(54)【考案の名称】ポケット付きブックカバー

(51)【国際特許分類】

B42D 3/18 ・他の付属装置

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本発明は、本及び書物一般のカバーに係わり、特にカバーの外表部を覆う袋状被覆部(ポケット)を備えたカバーに関する。

【従来の技術】

【0002】
通勤、通学途上の電車の中で吊革に掴まって、片手が塞がっている状態で本を読む場合がある。
【0003】
このような状態で、本を読む者には、本が手から滑り落ちないよう片手で、保持することが必要である。
【特許文献1】なし

【非特許文献1】なし

【考案が解決しようとする課題】
【0004】
片手で本を読む時に、本が手から滑り落ちることがある。混雑する電車の中では落下した本が他人にあたり迷惑をかけることがある。本発明は、これらの問題点に鑑み、なされたものであり、ブックカバーに低コストで本を保持する機能を持たせることを課題とする。

【効果】

【0008】
請求項1の構成により片手で本を読む時、本が手から滑り落ちることはなくなる。
【0009】
又、ポケットを縮閉すると嵩張らないので、カバンなどに収納するのに便利である。
【0010】
請求項2の構成により本の落下を防ぐと共に、着脱自在なテープを用いるので、最も読み易い位置で本を持つことが出来る。
【0011】
請求項3の構成により本の落下を防ぐと共に、ゴムバンドを用いるので、手や指の太さにかかわらず本を保持出来る。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】本発明に係わるブックカバーの第一実施例の概略構成を示す斜視図
【図2】本発明に係わるブックカバーの第二実施例の概略構成を示す斜視図
【図3】本発明に係わるブックカバーの第三実施例の概略構成を示す斜視図

【0013】
図面1に記載の第一実施例では、1がブックカバー本体、2は袋状被覆部(ポケット)であり、袋状被覆部をカバー本体に着脱自在なテープ3を用いて取り付けるか、または両者を一体として設ける。
【0014】
袋状被覆部は手又は指の一部が入る大きさであれば、特に大きさ、形状にはこだわらない。
【0015】
袋状被覆部は使用しない時にたためるようにしておくと収納に便利である。
【0016】
図面2に記載の第二実施例では、4のシートは着脱自在な材料を用いて、ブックカバー本体に取り付けたものであり、5はフィンガーサックであり指が挿入可能な形状で、シート4に着脱可能な材料を用いている。
【0017】
1のブックカバー本体に直接5のフィンガーサックが取り付けられるならシート4は不要である。
【0018】
図面3に記載の第三実施例では、ブックカバー1に手や指などの一部を挟むことの出来るゴムバンド6を取り付けたものである。
【0019】
ゴムバンド6は布や容易に破けない紙などであっても、手や指などの一部を挟むことが出来るようになっていれば良い。
【0020】
1 ブックカバー本体
2 袋状被覆部(ポケット)
3 着脱自在なテープ
4 シート
5 フィンガーサック(着脱自在なテープでブックカバーに付着している状態を指す)
6 ゴムバンド

(57)【要約】

【課題】片手が塞がっている状態で本を読む事ができるように、ブックカバーに指をさしこみ本を保持する機能を持たせたポケット付きブックカバーを提供する。【解決手段】該ブックカバーはブックカバー本体1、袋状被覆部(ポケット)2で構成し、袋状被覆部2をカバー本体に着脱自在なテープ3を用いて取り付けるか、または両者を一体として設ける。または、着脱自在な材料を用いてシートをブックカバー本体1に取り付け、指が挿入可能な形状のフィンガーサックを前記シートに取り付けるように構成しても良い。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):