(54)【考案の名称】書籍、ファイルバインダ、しおり及びしおりセット

(73)【実用新案権者】エステイワイ工業株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、積層された複数の紙間に挿まれるしおりを備えた書籍、ファイルバインダ、及びかかる書籍、ファイルバインダを構成するために取付けるしおり及びこのしおりを備えたしおりセットに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、文字、図画等の視認対象物が表示された紙を積層して構成された書籍本体の上側の小口の近傍に基端側が取り付けられ、紙と紙の間に挿まれて上側の小口から下側の小口を通って書籍本体の下側に伸びる紐状体を、検出するべきページの見出しとするしおりが一般的に普及している(例えば、特許文献1参照。)。
【0003】

【効果】

【0013】
この考案に係る書籍、ファイルバインダによれば、しおりの紐状体が紙間に紛れ込むことが抑制されるので、開きたいページを容易かつ効率的に検出することができる。
また、この考案にかかるしおり、しおりセットによれば、書籍又はファイルバインダに容易に取付けることができる。
また、かかる書籍、ファイルバインダによれば、表示体を背表紙の表側に配置することで、書籍又はファイルバインダを立てて置く場合や開いて手に持つ場合に、しおりの表示体が邪魔になることがない。
また、表示体を背表紙側に位置させた場合に、表示体により書籍又はファイルバインダを容易、かつ効率的に識別することができる。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】本考案の第1の実施形態に係る書籍の書籍本体を開いた状態を示す斜視図である。
【図2】第1の実施形態に係る書籍を立て、表示体を背表紙の表側に配置させた状態を示す斜視図である。
【図3】本考案の第2の実施形態に係るファイルバインダを開いた状態を示す斜視図である。
【図4】第2の実施形態に係るファイルバインダを立て、表示体を背表紙の表側に配置させた状態を示す斜視図である。
【図5】本考案の第3の実施形態に係るしおりを示す斜視図である。
【図6】本考案の第3の実施形態に係るしおりを適用した書籍の書籍本体を開いた状態を示す斜視図である。
【図7】本考案の第3の実施形態に係るしおりを適用した書籍を立て、表示体を背表紙の表側に配置させた状態を示す斜視図である。
【図8】本考案の第4の実施形態に係るしおりセットを示す斜視図である。

