(54)【考案の名称】太陽光充電装置

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽光充電装置に関し、特に、即刻に充電できることと電気エネルギーを節約すること等の優れた高効率に達することに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来に、品物を収納するためのかばん、スーツケース、ぶくろ、ブリーフケース、リュックサック等の収納ユニット5(図1に示されるように)は、普通に容置溝51と、収納ユニット5の端縁処で設けられたハンドル52と、を含み、それによって、収納ユニット5の容置溝51で必要な品物を収納した後、使用者は、ハンドル52でそれを持ち出掛けるため、伴って携帯する効果に達する。
【0003】
上述した従来の収納ユニット5は、品物を収納する目的に達した後、使用者が、それを持ち出掛けるという効果があるけれど、当該収納ユニット5は、品物を収納する機能以外、他の機能がありません。従って、持ち出掛けるという効果を充分に利用しれば、当該収納ユニット5をいっそう高い実用性に発揮することができる。それによって、本考案者は、まじめに研究して、収納ユニット5が携帯で出掛られる特性を利用して、収納ユニット5を太陽光で充電する装置に設計しており、更に当該収納ユニット5を実用性に合わさせる。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
本考案の目的は、使用者が、収納ユニットを持ち出掛ける場合に、太陽光転換ユニットを利用することで、外部の光を電気エネルギーに転換させることができて、更に充電バッテリーを充電させており、即刻に充電できることと電気エネルギーを節約すること等の優れた高効率に達する。

【効果】

【0006】
使用者は、収納ユニットを持ち出掛ける場合に、太陽光転換ユニットを利用することで、外部の光を電気エネルギーに転換させることができて、更に充電バッテリーを充電させており、即刻に充電できることと電気エネルギーを節約すること等の優れた高効率に達する。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】従来技術の立体外観図である。
【図2】本考案に係る立体分解図である。
【図3】本考案に係る立体外観図である。
【図4】本考案に係る断面図である。

【0008】
図2、図3及び図4に示されるように参照して、図2は、本考案に係る立体分解図であって、図3は、本考案に係る立体外観図であって、図4は、本考案に係る断面図である。本考案は、太陽光充電装置であり、収納ユニット1と、少なくとも一つの握柄ユニット2と、少なくとも一つの太陽光転換ユニット3と、少なくとも一つの充電バッテリー4と、を含む。
【0009】
前記収納ユニット1は、少なくとも一つの容置溝11を有して、しかも当該収納ユニット1は、かばん、スーツケース、ぶくろ、ブリーフケース、或いはリュックサックとなることができる。
【0010】
すべての握柄ユニット2は、前記収納ユニット1に近傍した端縁処で、それぞれ設けられており、当該握柄ユニット2は、少なくとも一つの中空部211を有する框体21と、框体21の端縁に延伸していた握柄22と、を含み、当該框体21は、多数の固定部品212及び収納ユニット1を固接する。
【0011】
当該太陽光転換ユニット3は、当該握柄ユニット2を結合しており、当該太陽光転換ユニット3は、少なくとも一つのソーラーパネル(solar panel)31と、ソーラーパネル(solar panel)を電気連接する変換用基板32と、を含み、当該ソーラーパネル(solar panel)31及び変換用基板32は、握柄ユニット2の框体21に設けられており、しかも当該ソーラーパネル(solar panel)31の吸光面311は、中空部211と対応しており、当該握柄ユニット2の一面を露出する。
【0012】
当該充電バッテリー4は、収納ユニット1と握柄ユニット2の框体21の間に設けられており、太陽光転換ユニット3の変換用基板32を電気連接する。従って、上述の結構は、全新の太陽光充電装置を構成する。
【0013】
使用者は、使用する際に、収納ユニット1の容置溝11で必要な品物を収納しており、当該握柄ユニット2の握柄22を持ち出掛けることができる。使用者は、当該収納ユニット1を携帯して出掛けている時、太陽光転換ユニット3のソーラーパネル(solar panel)31が、対応する中空部211の吸光面311は、外部環境の光源を吸収するため、当該吸収された光源が、変換用基板32を通って電気エネルギーに変換させており、充電バッテリー4が、充電することを進める。充電した後、使用者は、充電バッテリー4を取り出して、電子製品に使用させることができる。使用者は、いつでも本考案を携帯して出掛けられるため、外出する時、即刻に充電できる効率を達して、しかも光エネルギーを電気エネルギーに変換することで充電を進める時、いっそう有効に電力を節約することができる。
【0014】
以上をまとめて、本考案に係る太陽光充電装置は、有効に従来の様々な欠点を改善して、、使用者は、収納ユニットを携帯して外出する時、太陽光転換ユニットを利用して、外部の光源を電気エネルギーに変換させて、更に充電バッテリーが充電を進めて、それによって、即刻に充電できることと電気エネルギーを節約すること等の優れた高効率に達する。本考案は、いっそう進歩性、実用性をもたらして、更に、使用者の需要を合わせる。
【0015】
このように、本考案が、特定の例を参照して説明されたが、それらの例は、説明のためだけのものであり、本考案を限定するものではなく、この分野に通常の知識を有する者には、本考案の精神および範囲を逸脱することなく、ここで開示された実施例に変更、追加、または、削除を施してもよいことがわかる。
【0016】
5 収納ユニット
51 容置溝
52 ハンドル
1 収納ユニット
11 容置溝
2 握柄ユニット
21 框体
211 中空部
212 固定部品
22 握柄
3 太陽光転換ユニット
31 ソーラーパネル(solar panel)
311 吸光面
32 変換用基板
4 充電バッテリー

(57)【要約】

【課題】携帯し持ち運びするかばん等の収納ユニットの外部にソーラーパネルを取り付けて、蓄電することができる太陽光充電装置を提供する。【解決手段】太陽光転換ユニット3は、少なくとも一つのソーラーパネル31と、ソーラーパネルを電気連接する変換用基板32とを含む。当該ソーラーパネル31及び変換用基板32は、握柄ユニット2の框体21に設け、当該ソーラーパネル31の吸光面311は、中空部211と対応させ、当該握柄ユニット2の一面を露出させる。充電バッテリー4は、収納ユニット1と握柄ユニット2の框体21の間に設け、太陽光転換ユニット3の変換用基板32により電気接続する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):