(54)【考案の名称】エネルギー収集装置

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】▲ショウ▼▲ゲン▼科技股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、エネルギー収集装置に関し、特に、太陽エネルギーを収集し、他のエネルギーに変換して産業に利用し、省エネを達成するエネルギー収集装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
石油価格が高騰し、代替エネルギーの早急な開発が求められている。太陽エネルギー、風力エネルギーなどの自然エネルギーの利用は、人類の生活を促進するだけでなく、大量の二酸化炭素などの温室効果ガスが排出されないため、必要性が非常に高い。
【0003】
図1を参照する。図1に示すように、従来の太陽エネルギー収集装置は、所定の空間に太陽エネルギー収集装置10が配列され、太陽エネルギーを吸収し、他のエネルギーに変換して使用される。しかし、太陽エネルギー収集装置10は、固定されて動かないため、日照角度によって、エネルギー収集効果が低減する。また、太陽エネルギー収集装置10を配置する空間に制限がある場合、大量に配置することができず、改善の必要があった。
【0004】

【効果】

【0007】
日照角度にあわせて、太陽エネルギー収集機構または反射機構に接続された伝動機構が、太陽エネルギー収集機構または反射機構を駆動することによって、太陽エネルギー収集板は、太陽光が直接照射されるだけでなく、反射板から反射される太陽光も吸収するため、さらに多くのエネルギーを吸収することができる。また、立体で動的なエネルギー収集方式によって、制限された空間内において、最大限に太陽エネルギーを収集し、エネルギー収集効率を高めることができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】従来の太陽エネルギー収集装置を示す斜視図である。
【図2】本考案の第1実施形態によるエネルギー収集装置を示す斜視図である。
【図3】図2に示すエネルギー収集装置の作動状態を示す模式図である。
【図4】本考案の第2実施形態によるエネルギー収集装置を示す斜視図である。
【図5】本考案の第3実施形態によるエネルギー収集装置を示す斜視図である。
【図6】図5に示すエネルギー収集装置の作動状態を示す模式図である。
【図7】本考案の第4実施形態によるエネルギー収集装置を示す斜視図である。