【0015】
以下、図1、図2を参照し、この考案の第1の実施形態に係る書籍1について説明する。
書籍1は、書籍本体2と、しおり3と、外装体4とを備え、しおり3は基端側が書籍本体2の下側2Bの小口近傍の、例えば、書籍本体2と外装体4の間に固定され、書籍本体2の紙と紙の間に挿むことが可能とされ、書籍本体2の下側2Bの小口から上側2Aの小口まで紐状体を延在させて上側2Aの小口からその一部を露出させることができるようになっている。
【0016】
書籍本体2は、文字、図画等の情報等(視認対象物)が表示された複数の紙を積層して、一方(開く側と反対側)の辺の端部(背)を、例えば、樹脂製糊等の接着剤によって綴じ、書籍本体2の背は外装体4の背表紙4Aの内側に接着剤等により接続されている。
【0017】
しおり3は、紐状体3Aと、表示体3Bと、固定部3Cとを備え、紐状体3Aは、例えば、短冊状に成形した細長い布等の繊維で構成されている。
表示体3Bは、例えば、円形、多角形、ハート形、キャラクタ等の外縁に沿って成形したプラスチック等の成形体に、識別マーク、識別色、キャラクタ等の表示対象を表示して構成されている。
【0018】
固定部3Cは、例えば、金具、プラスチック片、紐状体3Aの基端側が接着剤により固化されることで形成され、例えば、書籍本体2と外装体4の間に配置されるようになっている。
なお、加工していない状態の紐状体3Aの一端を固定部3Cとしてもよい。
また、固定部3Cが紐状体3Aの基端側に設けられた粘着シールにより構成されてもよい。
外装体4は、背表紙4Aと、表表紙4Bと、裏表紙4Cとを備え、書籍本体2の背が背表紙4Aの内側に接続されている。
【0019】
書籍1によれば、しおり3が表示体3Bを有しているので、しおり3の紐状体3Aが書籍本体2の紙と紙の間に紛れ込むことが抑制され、その結果、開きたいページを容易かつ効率的に検出することができる。
また、書籍1を本棚等に立てて置く場合に、図2に示すように紐状体3Aを紙と紙の間に挿んで表示体3Bを背表紙4Aの表側に位置させることでしおり3の表示体3Bが書籍1の下側2Bに位置して下敷きとなることが防止され、書籍1を安定して置くことができる。
【0020】
また、図1に示すようにして書籍1を開いて手に持つ場合に、下側2Bの小口から上側2Aの小口に向かって紙と紙の間に紐状体3Aを挿むとともに表示体3Bを背表紙4Aの表側に位置させることで表示体3Bが手元側に垂れることが抑制される。
また、書籍1を、表示体3Bを背表紙4Aの表側に位置させることにより、書籍1の識別を容易にし、書籍1を効率的に探すことができる。
【0021】
次に、図3、図4を参照して、この考案の第2の実施形態に係るファイルバインダ10について説明する。
ファイルバインダ10は、しおり13と、外装体14と、綴り具15とを備え、外装体14は、背表紙14Aと、表表紙14Bと、裏表紙14Cとを有している。
しおり13は、基端側が、ファイルバインダ10に綴じた書類間に挿んだ状態で、書類の下側12Bの小口から上側12Aの小口まで紐状体13Aが延在し、上側12Aの小口からその一部が露出するようになっている。
【0022】
書類は、文字、図画等の情報等(視認対象物)が表示された紙からなり、一方(開く側と反対側)の辺の端部(背)近傍に綴り具15に対応する孔が形成され、綴り具15によって綴じられるようになっている。
【0023】
しおり13は、紐状体13Aと、表示体13Bと、固定部13Cとを備え、紐状体13Aは、例えば、短冊状に成形した細長い布等の繊維で構成されている。
表示体13Bは、例えば、円形、多角形、ハート形、キャラクタ等の外縁に沿って成形したプラスチック等の成形体に、識別マーク、識別色、キャラクタ等の表示対象を表示して構成されている。
【0024】
固定部13Cは、例えば、金具、プラスチック片、紐状体13Aの基端側が接着剤により固化されることで形成され、例えば、ファイルバインダ10に書類を綴じた場合に、書類の下側12Bの小口近傍において外装体14に固定されている。
なお、加工していない状態の紐状体13Aの一端を固定部13Cとしてもよい。
また、固定部13Cが紐状体13Aの基端側に設けられた粘着シールにより構成されてもよい。
【0025】
綴り具15は、例えば、背表紙4Aの内側に固定される固定部と、その両側に設けられ互いに対向可能とされたヒンジとを備え、一方のヒンジに書類に形成された孔を貫通し他方側のヒンジに形成された係合部と係合して書類を綴じるための2本のピンが形成された構成とされている。
【0026】
ファイルバインダ10によれば、しおり13が表示体13Bを有しているので、しおり3の紐状体13Aが書類の間に紛れ込むことが抑制され、その結果、開きたいページを容易かつ効率的に検出することができる。
また、ファイルバインダ10を本棚等に立てて置く場合に、図4に示すように紐状体13Aを書類間に挿んで背表紙14Aの表側に表示体13Bを位置させることでしおり13の表示体13Bがファイルバインダ10の下側12Bに位置して下敷きとなることが防止され、ファイルバインダ10を安定して置くことができる。
