(54)【考案の名称】靴用クッション部材

(73)【実用新案権者】砂山靴下株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、靴底上に配置することにより、歩行時などにおける足への衝撃を緩和する靴用クッション部材に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、歩行時などにおける足への衝撃を緩和する靴用クッション部材として、エラストマー、ゴム等の弾性材料を所定の形状に成形し、これを靴底上に配置するものが提案されている(例えば、非特許文献1参照)。この靴用クッション部材は、裏面が靴底に密着するもので、貼り付けに両面テープを必要としないものである。
【0003】
【非特許文献1】http://www.columbus.co.jp/~onlineshop/fs/index.htm

【考案が解決しようとする課題】
【0004】
しかし、非特許文献1の靴用クッション部材は、エラストマー、ゴム等の弾性材料を所定の形状に成形しただけのものであり、装飾性・ファッション性に乏しいものであった。
【0005】
本考案は、上述した事情に鑑みてなされたもので、靴底上に配置することにより、歩行時などにおける足への衝撃を緩和する靴用クッション部材であって、装飾性・ファッション性に優れ、しかもクッション性および強度が従来の靴用クッション部材よりも向上した靴用クッション部材を提供することを目的とする。

【効果】

【0013】
本考案の靴用クッション部材は、優れた装飾性・ファッション性を有し、かつクッション性および強度にも優れたものである。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】本考案に係る靴用クッション部材の一実施形態を示す平面図である。
【図2】図1の靴用クッション部材を示す側面図である。
【図3】図1の靴用クッション部材を示す図1A−A線に沿った模式的拡大断面図である。

【0015】
以下、本考案につき図面を参照してさらに詳しく説明する。図1〜図3は本考案に係る靴用クッション部材の一実施形態を示すもので、図1は平面図、図2は側面図、図3は図1A−A線に沿った模式的拡大断面図である。
【0016】
本例の靴用クッション部材10は、靴底のつま先部分に配置されるもので、下側クッションシート12と、上側クッションシート14と、下側クッションシート12と上側クッションシート14との間に挟持された装飾シート16とを具備する。
【0017】
下側クッションシート12は、透明なオレフィン系エラストマーからなるもので、裏面が平面状で靴底に対する密着力・摩擦力が高く、これにより靴用クッション部材10を靴底に載置したときに、下側クッションシート12の裏面が靴底に密着し、靴用クッション部材10が靴底上でずれることが防止されるようになっている。
【0018】
上側クッションシート14は、透明なオレフィン系エラストマーからなるもので、平面形状が下側クッションシート12とほぼ相似形状で、下側クッションシート12より若干大きい。上側クッションシート12の表面には、多数の小さい突起18が形成されており、これにより高いクッション性および優れた足の滑り止め効果を得ている。また、上側クッションシート12の裏面には、装飾シート16を接合した下側クッションシート12を収容する下側クッションシート12とほぼ同形状の凹部20が形成されている。そして、凹部20に装飾シート16を接合した下側クッションシート12を収容することにより、下側クッションシート12の裏面と、上側クッションシート12の凹部20より外方の裏面とが同一平面をなし、これによって靴用クッション部材10の裏面の靴底に対する密着力・摩擦力がより高くなっている。
【0019】
装飾シート16は、綿布の表面に印刷による装飾を施したもので、本例では上記装飾として、黒地22に多数の白い水玉24を配した水玉模様を施してある。装飾シート16は、下側クッションシート12とほぼ同形状である。
【0020】
本例の靴用クッション部材10では、下側クッションシート12の表面に装飾シート16が接着剤あるいは熱融着により接合されているとともに、上側クッションシート14の裏面に装飾シート16が接着剤あるいは熱融着により接合されており、これにより下側クッションシート12と上側クッションシート14との間に装飾シート16が挟持された状態で、下側クッションシート12、上側クッションシート14および装飾シート16が一体化されている。
【0021】
本例の靴用クッション部材10は、次の工程によって作製することができるが、靴用クッション部材10の製法はこれに限定されるものではない。
(1)下側クッションシート12の表面に装飾シート16の裏面を接着剤あるいは熱融着により接合する。
(2)上側クッションシート14の裏面に下側クッションシート12に接着した装飾シート16の表面を接着剤あるいは熱融着により接合する。
【0022】
本例の靴用クッション部材10を靴底のつま先部分に配置した場合、靴用クッション部材10のクッション性により歩行時などにおける足への衝撃が緩和され、かつ、上側クッションシート14の突起18の滑り止め効果により足の前ズレが防止されるとともに、装飾シート16により優れた装飾性・ファッション性が得られるものである。
【0023】
本発明の靴用クッション部材は上記実施形態に限定されるものではなく、種々の変更が可能である。例えば、下側クッションシートと上側クッションシートをほぼ同形状とするとともに、装飾シートを下側クッションシートおよび上側クッションシートより小さい相似形状とし、下側クッションシートと上側クッションシートとの間に装飾シートを挟持した状態で、下側クッションシートと装飾シート、上側クッションシートと装飾シート、下側クッションシートおよび上側クッションシートの縁部同士をそれぞれ接合してもよい。さらに、下側クッションシート、上側クッションシートおよび装飾シートを全てほぼ同形状とし、これらを互いに接合してもよい。また、前記実施形態の靴用クッション部材はつま先部分に配置するものとしたが、かかと部分などの靴底の他の部分に配置するものとしてもよい。
【0024】
10 靴用クッション部材
12 下側クッションシート
14 上側クッションシート
16 装飾シート
18 突起

(57)【要約】

【課題】靴底上に配置することにより、歩行時などにおける足への衝撃を緩和する靴用クッション部材であって、装飾性・ファッション性に優れ、しかもクッション性および強度が従来の靴用クッション部材よりも向上した靴用クッション部材を提供する。【解決手段】弾性材料からなり、裏面が靴底に密着する下側クッションシート12と、透明な弾性材料からなる上側クッションシート14と、表面に装飾が施された装飾シート16とを具備し、下側クッションシートと上側クッションシートとの間に装飾シートが挟持された状態で、下側クッションシートと装飾シート、上側クッションシートと装飾シートがそれぞれ接合されている靴用クッション部材10とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):