(54)【考案の名称】立体式太陽エネルギー集光装置

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】▲ショウ▼▲ゲン▼科技股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は太陽エネルギー集光装置の構造に関し、太陽のエネルギーを集め、他のエネルギーに転換し、産業に利用することができる。特に立体的な構造を用いると、ユニット面積で最大量の太陽エネルギーを吸収することができ、効率がアップできる立体式太陽エネルギー集光装置の構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
石油価格が暴騰し、代替エネルギーの開発を早急に実現しなければならない。自然環境の太陽エネルギーや風力エネルギーなどグリーンエネルギーを活用することで、人類の生活をより良いものにするだけでなく、二酸化炭素など、温室効果となる気体を過量に発生させないためには、自然の力を借りる必要性がある。
【0003】
従来の太陽エネルギーを集める方法は、図1に示すように、平たくソーラーパネル(10)を一定のスペースに敷き、太陽光の照射を受けて当該エネルギーを吸収した上で、ほかのエネルギーに転換して利用する。よって、高い発電量を得たい場合は、広大な土地面積にソーラーパネル(10)を敷く必要がある。土地高な都市或いは人口密度の高い国家や地域にとって、それは大変なコスト負担となることは必須であり、太陽エネルギーの開発にも障害が生じるようになる。
【0004】
よって、従来の太陽エネルギーを集める方法では、ユニット面積に設置できるフラットタイプのソーラーパネル(10)の数量は限られている。重ねて設置することができず、大量のエネルギー開発のニーズを満足させることができず、効率も悪いなどを鑑みて、改善する必要があった。
【0005】

【効果】

【0008】
本考案は立体型太陽エネルギー集光体と光路導引ユニットを設置することにより、占用ユニット面積を変えずとも、太陽エネルギーを効率よく、より多くのエネルギーを集めることができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】従来技術のソーラーパネルで太陽エネルギーを集める配置図である。
【図2】本考案の集光装置の配置図であり、光路導引ユニットは太陽エネルギー集光体の内部に設置する。
【図3】本考案の集光装置の配置図であり、光路導引ユニットは骨組み構造によって、太陽エネルギー集光体の頂部に設置する。
【図4】図3の正面参考図であり、太陽光線を導引するルートを示す。
【図5】図3及び図4の別の実施例である。

【0010】
図2に示すのは、太陽エネルギー集光装置を立体的な形で表している。少なくとも太陽エネルギー集光体2、及び光路導引ユニット3を含む。
【0011】
太陽エネルギー集光体2はソーラーパネルを架設して完成する。底板20及び底板サイド縁を囲む直立式サイドパネル21で中空形態を作り、且つ頂上を塞がない太陽エネルギー集光体2の形状を構成する。太陽エネルギー集光体2は太陽光線51の照射を受けて当該エネルギーを吸収してから、外部ユニット6に供給して使用する(同時に図3を参照)
【0012】
光路導引ユニット3を太陽エネルギー集光体2の中空部22にある底板20に固定し、照射してきた太陽光線51を、底板20サイド縁を囲む直立式サイドパネル21に反射して集光する。よって、当該光路導引ユニット3は反射鏡を用いることができる。
【0013】
図3及び図4に示すように、光路導引ユニット3は更に太陽エネルギー集光体2の頂上に設置することができる。骨組み構造4によって、光路導引ユニット3を太陽エネルギー集光体2の中空部22上方に設置し、光路導引ユニット3を通じて、太陽5の照射する光線51を太陽エネルギー集光体2の底板に投射する。及び底板20のサイド縁を囲む直立式サイドパネル21に屈折反射して収集する。ここの光路導引ユニット3は複合式プリズムを用いる。
【0014】
従来技術と比較すると、本考案は立体化設計の太陽エネルギー集光体2により、占用するユニット面積を変えない前提で太陽エネルギーの吸収を増加し、更に光路導引ユニット3により、ソーラーパネルの集光効率を強化する。
【0015】
図5に示すのは本考案の別の実施例である。図3及び図4に示す集光装置を含み、ここでは骨組み構造4に更に光路導引補助ユニット31を設置する。光導引補助ユニット31は骨組み構造4により、前述光路導引ユニット3の真上に設置し、中央に集光レンズ311及び周りを曲面状に延伸する集光鏡312を構成する。集光レンズ311は光路導引ユニット3の真上にあり、集光鏡312を通じて太陽光線51を集光レンズ311に集めてから光路導引ユニット3に導引する。光線の強度を増すことで、太陽エネルギー集光体2の集光効率を高める。
【0016】
以上の実施例による本考案の詳細な説明は本考案の範囲を制限するものではない。本技術に熟知する者が、本考案の範囲内にて行う変更や調整を行っても、本考案の重要な意義は失われず、本考案の範囲に含まれる。

【0017】
2 太陽エネルギー集光体
20 底板
21 直立式サイドパネル
22 中空部
3 光路導引ユニット
31 光路導引補助ユニット
311 集光レンズ
312 集光鏡
4 骨組み構造
5 太陽
51 太陽光線
6 外部ユニット

(57)【要約】

【課題】太陽エネルギーの吸収を増加し、更に光路導引ユニットを通じて、ソーラーパネルの集光効率を強化する改良構造を提供する。【解決手段】太陽エネルギー集光2体及び光路導引ユニット3で構成する太陽エネルギー集光装置である。太陽エネルギー集光体2はソーラーパネルで形成する。底板20及び底板サイド縁を囲む直立式サイドパネル21で中空形態を作り、頂上を塞がない太陽エネルギー集光体の形状を構成する。光路導引ユニット3を太陽エネルギー集光体の底板の中空部分に設置、或いは太陽エネルギー集光体2の頂上に架設するなど、光路導引ユニット3に投射する太陽光線を、太陽パネルで構成する底板20及びサイドパネル21に反射或いは屈折して集光する。このような立体的なエネルギー収集方法で、ユニット面積が最大の太陽エネルギーを吸収することができ、効率がアップする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):