(54)【考案の名称】開封構造

(73)【実用新案権者】株式会社マバタキ製作所

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、開封構造に関し、特に、情報を視覚的に強調することができる開封構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、封緘された箱等(例えば菓子箱等)を開封するための開封構造として、特許文献1に示すように、開封用帯体を用いた帯状の開封構造がある。
【0003】
この帯状の開封構造は、一方向に二列となって配された複数の切込線と、この二列の切込線間に挟まれ、複数の切込線が繋がることにより箱から分離される開封用帯体部とから構成される。
【0004】
この複数の切込線はそれぞれ、切込線の配列に延びた辺部と、一端がこの辺部の一端に繋がり、他端が開封用帯側に向いた辺部とからなる構成である。そして、開封用帯体部の所定の端部を把持して一方向に向かって引っ張り、分離破断させ開封する。
【0005】
この開封用帯体を用いた帯状の開封構造によれば、複数の切込線の配列方向に対して引っ張り、分離破断させることにより、紙むけ等を生じさせずに容易に開封用帯体部を分離させることができる。
【0006】

【効果】

【0015】
本考案の開封構造によれば、第1のシートと、前記第1のシートに接着層を介して貼着されるとともに断続した切込部が設けられる第2のシートとからなる開封構造であって、前記第1のシートは所定の情報が印字される情報印字領域を有し、前記切込部を前記第2のシートから剥離することで、前記第1のシートの前記情報印字領域が表出しにすることができるため、情報を視覚的に強調することができる。
【図面の簡単な説明】
【0016】
【図1】図1(a)は、シート状部材の平面図であり、図1(b)は、図1(a)に示すA−A断面を示した図であり、図1(c)は、シート状部材に設けられた開封帯状体が開封された状態を示した図である。
【図2】図2(a)は、第一シートに情報が印字されているシート状部材を示し、図2(b)は、開封帯状体が開封された状態を示した図である。
【図3】幅広い開封帯状体102が設けられているシート状部材100を示した図である。
【図4】図4(a)は、複数の開封帯状体302が設けられたシート状部材300を示した図であり、図4(b)は、開封帯状体302が設けられた見開きが可能なシート状部材を示した図である。
【図5】図5(a)は、第一のシートにハート形状の切込み線501が設けられたシート状部材を示した図であり、図5(b)は、ハート形状の輪郭に沿って、第一のシートから開封帯状体502が剥離された状態を示した図である。
【図6】図6(a)は、文字形状の切込み線601が設けられたシート状部材600を示した図であり、図6(b)は、窓状の切込み線701が設けられたシート状部材700を示した図である。

