(54)【考案の名称】3輪式自動車の後輪部フレーム構造

(73)【実用新案権者】株式会社トライクジャパン

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、自動二輪車の後輪を取り外し、車体フレームに左右一対の後輪を新たに取り付けて自動三輪車に改造する場合における後輪部のフレーム構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
自動二輪車の後輪を取り外し、車体本体に左右一対の後輪を新たに取り付けて自動三輪車に改造する際、車体フレームと後輪部フレームを形成するスイングアーム部とを接合する場合には、上記スイングアーム部と上記車体フレームはラジアル軸受部を介して接合され、車体上下方向における衝撃の入力に対して追随できるように構成されていた。
【0003】
しかしながら、走行中に左右の後輪の一方が障害物に乗り上げた場合等は、上記スイングアーム部と上記車体フレームとの接合部には、単なる車体上下方向における力の入力のみではなく、上記ラジアル軸受の軸方向、所謂スラスト方向を含む様々な方向における力の入力がある。
上記ラジアル軸受部は軸に対する回動動作のみ可能であることから、ラジアル方向の力は上記回動動作によって吸収しうるが、スラスト方向等に働く力については上記回動動作では吸収できず、そのままスイングアーム部に伝達される。
従って、スイングアーム部の振動により車体全体が振動し、乗り心地及び、走行安定性が損なわれると共に、上記スラスト方向等において発生する力によって、スイングアーム部と上記車体フレームとの接合部分に大きな荷重が作用するという不具合を有していた。

【効果】

【0010】
請求項1〜4の考案は、後輪部フレームと車体フレームとを、球面滑り軸受部を介して接合することによって、接合部分においてラジアル方向、及びスラスト方向を含む多様な方向の衝撃の入力が有った場合であっても、車体フレームは、上記衝撃に適宜追随することができる。従って、走行時の乗り心地、及び走行の安定性が良好となる。
また、車両走行時における様々な方向からの後輪への衝撃の入力に対して有効に追随することができるため、車体フレームと後輪部フレームとの接合部への衝撃荷重の集中を避けることができ、より安全な走行性能を提供することが可能となる。
特に請求項2及び4の考案にあっては、上記一対のスイングアーム部と上記連絡部材との間に配設された補強部材を備えることから、後輪部フレームの耐久性がより向上し、長期間に亘ってより安定した走行性を確保することが可能となり、走行の安定性が向上すると共に走行耐久性を向上させることができる。

(57)【要約】

【課題】走行時の乗り心地、及び走行の安定性が良好であると共に、車両走行時における様々な方向からの後輪への衝撃の入力に対して有効に対応することができ、より安全な走行性能を提供することが可能な後輪部フレーム構造を提供する。【解決手段】前部1輪及び後部2輪の3輪式自動車の車体フレーム16の後端部に接合固定される後輪部フレーム構造10であって、上記後輪部フレームは、後端部は後輪車軸部12の両端部に接合固定されると共に前端部は球面滑り軸受部15を介して車体フレーム16に接合固定された構成とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):