(54)【考案の名称】多機能型メデアプレーヤー

(73)【実用新案権者】株式会社 計測技研

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、受話器を取るだけで登録先に接続され会話のできる電話通信機能搭載の多機能型メデアプレーヤーに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、CF/SD/USB/MMC/MS(Pro)などの各メモリーカードに対応したメモリーカードプレーヤーは、一般的にデジタルフォトフレームの名称で販売されており、各メモリーカードに製品や公知したい情報を動画や写真を収録し、収録された画像を店舗等で放映ことで製品の販促などに効率の良い広報、広告手段として広く利用されている。
しかし、これまでのデジタルフォトフレームは、受話器を取るだけで登録先に自動接続、会話のできる直通電話機能搭載のデジタルフォトフレームは市販されていない。またデジタルフォトフレームの放映画像を見て、もっと詳しい情報が必要な場合には映像の情報提供者、あるいは設置店舗の担当者に聞くしか手段がなかった。
【0003】
従来、店舗などの限られた空間内で流されている視聴覚情報に関連する関連情報を簡単に入手することができる情報収集システムが知られている(特許文献1を参照)。
この公知技術では、ユーザがCDショップや映画館、飲食店のような店舗やスキー場などの限られた空間内でスピーカーやモニターから送出される音楽や映像などの視聴覚情報を見聞きして、これらの情報に関連する関連情報を所望した場合、そこに設置されたサーバの通信域内に携帯端末が入ることにより視聴覚情報に関連する関連情報を自分の持つ携帯端末に即座に入手できるものである。
【0004】

【効果】

【0007】
本考案の多機能型メデアプレーヤーは、受話器をとるだけで、予め登録されたコールセンターなどに自動接続され会話することで、健康食品・化粧品などあらゆる製品情報やイベント情報、不動産賃貸・売買情報、旅行企画商品の情報など、会話することで、より詳しい情報収集が即座に入手可能となり、製品の販促、公知等に際して広報効率の優れた効果が期待される。
また、本考案の多機能型メデアプレーヤーで、利用者は様々な製品情報の画像を見て情報を収集、更に詳しい情報を入手したい場合、情報の提供者と受話器をとり会話することで、より必要な情報を即座に簡単に入手が可能となる。
また、本考案の多機能型メデアプレーヤーに搭載する直通電話にはA/B接点の入力端子があり、設置店舗の営業時間外において火災、防犯のセンサーを接続することで、非常時における通報機能も有することから、24時間コールセンター機能を生かした、設置店舗側における設置メリットの提案も可能となる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】本考案の多機能型メデアプレーヤーの概略構成図である。

【0009】
本考案の多機能型メデアプレーヤーの一実施例を添付図面に基づいて、以下に説明する。
図1に本考案の多機能型メデアプレーヤーの外観図を示す。
本考案の多機能型メデアプレーヤー1は、ホームセンター、ドラッグストア、飲食店など店舗に設置され、新製品情報や様々な企画情報の映像を表示するデジタルフォトフレーム(液晶モニター)2と、CF/SD/USB/MMC/MS(Pro)などの各メモリーカードに対応したカードスロットがデジタルフォトフレーム(液晶モニター)2の背部に備えられ、さらに前記デジタルフォトフレーム(液晶モニター)2の前面にはコールセンターへ繋がる直通電話3が一体化された形で設置される。
なお、デジタルフォトフレーム(液晶モニター)とは、デジタル写真の表示に特化したディスプレイである。
前記直通電話3は、外部への通信機能である携帯電話回線、PHS回線、一般公衆回線ユニットなど、最も設置環境に即した通信ユニットを装着して各通信ネットワークへ接続され、該通信ネットワークを介して各メモリーカードに対応したコールセンターへ接続される。
前記直通電話3には、あらかじめメモリーカードに対応したコールセンターの電話番号が入力されており、受話器を取ると自動的にコールセンターへ接続されるようになっている。
【0010】
また、本考案の多機能型メデアプレーヤー1は、デジタルフォトフレーム(液晶モニター)2画面にタッチして、動画の一時停止機能、スライド機能などリモコン機能も搭載されており、利用者はより詳しい情報がほしい場合、画面に触れ画像を一時停止した状態で、直通電話3の受話器を取り、情報の提供者と会話ができ必要な情報を即座に入手も可能となる。
【0011】
また、本考案の多機能型メデアプレーヤー1に搭載する直通電話3にはA/B接点の入力端子があり、多機能型メデアプレーヤー1設置店舗の営業時間外においては、センサー接続により火災、防犯など非常時における通報機能も有する。
【0012】
店舗、病院等に設置された多機能型メデアプレーヤー1は、ドラックストアで健康食品の効能や服用の説明、医院で先進医療情報、書店でベストセラー情報、新車販売情報の動画広報、最新携帯電話情報(モバイルショップ)知的玩具の情報、健康食品・化粧品の効能説明、季節の生鮮食品情報(スーパー)、旅行商品の企画情報、不動産売買情報、賃貸情報、予告映画の広報、あるいはテレビコマーシャル連携の広報、新製品情報をテレビ画面をダウンロード放映するなど、新企画情報を店頭プロモーションとして利用できる。
【0013】
1 多機能型メデアプレーヤー
2 デジタルフォトフレーム(液晶モニター)
3 直通電話

(57)【要約】

【課題】受話器を取るだけで登録先に接続される直通電話機能搭載の多機能型メデアプレーヤーを提供する。【解決手段】CF/SD/USB/MMC/MS(Pro)などの各メモリーカードに対応したデジタルフォトフレームにおいて、液晶画面サイズ5インチ、7インチ、8.5インチ、10インチ、12インチ、15インチなどの各サイズのデジタルフォトフレームに電話通信機能を一体化したことを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):