【0017】
次に、図面を参照して、本考案の開封構造について説明する。
図1は、本考案の開封構造が適用されるシート状部材の構成を示した図であり、(a)は、そのシート状部材の平面図であり、(b)は、A−A断面を示した図であり、(c)は、シート状部材に設けられた開封帯状体が開封された状態を示した図である。
【0018】
図1(a)に示すように、シート状部材100は、表面上に複数の切込み線101がシート状部材100の長手方向に沿って設けられている。この切込み線101を設けることにより、一方向に向かってめくることが可能な開封帯状体102を形成することができる。この開封帯状体102は、一方の端部に摘んで引っ張ることができるつまみ部102aを有する。
【0019】
このシート状部材100は、図1(b)に示すように、第2シート103と第1シート104とが接着層105を介して貼着されている。接着層105は、第2シート103に設けられている開封帯状体102の両側のみに設けられている。
なお、本実施形態では、第2シート103及び第1シート104の接着層105と接していない面を表面とし、これらの表面を印字領域とする。
【0020】
そして、図1(c)に示すように、開封帯状体102のつまみ部102aをつまんで一方向に引っ張ると、開封帯状体102が第2シート103から分離し、第2シート103から剥離される。この時、開封帯状体102は、つまみ部102aと対向する端部で第2シート103に保持された状態となっている。開封帯状体102が第2シート103から剥離されると、第1シート104の印字領域106及び開封帯状体102の裏面の印字領域107が表出しされる。
なお、開封帯状体102を第2シート103から剥離した後、端部で保持することなく分離させてもよい。
【0021】
次に、図2を参照して、図1に示したシート状部材100の使用方法について説明する。
図2に示すシート状部材100は、名刺として使用した場合について示した図であり、(a)は、第2シート103に情報が印字されているシート状部材100を示し、(b)は、開封帯状体102が開封された状態を示した図である。
図2(a)に示すように、第2シート103の開封帯状体102の上下には、「会社名」と、「所属先」、「住所等」が印字されている。この状態で、開封帯状体102のつまみ部102aをつまんで引っ張ると第1シート104の印字領域106に「名前」、「電話番号」、「メールアドレス」が表出しされ、開封帯状体102の裏面の印字領域107に「挨拶文」が表出しされる。このような構成の名刺の場合、受け取った側に対して視覚的な効果を与えることができる。
また、「名前」や「電話番号」を開封帯状体102の表面に印字し、第1シート104の印字領域106にキャラクター等を印字してもよい。
なお、以上では名刺の例で説明したが、これに限られるものではない。
【0022】
次に、図3〜図6を参照して、シート状部材100の他の構成について説明する。
図3は、幅広い開封帯状体202が設けられているシート状部材200を示した図である。
図3に示すシート状部材200は、図1に示したシート状部材100に設けられている開封帯状体102の幅よりも広い幅を有する開封帯状体202を設けている。開封帯状体202の幅を広くすることで、多くの情報を第1シート204の表面と、開封帯状体202の裏面とに印字することができる。
【0023】
図4(a)は、複数の開封帯状体302が設けられたシート状部材300を示した図であり、図4(b)は、開封帯状体302が設けられた見開きが可能なシート状部材400を示した図である。
図4(a)に示すシート状部材300は、複数の開封帯状体302がシート状部材300の長手方向に沿って並べて設けられている。このように1枚のシート状部材300に複数の開封帯状体302を設けることが可能である。また、図4(a)では、開封帯状体302の有するつまみ部302aが同一方向に並べられているが、交互に並べるようにしてもよい。
【0024】
図4(b)に示すシート状部材400は、見開きが可能なシート状部材400であって、左右のシートに1つもしくは複数の開封帯状体402を設けることができる。このシート状部材400の場合、例えば、メッセージカードや本等に応用することができる。
【0025】
図5(a)は、第2シート503にハート形状の切込み線501が設けられたシート状部材を示した図であり、図5(b)は、ハート形状の輪郭に沿って、第2シート503から切込部502が剥離された状態を示した図である。
図5(a)に示すように、ハート形状の切込部502は、底部近辺を除いたハート形状の輪郭に切込み線501を設けることによって形成される。なお、この切込部502はハート形状以外にも、円形や多角形といった形状でも良い。そして、図5(b)に示すように、切込み線501に沿って第2シート503から切込部502を剥離させ、第1シート502に印字された情報を表出しにすることができる。
【0026】
図6(a)は、文字形状の切込み線601が設けられたシート状部材600を示した図であり、図6(b)は、窓状の切込み線701が設けられたシート状部材700を示した図である。
図6(a)に示すシート状部材600は、文字形状の切込み線601を設けることで文字形状の切込部となる開封帯状体602が形成されており、例として、X形状の開封帯状体602が示されている。他に、S字形状やL字形状といった文字形状で第2シート603上に開封帯状体602を形成してもよい。図6(b)に示すシート状部材700は、第2シート703の中央に開封帯状体702が設けられている。この開封帯状体702は、切込み線701が第2シート703の略中央に窓状に設けられている。この場合、切込み線701が第2シート703の端部まで達していないため、開封帯状体702は、第2シート703から剥離しても第1のシートに保持されたままとなる。
【0027】
また、図示しないが、他の構成として、第1シート104の表面に予め香水を吹き付けておき、開封帯状体102を開封すると、その香水の香りを発するといったようにしてもよい。さらに、第2シート103と第1シート104とを貼着させず、第1シート104の印字領域106にメッセージ等を印字した後に、貼着させることでオリジナルのメッセージカードを作成することができる。
【0028】
以上の説明から、本考案の開封構造は、第2シートに設けられた開封帯状体を剥離することで、第1シートの印字領域に印字された情報を表出しすることができる。また、第2シートと予め情報を記録した第1シートを接着層を介して貼着させたシートに切込み線を設けることで、容易に開封構造を形成することができる。
【0029】
この第1シートに印字される情報は、名前や住所などの個人情報、メッセージ、広告等であり、開封帯状体を開封させるといった行為をさせて情報を表示するため、その情報に対してより印象を強く与えることができる。
【産業上の利用可能性】
【0030】
本考案は、以上に述べたように構成されているので、予め隠蔽しておきたい情報を第1シートに印字しておき、開封帯状体を開封することで情報を表出しにすることができる。これを利用して、例えば、名刺やメッセージカード、ダイレクトメール、書籍カバー、カレンダーといったものに適用することができ、受け取った側に開封帯状体を開封させるといった行為をさせることで、開封率を高めることができると共に、興味を持たせることができる。
【0031】
100、200、300、400、500、600、700 シート状部材
101、201、301、401、501、601、701 切込み線
102、202、302、402、502、602、702 開封帯状体
103、203、303、403、503、603、703 第2シート
104 第1シート
105 接着層
106、107 印字領域

(57)【要約】

【課題】シートに設けられた切込みに沿って帯状体を剥離することにより、隠蔽された情報を表出しにして、視覚的に情報を強調することが可能なシート状部材を提供する。【解決手段】シート状部材100は、表面上に複数の切込み線101がシート状部材100の長手方向に沿って設けられている。この切込み線101を設けることにより、一方向に向かってめくることが可能な開封帯状体102を形成することができる。この開封帯状体102は、一方の端部に摘んで引っ張ることができるつまみ部102aを有する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):