【0009】
本考案の目的、特徴および効果を示す実施形態を図面に沿って詳細に説明する。
【0010】
(第1実施形態)
図2および図3を参照する。図2および図3に示すように、第1実施形態によるエネルギー収集装置は、太陽エネルギー収集機構2、反射機構3および伝動機構4からなる。
【0011】
太陽エネルギー収集機構2は、直立した位置決めフレーム20および位置決めフレーム20の一側面に配置される太陽エネルギー収集板21からなる。太陽エネルギー収集板21を直立した構造にすることによって、空間を十分に利用することができる。即ち、第1実施形態による太陽エネルギー収集機構2は、従来の地上に配列させる方式の太陽エネルギー収集装置より、制限ある空間内において、太陽エネルギーを吸収する面積を増加させ、太陽エネルギーの収集量を最大にすることができる。
【0012】
反射機構3は、直立した支持フレーム30および支持フレーム30一端に組み立てられる反射板31からなる。反射板31は、支持フレーム30によって、太陽エネルギー収集板21の近くに配置される。反射板31は、所定の角度で太陽エネルギー収集板21に対面し、反射板31に照射された太陽光線aを太陽エネルギー収集板21に直接反射させる。図3に示す光線の反射状態から分かるように、太陽エネルギー収集板21は、太陽光が直接照射されるだけでなく、反射板31から反射される太陽光も吸収するため、さらに多くのエネルギーを吸収する。
【0013】
図2を参照する。図2に示すように、伝動機構4は、太陽エネルギー収集機構2の位置決めフレーム20に接続される。伝動機構4は、太陽エネルギー収集機構2を駆動し、駆動された太陽エネルギー収集機構2は、日照角度にあわせて位置が調整され、太陽エネルギー収集板21の太陽エネルギー吸収効率を平均化し、高める。
【0014】
(第2実施形態)
図4を参照する。図4に示すように、第2実施形態による太陽エネルギー収集機構2は、直立した位置決めフレーム20が囲設されて中空のリング形状が形成され、底部に回転板22が接続される。回転板22には、伝動機構4が接続され、伝動機構4によって位置決めフレーム20は駆動される。反射機構3は、位置決めフレーム20からなるリング形状内部に配置される。第1実施形態と同様に、太陽エネルギー収集機構2が駆動され、日照角度にあわせて位置が調整される。
【0015】
第1実施形態および第2実施形態においては、太陽エネルギー収集機構2が駆動され、日照角度にあわせて位置が調整される。しかし、他の実施形態においては、太陽エネルギー収集機構2は、固定されて動かず、反射機構3が駆動され、第1実施形態および第2実施形態と同様の効果を達成する。
【0016】
(第3実施形態)
図5および図6を参照する。図5および図6に示すように、第3実施形態によるエネルギー収集装置は、太陽エネルギー収集機構2’、反射機構3’および伝動機構4’からなる。
【0017】
太陽エネルギー収集機構2’は、直立した位置決めフレーム20’および位置決めフレーム20’の一側面に配置される太陽エネルギー収集板21’からなる。直立した軸台22’と位置決めフレーム20’とが接続され、太陽エネルギー収集機構2’が地面から直立することが好ましい。
【0018】
反射機構3’は、直立した支持フレーム30’および支持フレーム30’一端に組み立てられる反射板31’からなる。反射機構3’は、支持フレーム30’によって、太陽エネルギー収集板21’の近くに配置される。反射板31’は、所定の角度で太陽エネルギー収集板21’に対面し、反射板31’に照射された太陽光線bを太陽エネルギー収集板21’に直接反射させる。また、直立した支持フレーム30’の他端は、回転板32’に接続される。回転板32’は、太陽エネルギー収集機構2’の外周を取り囲むように配置される。
【0019】
伝動機構4’は、反射機構3’の回転板32’に接続され、反射機構3’を太陽エネルギー収集機構2’の外周において駆動し、日照角度にあわせて位置を調整し、太陽エネルギー収集板21’の太陽エネルギー吸収効率を平均化し、高める。
【0020】
(第4実施形態)
図7を参照する。図7に示すように、第4実施形態による太陽エネルギー収集機構2’は、直立した位置決めフレーム20’が囲設されて中空のリング形状が形成され、底部に直立した軸台22’が接続される。太陽エネルギー収集機構2’は、地面上に直立し、動かない。反射機構3’は、位置決めフレーム20’からなるリング形状内部に配置される。反射機構3’の直立した支持フレーム30’は、伝動機構4’に接続され、反射板31’は駆動される。第3実施形態と同様に、反射機構3’が駆動され、日照角度にあわせて位置が調整される。
【0021】
以上の詳細な説明は、本考案の好適な一実施形態を示し、実施範囲は制限されない。当業者による本考案の主旨を逸脱しない範囲の同等効果である修飾または変更は、すべて本考案の実用新案登録請求の範囲に含まれる。
【0022】
2 太陽エネルギー収集機構
2’ 太陽エネルギー収集機構
20 位置決めフレーム
20’ 位置決めフレーム
21 太陽エネルギー収集板
21’ 太陽エネルギー収集板
22 回転板
22’ 軸台
3 反射機構
3’ 反射機構
30 支持フレーム
30’ 支持フレーム
31 反射板
31’ 反射板
32’ 回転板
4 伝動機構
4’ 伝動機構
a 太陽光線
b 太陽光線

(57)【要約】

【課題】太陽エネルギーの収集効率を高めることができる太陽エネルギー収集装置を提供する。【解決手段】本エネルギー収集装置は、太陽エネルギー収集機構2、反射機構3および伝動機構4からなる。太陽エネルギー収集機構2は、直立した位置決めフレーム20および位置決めフレーム20の一側面に配置される太陽エネルギー収集板21からなる。反射機構3は、直立した支持フレーム30および支持フレーム30に組み立てられる反射板31からなる。伝動機構4は、太陽エネルギー収集機構2または反射機構3に接続され、太陽エネルギー収集機構2または反射機構3を駆動する。立体で動的なエネルギー収集方式によって、制限された空間内において、最大限に太陽エネルギーを収集し、エネルギー収集効率を高める。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):