(54)【考案の名称】ブックカバー

(51)【国際特許分類】

B42D 3/18 ・他の付属装置

(73)【実用新案権者】合同会社GOOD PARTIES

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はサイズの異なる書籍の被覆が可能な形状に形成した耐久性のある素材で作られたブックカバーに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来のブックカバーの先行技術は、ある一つの規格の書籍に対し、その書籍の厚さ調整をいかに行うか、また伸縮性のある素材や部材等を使用し、なるべく多くの規格の書籍とその書籍の厚さに合わせる事は出来ないかというものがそのほとんどである。しかし、フリーサイズのブックカバーならば、そのブックカバーを製造する為の素材は限定され、購入決定の意思の主要部分である、商品デザインの選択肢が乏しく、たとえば布や革で出来たブックカバーが欲しいという需要には応えられない。またある一つの規格の書籍にのみに対応するブックカバーでは、たとえばA6版(以下「文庫本サイズの書籍」ないしは小さいサイズの書籍と記載する)とA5版サイズの書籍を中心に読む需要層はそれぞれのサイズに合わせた別々のブックカバーを購入しなければならず、ここでは機能の面で市場選択肢が乏しいという欠点がある。
【0003】
また、従来技術として、上部カバー(1)の右上部かどに突設した、係止体を有する上部カバー折り返し部(5)を設け、左上部かどに突設した、係止体を有する上部カバー折り返し部(6)を設け、上端長手方向に係止体(7)を設け、下部カバー(11)の右下部かどに突設した、係止体を有する下部カバー折り返し部(15)を設け、左下部かどに突設した、係止体を有する下部カバー折り返し部(16)を設け、下端長手方向に係止体(17)を設け、右上部かどにクリップ(18)を設け、左上部かどにクリップ(19)を設けたサイズ変更可能なブックカバーが開示されている(特許文献1)。
【0004】
そして、同文献には、面ファスナー(7、27)の中央部だけは、上部カバー(1)に接着されていない。この面ファスナー(7、27)が接着されていない部分の左側の適宜位置に、しおり(8)の下端を、面ファスナー(7、27)と上部カバー(1)で挟着する。このしおり(8)を挟着する個所は、前記の左側の適宜位置に限定せず、ほかの位置でもかまわない。つぎに、この面ファスナー(7、27)を接着していない中央部の下に、しおり(8)の上端をくぐらせて通す。装着する本の長さにしおり(8)の長さをあわせるには、面ファスナー(7、27)の下端より下に出ている、しおり(8)の長さを調節する旨の記載が開示されている(同文献段落0007参照)。
【0005】
また、同文献には、ページ押さえ(20)の材質に限定するものはないが、上部カバー(1)及び下部カバー(11)に使用される生地が、前記カバーと一致する色彩なので好ましい。また、これらの前記カバーをもとの生地から裁断し、その際の余分な生地から、このページ押さえ(20)の生地をとるので、経済的である。ページ押さえ固定部(21、22)には面ファスナーを使用するが、ほかの材質でもかまわない。このページ押さえ固定部(22)に、ページ押さえ(20)の下端を取りつけ、クリップ(23)の孔にページ押さえ(20)を挿通する。つぎに、四辺形のページ押さえ固定部(21)の両横辺が重なるように、面ファスナーのフックやループの付いていない面どうしを二つ折りにして重ねる。そして、この両横辺を固定すると、なかにものを挿通することができるので、ページ押さえ(20)を挿通する。この手段により、ページ押さえ(20)で押さえるページ数が増減しても、装着する本の縦の長さが異なっても、ページ押さえ固定部(21)で、ページ押さえ(20)の長さを自在に調節して対応できる。クリップ(23)には、うすいアクリル板を使用し、E字形をなすが、ほかの材質や形状でもよい。さらに、両面テープなどのほかの係止手段で下部カバーおもて表紙部(12)に、ページ押さえ(20)を係止してもかまわない。このページ押さえ(20)及びページ押さえ固定部(21、22)並びにクリップ(23)は、右のページだけでなく、左のページにも適用できる。さらに、ページ押さえ(20)及びページ押さえ固定部(21、22)並びにクリップ(23)をもう一組設け、左右両ページにも使用できるので、たいへん汎用性に富む旨の記載が開示されている(同文献段落0009参照)。
【0006】

【効果】

【0017】
本考案は一枚で2以上の種類の書籍に対応できるブックカバーであり、栞機能もブックカバーの一部を利用して形成されるので、栞機能を備えた収納部に書籍の途中頁の上端隅角部を差込可能に形成することができ、従来のように別体に作られた栞とは異なるために栞自体を紛失することは無い。また、書籍の表表紙及び裏表紙のそれぞれの上部及び下部が留め具に直接当たらないように係合部や帯状保持片各一端部で保持するとともに書籍の表紙の上部、下部のいずれも外部の物体等に直接当たらないようにブッカバーの本体を書籍の大きさよりも大きく形成することにより被覆状態で保護されるので、書籍の自重による表紙の損傷や、書籍の頁相当部位の汚れや損傷あるいは外部の物体に書籍の表紙が当たって損傷する等のトラブルを回避することができる。さらに、本考案は丈夫でかつ柔軟な素材を使用して作られるので安心して長きに亘り使用が可能であり、ブックカバーの表側の素材と裏側の素材を変えたり、柄や模様を変えたりし、特に小さいサイズの書籍例えば文庫本サイズの書籍のブックカバーに適用する場合は、外側に折り返す折返し片の素材とブックカバーの表側の素材とが異なるために鮮やかなコントラストを実現でき、デザイン性にも優れたブックカバーを提供することができる。

(57)【要約】

【課題】書籍の自重による表紙の損傷を回避し、安心して長きに亘り使用が可能で、デザイン性に優れたブックカバーを提供する。【解決手段】2以上の種類の書籍に対応できるブックカバーであり、しおり機能を有する収納部はブックカバーと一体化した状態で形成し、書籍の表表紙及び裏表紙のそれぞれの下部が留め具に直接当たらないように保持する構成のブックカバー。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):