(54)【考案の名称】携帯式電子装置に適用する軽便式機能拡張ユニット

(73)【実用新案権者】奐億科技股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、機能拡張ユニットに関し、特に、携帯式電子装置に適用する軽便式機能拡張ユニットに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
軽薄、短小化の設計傾向につれて、現在、ノートパソコンがますます小型化されている。一方、一部の機構部品には大きさに条件があるため、ノートパソコンの小型化には限界がある。そのため、ノートパソコンを小型化する場合にも卓上型コンピュータと同じ機能を具備するため、ノートパソコンに適用する機能拡張ユニット(docking station)が開発されている。
【0003】
このような機能拡張ユニットは、複数のインターフェース規格のポート、例えば、USBや、PS/2ポート、IEEE1394、パラレルポート(parallel port)、シリアルポート(serial port)、イーサネット(登録商標)ポート(RJ−45)及び光ディスク等からなり、機能拡張ユニットとノートパソコンとが分離する設計方式によって、ノートパソコンの重さを大幅に軽減し、小型化することができる。また、ノートパソコンを周辺装置と接続する必要がある場合、ユーザはノートパソコンを機能拡張ユニット上に置けば、周辺装置とデータ伝送作業を行え、或いはノートパソコンの充電作業を行える。
【0004】
しかしながら、従来の機能拡張ユニットは体積がいずれも非常に大きいので、ユーザにとって携帯の時にやや不便となる。また、従来の機能拡張ユニットはいずれも、機能拡張ユニットとノートパソコンとの係合関係を制御するための押し部を上方に設けているが、機能拡張ユニットの上方に押し部が設けられると、機能拡張ユニットに配置されたノートパソコンが非常に盗まれ易く、盗難防止の効果を有効に達成できない。
【0005】
以上から分かるように、現在、従来の機能拡張ユニットには、不便や欠点が明らかに存在し、改善されるべきである。
【0006】
本考案者は、上記欠点を改良するため、長年この領域で積み立てた経験により鋭意研究し、さらに学術理論を運用することで、合理的な設計でありかつ前記欠点を有効に改善できる本考案を提案した。
【考案が解決しようとする課題】
【0007】
本考案の主な目的は、携帯式電子装置に適用する軽便式機能拡張ユニットを提供することである。当該機能拡張ユニットは構造が簡単であり且つ体積が非常に小さいことを特徴とするので、ユーザが携帯し易くなる。また、本考案は、押し部をケースの下方に隠して設置するので、本考案の外見を向上させるだけではなく、該押し部が押し難くなり、盗難防止の効果を有効に達成できる。例えば、押し部を押すには比較的大きな動作が必要ある(該軽便式機能拡張ユニットを持ち上げる或いは反転する必要がある)ので、周辺の人の注意を起こし易く、盗難防止の効果を有効に達成できる。

(57)【要約】

【課題】携帯式電子装置に適用する軽便式機能拡張ユニットを提供する。【解決手段】ベース板モジュール1と、ケースモジュール2と、回路基板モジュール3と、第一入出力モジュール4と、第二入出力モジュール5と、ロックユニット6とを含む。ケースモジュールは、ベース板モジュールに組み合わせるためのケース20を備える。回路基板モジュールは、ケースモジュールのケース内に設けられる。第一入出力モジュールはケース上に設けられ、第一入出力モジュールは、回路基板モジュールと複数の異なる周辺電子設備との間に電気的に接続される。第二入出力モジュールはケース上に設けられ、第二入出力モジュールは、回路基板モジュールと携帯式電子装置の外付けコネクタとの間に電気的に接続される。ロックユニットは、携帯式電子装置の下端に位置された二つの係止溝に組み合わせる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):