(54)【考案の名称】自家発電装置付携帯電話

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
常に充電状態で使用不能状況を軽減、もしくは電力不足により使用不能時に使用を可能に出来る目的とした発電機と携帯電話を一体化にした物である

【従来の技術】

【0002】
自動巻き腕時計のように常時本体を動かしていると回転振り子により充電状態になる

【効果】

【0005】
普段から充電状態ではあるが緊急時電池切れの際に携帯電話機に再度振動を与えると発電して使用可能となる

(57)【要約】

【課題】緊急時電池切れの際に携帯電話機を使用可能にする自家発電装置付携帯電話を提供する。【解決手段】携帯電話に回転振り子ホにより発電する発電装置ハを内蔵させ、携帯電話を振り、内蔵している振り子ホを廻し発電機ニに回転を与えて電気を起こす、若しくはおもりにより振動力発電機に振動を与えて発電する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):