(54)【考案の名称】防雨型コードリール

(73)【実用新案権者】株式会社畑屋製作所

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
防雨型のコードリールに関する。

【従来の技術】

【0002】
コードリール(コンセントを備え、このコンセントに接続された電気コードを巻き取るための装置)は、屋外で用いる場合は法規上、防雨型(通電部に水がかからない構造になっているタイプ)を使用しなければならない。コードリールにはコードを巻き取る機能(リール機能)のための回転機構があるので、防水構造には数々の工夫が必要となる。例えば次のような物がある。それは、コンセント盤の端子に接続されたコードごとモールド樹脂によってモールドすることで接続部を防水し、このモールドされたコンセント盤を、リール機能を発揮する回転体(以下「リール」と言う)に嵌め込む、というものである(特許文献1・非特許文献1)。
【0003】

(57)【要約】

【課題】部品点数の少ない防雨型コードリールの提供。【解決手段】中筒20は、円筒状になっており、土台10に回転可能に把持されている。そして、回転することによって円筒面にコード100を巻き付けることができる。コンセント盤30は、中筒20の正面側に、表円盤40を介して保持されている。コンセント盤30と中筒20との間は、Oリングによって防水されている。よって、中筒20は、リール機能に加えて防水機能を持つことになるので、部品点数が少なくなる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):