(54)【考案の名称】ハガキを備えた印刷物

(73)【実用新案権者】株式会社ユ−キャン

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、新聞の折り込み広告等に使用する印刷物に関するものであり、特に一部にハガキを備えた印刷物に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来より、ハガキを備えた広告用チラシが提案されていた。例えば特許文献1に記載された広告用チラシは、部分的に封緘された広告用チラシであって、封緘部を切り取って開封することにより、ハガキ等として使用できる中間紙片を分離した状態で取り出すことのできる構成の広告用チラシである。
【0003】

【効果】

【0006】
本考案によれば、印刷物本体よりハガキを迅速、容易、確実に切り離すことができる。そのため、ハガキを印刷物から簡単に切り離して使用することができ、気軽に広告等に応募でき商品購入や資料請求へつなげる効果も大きいのである。
また、折返部を剥がした後の広告面にハガキが残るため、ハガキが目立つので広告効果を高めることが可能となる。
さらに製造方法が簡単であり、製作時の印刷スピードも速くコストも廉価となる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】本考案の一実施形態の平面図
【図2】本考案の一実施形態の製造過程の説明図
【図3】本考案の一実施形態の使用状態の説明図
【図4】本考案の一実施形態の使用状態の説明図

【0008】
図面に基づいて本考案の一実施形態を説明する。
図1は本考案の一実施形態の平面図、図2は同製造過程の説明図、図3及び図4は同使用状態の説明図である。
【0009】
本実施形態の印刷物であるチラシ本体1を構成する紙は、郵便法のハガキに関する規定に合致した厚みや重量を有するものである。そのため、1枚の厚紙でチラシ本体1を構成して、ハガキをとりやすくしたものである。しかし、他の方法として、薄い紙を強粘着して貼り合わせて構成することもできる。
【0010】
本実施形態の製造方法を説明すると、図示のように長方形のチラシ本体1の端部に、端縁16より所定の幅Lを有する折返部13を構成し、裏面の全面に弱粘着の糊を塗布する。この折返部13は、印刷物であるチラシ本体1の端縁16と平行な縦の折線12より折返して、チラシ本体1の貼着部11上に折り重ねて接着する。
前記弱粘着とは、容易に剥離できる粘着のことであり、後述のように貼着部11に残ったハガキ20も手で容易に剥離できる状態の貼着である。
【0011】
前記折返部13は、中央部分に構成した2本の縦の切取線14と2本の横の切取線15によってハガキ20を構成する。
前記縦の切取線14は、チラシ表面を完全に切断したスリットであり、横の切取線15はミシン目によって構成している。
【0012】
本実施形態は前記のように構成したから、ハガキ20は横の切取線15によって折返部13とつながっていて、かつ弱粘着の糊によって貼着部11の上に接着して固定されている。
そのため、チラシ本体1の配布時にハガキ20のみが剥がれてしまうこともなく、従来のチラシと同様の方法で問題なく配布することもできる。
【0013】
上記のように構成した本実施形態を使用するときには、図3に示すように折返部13の端部(図3中左側)を持って剥がしていく。
このとき、ハガキ20のミシン目である横の切取線15の強度よりも弱粘着の強度のほうを強くしてあるため、折返部13の枠部13aを剥がしていくと横の切取線15が切り取られることになる。なお、切取線14はスリットであるためあらかじめ折返部13から切り離されている。
このようにして、折返部13の枠部13aだけが剥がされて、ハガキ20は貼着部11上に弱粘着された状態で、剥がれずに残ることになる。
【0014】
図4は枠部13aを剥がし終わった状態を表している。折返部13よりハガキ20が切り取られたため、折返部13にはハガキ大の穴25が開いている。
ハガキ20は、手で貼着面11より容易に剥がすことが可能な強度で弱粘着されているためハガキ20をすぐに手に取りやすく、前述のように広告効果アップにつながるのである。
【0015】
また、通常の印刷工程上、2枚重ねの紙のうち一枚だけをハガキ型に切り取ることは、非常に高度な技術を必要とする。しかし、本実施形態では縦の切取線14と横の切取線15を入れてから折り重ねて貼着するため、技術的にも比較的簡単で、印刷スピードをアップさせ、コストを抑えられるというメリットもある。
【産業上の利用可能性】
【0016】
本考案は、折り重ねた印刷物を剥がすだけで印刷物本体からハガキを切り取ることができるため、容易、迅速かつ確実にハガキを印刷物から分離させて使用できるため、広告効果もアップするのである。
【0017】
1 チラシ本体(印刷物本体)
11 貼着部
12 折線
13 折返部
13a 枠部
14 縦の切取線
15 横の切取線
16 端縁
L 幅

(57)【要約】

【課題】容易、迅速かつ確実にハガキを印刷物から分離させて、ハガキの使用が抵抗なく行えるハガキを備えた印刷物を提供する。【解決手段】印刷物本体1の一側部に、印刷物本体1上に折り重ね可能な折返部13を構成し、前記折返部13の略中央部に、スリットからなる縦の切取線14とミシン目からなる横の切取線15を構成し、これらの切取線14、15によって切り取り可能なハガキ20を構成し、前記折返部13を印刷物本体1上に折り重ねて弱粘着性の接着手段で接着したことを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):