【0027】
また、図3に示すようにしてファイルバインダ10を開いて手に持つ場合に、下側12Bの小口から上側12Aの小口に向かって書類間に紐状体13Aを挿むとともに表示体13Bを背表紙14Aの表側に位置させることで表示体13Bが手元側に垂れることが抑制される。
また、ファイルバインダ10を、表示体13Bを背表紙14Aの表側に位置させることにより、ファイルバインダ10の識別を容易にし、ファイルバインダ10を効率的に探すことができる。
【0028】
次に、図5、図6、図7を参照して、この考案の第3の実施形態に係るしおり25について説明する。
しおり25は、図6、7に示すような書籍1を構成するために取付けるしおりであって、紐状体26と、表示体27と、固定部材29とを備えている。
【0029】
紐状体26は、例えば、繊維を細長い短冊状に成形した形態をしており、しおり25を取付ける対象の書籍本体の上下方向長さより長く形成され、綴じられた書類1又は書籍本体2の下側の小口から上側の小口まで延在可能とされている。
【0030】
表示体27は、例えば、図5に示すような動物等のキャラクタ28を形取ったものや、例えば、円形、多角形、ハート形等に形成したプラスチック等の成形体に、識別マーク、識別色、キャラクタ28等の表示対象を表示した構成とされている。
【0031】
固定部材29は、紐状体26の基端部に接続される、例えば、粘着シート29Aと剥離紙29Bとから構成され、粘着シート29Aから剥離紙29Bを分離して、図6、図7に示すように裏表紙4C(又は表表紙4B)の内側面に粘着シート29Aを貼着して用いるようになっている。このように、しおり25を粘着シート29Aによって貼着することで、書籍1の視認対象物を基準とした場合の小口近傍に容易に固定することができるようになっている。
なお、このしおり25を、例えば、図3、4に示すようなファイルバインダの背表紙14A、表表紙14B、裏表紙14Cのいずれかの内側に貼着して用いてもよい。
【0032】
なお、粘着シート29Aと剥離紙29Bとから構成される固定部材29に代えて、書籍1の下側の小口近傍又はバインダの下側小口予定部と接続可能とされる周知の固定金具等を用いてもよいし、固定部材29が粘着シート29Aを用いている場合に、紐状体26と、固定部材29とを別々にしてもよい。
【0033】
しおり25によれば、基端側の固定部材29を書籍1の下側の小口近傍又はバインダの下側小口予定部に容易に固定して書籍1又はファイルバインダをしおり付きの書籍1又はファイルバインダとすることができる。
【0034】
次に、この考案の第4の実施形態に係るしおりセットについて説明する。図8に示したのは、しおりセット20を示す図である。
しおりセット20は、しおり25を、例えば、ポリ袋21等に封入して構成され、例えば、固定部材29と紐状体26とが接続されていない別々の状態の場合でも、しおり25を一体に流通可能とされている。
しおりセット20によれば、例えば、雑誌の付録として効率的に流通させることが可能となり、このような場合にしおりの一部が損傷又は紛失するのを抑制することができる。
【0035】
なお、この発明は上記実施の形態に限定されるものではなく、発明の趣旨を逸脱しない範囲において、種々の変更をすることができる。
例えば、上記実施の形態においては、ファイルバインダ10が、2本のピンが配置された綴り具15を備える場合について説明したが、他の周知の綴り具を用いてもよいことはいうまでもない。
【産業上の利用可能性】
【0036】
本考案は、書籍又はファイルバインダに綴られた積層された紙のうち表示させたいページを効率的に検出することができるので、産業上利用可のである。
【0037】
1 書籍、2 書籍本体、3 しおり、3A 紐状体、3B 表示体、3C 固定部、4 外装体、4A 背表紙、4B 表表紙、4C 裏表紙、10 ファイルバインダ、13 しおり、13A 紐状体、13B 表示体、14 外装体、14A 背表紙、14B 表表紙、14C 裏表紙、15 綴り具、20 しおりセット、25 しおり、26 紐状体、27 表示体、29 固定部材

(57)【要約】

【課題】書籍又はファイルバインダ等において、文字、図画等の視認対象物が表示された複数の紙の間に挿まれるしおりを備え、表示するべきページを容易かつ効率的に検出することが可能な書籍、ファイルバインダ、しおり及びしおりセットを提供すること。【解決手段】文字、図画等の視認対象物が表示された複数の紙が積層され、ひとつの辺で綴じられた書籍本体2と、しおり3とを備えた書籍1であって、前記しおり3は、基端側が、前記書籍本体の前記視認対象物を基準として下側2Aの小口近傍に固定され、前記下側2Bの小口から上側2Aの小口の外方まで延在可能とされる紐状体3Aと、前記紐状体3Aの先端側に設けられる表示体3Bとを備えることを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):