを貼着する場合、本の表紙にブックカバーが存在する、あるいは存在しない状態でその上を予め裁断した粘着フィルムで覆い、貼り付けていた。
しかし、裁断したフィルムは取り扱いが難しいため、粘着剤塗布面を離型紙で裏打ちする必要があった。またフィルムと本の表紙或いはブックカバーとの間に空気を巻き込むと外観を損じるためフィルムの上からスポンジや布で擦って空気を抜く作業が不可欠であった。この作業には根気と熟練が要求され、時間もかかるためコストアップの要因となっていた。
【0003】
前記問題点を解消するために、下記のような発明が開示されている。特許文献1記載のブックカバー貼り付け機は、二連コンベヤベルトに対して直角方向から本を閉じた状態で挿入し、本に透明粘着フィルムを貼り付けるものであり、特許文献2記載のブックカバー掛け器は、透明粘着フィルムの粘着面上に本の双方の表紙を展開して置き、表紙にフィルムを貼り付けていた。何れも透明粘着フィルムと本の間の空気抜き作業は改良されてはいるが、まだ十分ではなく、本を装置にセットするための時間が掛かり、作業は煩雑で、装置コストも無視できないという問題があった。
【0004】

【効果】

【0007】
本発明の装置は構成が単純であるため装置価格を安価にできる。また透明粘着フィルムの供給部の制動手段及び透明粘着フィルムの方向変換バーを利用し、透明粘着フィルム上に張力を加えながら作業が可能となったため、透明粘着フィルムの取り扱いが著しく改善され、空気の巻き込みのない、生産性の高いカバー掛けが可能となった。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】本発明で使用した、貼り合わせ装置の側面の概略説明図である。
【図2】本発明で使用した、貼り合わせ装置の正面の概略説明図である。

【0009】
図1、図2に本発明の一実施例を示す。作業台は幅500×奥行き600で、作業する上面にはフィルムの粘着剤面が固着しない材料或いは離型剤処理したフィルム又はシートが、また底面にはゴム等からなる滑り止め材料が配置されている。
枠は幅500×高さ400であり、中央部より情報に透明粘着フィルム供給部を、中央部より下方に透明粘着フィルム方向変換バーを備えている。
透明粘着フィルム供給部はフィルムロール、ロールの中を貫通する軸、軸が嵌め込まれる枠に固定した支持台、軸にロールを固定する固定具、少なくともその一方に配置されたバネからなり、このバネの押圧により軸及び固定具が支持台に押し付けられ、フィルムロールの回転を制動するように作用している。フィルムロールは必要に応じ取り外し、交換できる。
透明粘着フィルム方向変換バーは単数或いは複数からなり、枠とほぼ同じか或いは作業台後方に、位置を移動可能なように枠に設置されている。このフィルム方向変換バーの形状は、例えば角柱状、板状、円柱状と任意に選択可能である。作業上透明粘着フィルム上に目印を付ける場合は角柱或いは板状バーが有利である。
作業台前方のフィルム供給部から作業台後方のフィルム方向変換バーを経由して、透明粘着フィルムを作業台に置いた本の表紙まで導くことで、フィルム供給部の制動手段と共に透明粘着フィルムに張力を加えることが可能となる。この張力を加えることにより得られる効果は大きく分けて2つある。1つは粘着剤を塗布されたフィルムの取り扱いが著しく容易になる点である。特に、離型紙で裏打ちされていないフィルムにおいては、粘着面間の付着が回避されるだけでなく、離型紙の剥離工程の省略、離型紙の廃棄処分の省略、材料費の低減といった点で有利である。張力を加えることの効果の2つ目は、フィルム方
向変換バー近傍に設けた裁断手段による裁断が容易になることである。例えば、ガイドに沿ってカミソリ刃を滑らせるだけでフィルムを簡単に裁断できる。
この透明粘着フィルムの本の表紙への貼り合わせは、先ず透明粘着フィルムの一端を本の一方の裏表紙の外側の縁から所定の位置に貼り付け、次いで表紙全体覆うように貼り付
け、張力を加えたまま所定の位置でフィルムを裁断する。その後粘着フィルムの残部を他方の裏表紙に貼り付ける。この間、透明粘着フィルムへ加えた張力を利用しながらフィルム表面から擦り付けることにより、空気の巻き込みは容易に回避できる。
その後、本の上下に伸びた透明粘着フィルムを裁断し、内側に折り返し、貼り合わせることにより粘着フィルムの貼り合わせは完了する。
作業中粘着フィルムが作業台に付着することを避けるため、作業台上面は粘着剤が固着しない材料或いは離型処理した材料で、且つ10mm間隔の方眼目盛を有する材料で覆い、作業をし易くしてある。作業台の底面には滑り止め処理が施されている。
【0010】
図1、図2に示す装置を用い、離型紙で裏打ちされていない透明粘着フィルムを本の表紙面に貼り合わせた。粘着フィルムの装着数は1時間当たり52冊であった。結果を表1に示す。
【0011】
粘着フィルムが離型紙で裏打ちされていること以外は実施例1と同様にして粘着フィルムを本の表紙に貼り付けた。離型紙はフィルム方向変換バーの手前で剥離除去した。粘着フィルムの装着数は1時間当たり51冊であった。結果を表1に示す。
【0012】
予め所定の長さに裁断した離型紙で裏打ちされていない粘着フィルムを本の表紙に貼り付けた。フィルムに皺がよるため取り扱い難く、空気の巻き込みもあり、外観は劣る。粘着フィルムの装着数は1時間当たり10冊であった。結果を表1に示す。
【0013】
粘着フィルムが離型紙で裏打ちされている以外は比較例1と同様にして粘着フィルムを本の表紙に貼り付けた。粘着フィルムの装着数は1時間当たり40冊であった。結果を表1に示す。
【0014】
【表1】[fig000003]


【産業上の利用可能性】
【0015】
本発明のカバー掛け方法及びその貼り合わせ装置は、図書館や学校等本の汚染或いは破
損防止が求められている分野で、安価な装置で、生産性を向上できるので有用である。

【0016】
1 : 作業台、2 : 枠、3 : 透明粘着フィルムロール、4 : フィルムロール固定具、4' : 軸、4" : バネ、5 : 軸の支持手段、6 : 透明粘着フィルム方向変換バー、7 : フィルム裁断手段、8 : 透明粘着フィルム、9 : 本










































(57)【要約】

【課題】本の汚染や破損を防止するための、安価で、生産性の高い本のカバー掛け方法及び透明粘着フィルムを貼り合わせる装置を提供する。【解決手段】枠2に設置した透明或いは半透明粘着フィルム8の供給部、単数或いは複数からなる透明粘着フィルムの方向変換バー6、方向変換バー近傍に設けた透明粘着フィルムの裁断手段7及び作業台1とから貼り合わせ装置を構成し、透明粘着フィルムの端を本の一方の裏表紙から、本9の表紙全体を経て、他方の裏表紙まで貼り合わせる間、透明粘着フィルム供給部に設けた制動手段及び透明粘着フィルムの方向変換バーの利用により、フィルムロール3と本に貼り付けたフィルム端間において、透明粘着フィルム上に張力を加えつつ貼り合わせると共に、張力を加えた状態で他端を裁断する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):