(54)【考案の名称】携帯電話器突き出し操作用具。

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、携帯電話器に指かけ部を付加したものである。

【従来の技術】

【0002】
従来は、経済性、デザイン上コンパクトな形式である為、現代社会のファッション性まで加味さらているとは言い難い。

【効果】

【0005】
本考案は、従来の携帯電話器の操作中の不安定さからも解放されるのである。

(57)【要約】

【課題】指かけ部を付加し、片手でのボタン操作を容易にした携帯電話器の突き出し操作用具を提供する。【解決手段】手の平に握れる形状の物体の一片に蝶番を設置し、その蝶番を携帯電話器の裏面下方部に設置して指かけ部を構成する。使用に当たっては、該指かけ部に小指又は薬指を引っ掛けることにより、携帯電話器を安定的に保持し、キーボタン類をタッチする親指は、より遠くまでのばして操作できる様になる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):